ホーム » ショタ・厨房 » 【ゲイ】罰ゲームで全裸になってチンポにリボン結ばれた話

【ゲイ】罰ゲームで全裸になってチンポにリボン結ばれた話

【体験談】大阪府在住の学生さんからの投稿。以前、友達と先輩の家へ遊びに行った時、会話の流れから脱衣ゲームをすることになった。見る見るうちに全裸にされてしまう投稿者。しかし罰ゲームはそれで終わることはなく・・・

罰ゲームのゲイ体験談

中学校に入学して、部活に入ってすぐのことです。

部活(テニス)のひろき先輩(中3)に誘われて、その人の家に泊まりに行きました。

同じ部活で同じクラスの友達(りょう)と先輩の親友(ゆき)も一緒でした。

先輩の親友は部活(剣道)は違います。

でも小学校も子供会も同じで、知ってる人でした。だから、みんな顔見知りです。

先輩たちは二人とも、K高校(一番頭のいい高校)に合格したくらいで、めっちゃ頭のいい人たちです。

不良っぽくなくて、かっこよくて、女子にも人気ありそうな顔です。

俺(T)の友達(りょう)は、いつもボケまくりののりのいい、おもろいやつです。

ゴールデンウィークで親が旅行でいなかったので、俺らと、先輩の弟(小6)しか、家にいませんでした。

俺らはテレビのある部屋でゲームしてて、弟は部屋にいるみたいでした。

ゲームは一年生チームと3年生チームに分かれて対決しました。

何回やっても一年生チームがけっこう余裕で勝ちました。

先輩たちが「今度は勝つから、何か賭けようや」っていいました。

りょうが「お金もってへん」って言いました。

ゆき先輩「じゃあ、負けたチームの二人が一枚ずつ脱ぐことな」

俺「ええー、まさか最後の脱ぐまでやるん?」

ゆき先輩「あたりまえやん、パンツまでで何がおもろいねん」

りょう「ええで、絶対負けへんし」

俺は、めっちゃいややったけど、負けることはないし、先輩の見たかったし、やらへんって言われへん雰囲気で。

ひろき先輩がにやけて「お前顔色悪いぞ。なにひきつってるねん」って。

俺「じゃあ、やりましょ・・・」

着ている枚数が不公平やったらいややから、ちゃんと数あわせてやりました。

最初のほうは、それまでどおり、俺らが勝ってました。

で、先輩たちが、上半身裸になりました。

でも、だんだんうまくなったのか、手をぬいてたのか、その次は俺らが、負けました。

で、そのあとから、勝てなくなりました。

で、俺らも、上半身裸になりました。

ゆき先輩「おまえら、やっぱり、まだ小学生みたいなからだやな」

その次は俺らが勝って、先輩らがパンツ一枚。

全然恥ずかしがる様子もなくて、さすがって思ってました。

ゆき先輩はボクサーブリーフで、もっこりしてて、それ見て、思わず、俺、たってきました。

やばいって思って
俺「ちょっと、トイレ行ってくる」

で、トイレで、別のこと考えたりして、小さくなれーって祈ってました。

だって、たってるところ見られたら、なんて言われるかわからないから。

で、10分くらい、トイレにいたと思います。

戻ったら、
ひろき先輩「遅いなー、うんこか」

みんなに笑われました。

ゆき先輩のパンツ姿をみると、またたってきそうなので、見ないようにしました。

りょう「よし、これで決めるぞ、T。先輩ら裸にしてまお!」

その次も勝ちそうな感じやったけど、りょうがありえんミスして逆転負け。

りょう「すまん、T」

にやけてあやまるんで、わざとかと思いました。

俺がトイレ言ってる間に何か、みんなで企んだじゃないかって。

で、俺らもパンツ一枚。二人ともトランクス。

パンツから見た感じで、りょうのほうが大きいってことはすぐわかる。

俺はちっちゃいのを気にしてたんで、いやだった。

りょうは全然恥ずかしがってないけど、俺は顔まっか。

ひろき先輩「おまえ、ひょっとして恥ずかしいん?」

俺「は、はずいです」

ひろき先輩「なんでやねん、パンツも脱いでないのに」

ゆき先輩「うわっ、はずがってるのって、めっちゃおもろい。そーいや、子ども会で、風呂行ったときも、めっちゃはずそうやったな」

俺が小4で、先輩たちが小6のとき、秋の連休のときに、子ども会の行事があって、そのあとに、みんなで銭湯に行ったことがある。

みんなふるちんやったけど、俺は恥ずかしくて隠してた。

でも、5年生の人にタオルとられて見られたけど。

俺が、気にしてたら、ひろき先輩が男同士やから気にするなって、その時もやさしく言ってくれた。

ゆき先輩「ようし、絶対勝つぞ。Tのちんこ絶対見たるねん」

わざと、俺を恥ずかしがらせようと言ってくる。

「俺のは?」

りょうが笑って言う。

ゆき先輩「お前のくさいちんぽなんかどうでもええわ」

りょう「ひどすぎる。。。」

楽しい雰囲気のはずなのに、俺ひとりひきつってる。

ひろき先輩は俺がひきつってるのを心配そうに見ている気がした。

最後のゲーム、ずっと大接戦。

俺もプレッシャーに弱いのか、調子悪かった。

最後はまた、りょうがミスって負けた。

りょう「うわー!くそー。ご、ごめん。T。」

俺「・・・」

もう、まったく声がでない。

その反応をみて、ひろき先輩はやっぱり心配そう。

ゆき先輩「やったーーーーー。見れるー。さーさー、脱げ脱げ。」

ひろき先輩「Tは許したろか?りょうのミスやし」

ゆき先輩「あほ、チーム戦やろ。お前、俺がミスした負けたら脱がんのか」

ひろき先輩「そうやけど」

りょう「俺、ぬぎまーす」

りょうは恥ずかしがらず堂々と脱いだ。

毛も生えてて、ちんこも先が太くなりかけてて、成長中ですって感じ。

小5の林間学校の風呂で見た時の子供っぽいちんこからかなり変わってた。

ゆき先輩「おっ、結構生えてるな。いつ生えてん?俺、小5の終わりや」

そう言えば、子供会で風呂に入ったときも、ゆき先輩は、このとき見た

りょうのちん毛くらいは生えてた。

ひろき先輩はその時はまだ生えてなかった。

りょう「去年(小6)の夏」

ひろき先輩「負けた。俺は小6の冬や。中学生になるのに、生えんかったらどうしよって心配してたらはえてきた。」

ますます、脱ぎにくくなった。まだ生えてないのに。

ゆき先輩「そろそろ脱げよ。負けたんやし。」

ゆき先輩は一番うれしそうだ。

俺はトランクスのゴムを引っ張って、自分のを上から覗いた。

勃起の心配はなかったけど、めっちゃめちゃ縮こまってる。

俺が泣きそうな顔をしてたから、りょうが心配して「ごめんな、T。悪い」とあやまってきた。

ひろき先輩「まあ、あんまり気にするなって。ちんこくらいええやん。男同士やし。女に見られるわけじゃないし」

これ以上、ひきのばしたら余計はずいとおもって、俺は思い切って脱いだ。

恥ずかしさで、目を瞑った。

ゆき先輩「うわーーーーー。みーちゃった。なんか、変わってへんなあ」

ひろき先輩「いや、1年なら、これくらいのやつもおるよ。気にするな」

林間学校のときは隠しきったからりょうにも初めて見られた。

りょう「ええやん、ちんこくらい見られても。ごめんなT。でも、もう一回やって、勝って、先輩のも見ようや」

ゆき先輩「お前ら脱ぐもんないやんけ」

りょう「でも、やりたい。勝ち逃げはずるい」

ゆき先輩「ええけど、じゃあ、おまえらはそのままのかっこうでゲームせーよ。ほんで、負けたら、たくや(ひろき先輩の弟)の部屋に行って、ちんこにリボンしてもらうことな」

ひろき先輩「ははは、それはやりすぎちゃうか」

りょう「ええよ、それでもやりたい」

俺は、また、ひきつった。

りょう「T、やるしかないって。やらせて。お願い」

俺は、勃起するのが心配やったけど、縮こまってて、その気配なかったしうんっていうしかない雰囲気で、おもわずうんっていってしまった。

で、また、ゲームが続いた。

俺らはふるちんのままやりました。それがあかんかった。

だって、たったらどうしよーって気になって集中できひんから。

先輩らはなんか強くなって。で、俺のちんこのこととか、「あ、動いた」とか言って、わざと気にさせるんです。

で、負けてしまって、かなり余裕負けでした。

で、俺たちは、2階のたくやの部屋に行かないといけなくなったんです。

ゆき先輩「おまえら、一人ずつ行けよ。一緒にいったらおもろない」

りょう「わかりました。俺から行ってきます」

俺は恥ずかしさでやっぱりひきつってたと思います。

りょうは恥ずかしがらずに勢いよく階段を上っていきました。

で、たくやの部屋のドアをあけて入りました。すぐにドアを閉めたんですが、甲高い悲鳴のような声が聞こえてきました。すぐに笑い声になりましたが様子が変なんです。

甲高い声がひとりだけじゃないんです。

俺「たくや以外にだれかおるん?」

ひろき先輩「うん、あいつも友達とまりに来てる」

俺は血の気が引くっていうか、自分の顔が青くなるのがわかるような感じでした。

1分ぐらいだったか、りょうがちんこに、もって行かされたリボンをつけて戻ってきました。

りょう「罰ゲーム完了!」

俺は、こいつ、ある意味すごいって思いました。

ゆき先輩「T。恥ずかしいか?あー、おもろ」

俺のちんこはめっちゃ縮まってて、3センチないくらいになってました。

リボンの幅が2センチくらい。

結んだら先っちょがちょっと見えてるって感じ。

俺はゆっくりゆっくり階段をのぼってった。

ドアの前で、30秒ぐらいとまってた。

中からやっぱり甲高い話し声が聞こえる。

「りょうくん、すごかったなあ」

「ぼーぼーやったなー」

「中学生ならふつうちゃうかな」

んもう、めっちゃ入りづらいし。

ゆき先輩「はよせーよ」

階段の下から俺をせかす。

俺は思い切ってドアをあけた。

中にはやっぱり二人いた。

ひとりは先輩の弟のたくや。そして、もう一人も俺の知ってる、というか、俺の家の隣に住んでる翔也だった。

最悪だ。

俺は小学校のとき、友達とかとふざけて、翔也のパンツを脱がしたことがある。

俺がやろうって言ったんじゃない。その時のノリで翔也のパンツを脱がして、それを持ってみんなでパスして運動場を走りまくった。

その時、俺が小6、翔也は小5。

翔也はパンツを取り返そうと必死になった。

走り回ってる間に勃起して、みんなに変態って言って笑われた。

俺も一緒にやってたと思う。

そのとき翔也は泣いた。

そのいじめが親にばれて、俺は親父に殴られた。

で、翔也の家で土下座して謝った。

そして、その翔也の前で俺はすっぽんぽんになってる。

翔也「Tくんやん」

たくや「ははははは」

俺「あ、あのー、リボン結んで、ば、罰ゲームで。。。」

たくや「ははは、どこに?」

知ってるくせにわざと聞いてくる。

俺「知ってるんやろ、はよ、頼むわ」

翔也「うん、知ってる。リボン結んでもらうまで戻られへんねやろ?」

たくや「ははははは」

俺「じゃあええよ、自分で結んで戻る」

たくや「あー、大声でちくったろ」

俺「あ、あかん、やめろって」

たくや「はははは、おもろー、たまらんなー」

俺はずっと、ちんこを手で隠してたんやけど、

翔也「リボン結んでほしかったらぼくらの言うこと聞け」

俺「わ、わかった」

翔也「まず、万歳しろ。で、リボン貸せ」

俺は命令どおりにした。悔しくて、涙出てきた。

たくや「あれー、T君泣いてるん?」

翔也「あのときのこと、忘れてないよな、Tくん、ちっちゃいなあ。」

たくや「なあ、さわってもええ?」

翔也「やれやれ」

たくやが俺の玉をさわってきた。

翔也「俺はみんなに見られてた」

だんだんたってきた。やばい。

翔也「Tくんもたつやん。ぼくのこと、変態っていうたくせに」

俺「も、もうやめて」

翔也は机の上に置いてたケータイを持って、俺の写真を撮った。

俺「あ、あかん」

翔也「ははは、とったった」

たくや「動くなって、T君。今から結んだるから」

俺「ううう」

・・・・・・・・

このあとのことは記憶にないんです。

気がついたらリボンを付けたちんこを晒したまま部屋に立っていて、ゆき先輩たちが爆笑していた。

最悪の日だった。

 

カテゴリ:ショタ・厨房の最新記事

カテゴリ:野外・露出の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。