ホーム » レイプ » 【ゲイ体験談】集団レイプで徹底陵辱された高校生の末路・・・・・・・・

【ゲイ体験談】集団レイプで徹底陵辱された高校生の末路・・・・・・・・

【体験談】長野県在住のたくまさんからの投稿。高校時代、帰宅途中に男達から声を掛けられる。もう外は暗く周りには誰もいない。怖くなった投稿者は逃げ出すのだが・・・

集団レイプされた体験談

高校生だった俺が、暗い所を1人で帰っていた時の事。

公園の林の近くを通ると、ガラの悪い男達の集団と目が合ってしまった。

俺はすぐさま目を逸らしたが、その不良達が俺に向かって歩いて来た。

そいつらは「可愛い奴だな」と言い、俺の口を塞ぎ林へ連れ込んだ。

余談だが、俺は身長が低く、161cm程度だった。顔も母親似で、たまに女装をさせられたりしていた。

そんな俺は林の中で男達に押し倒され、突然唇を奪われた。

「…っんぅ!?」

我ながら女のような声が出て、驚愕している過ぎ口内に舌を入れられた。

「ふぁっ…なに、してっ…やめっ…!」

「ハッ、んな事言って、下の方は素直だぜ?」

そいつの言う通り、俺のそこは接吻だけで静かに主張していた。

男はニヤリ、と笑い、ズボンを下ろした。後ろに居る男達は、勃起した自分のものを見せつけていた。

「おら、しゃぶれよ」

後ろにいた男の1人が、俺の口にそれを突っ込んだ。

「んむっ…!?ぅぶっ、んぅー!」

俺が抵抗すれば、男達は興奮したのか一気に俺に近付き、俺を四ん這いにし、尻へ性器を侵入させた。

「っんん!?ふぅっ、んやぁ!」

男のものをくわえたまま、尻に侵入してきた異物からの刺激に喘いでしまう。

その後、男達は俺の手に自分のものを握らせたり、尻に2本も挿入されたり、ローターを乳首に固定されビデオ撮影されたりと、俺は2時間近く男達に弄ばれた。

結果、俺は抵抗するのを諦め、「ご主人様、このいやらしいアナルに、ご主人様の逞しいおちんぽを突っ込んで、おちんぽみるくを注ぎ込んで下さい」とまで言わされた。

今でもそれを思い出すと、下半身に熱か集中してしまう。

俺は、どうすればいいんだろう?

 

カテゴリ:レイプの最新記事

カテゴリ:高校生・大学生の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。