ホーム » SM調教 » 【ゲイ】拘束電マ責めでパンツを汚しちゃった話

【ゲイ】拘束電マ責めでパンツを汚しちゃった話

【体験談】東京都在住のりょうさんからの投稿。最近付き合いだしたセフレがどんどん変態になっているという投稿者。動画で研究しているらしく、ある日突然に電マを握り締めながら言葉責めをしてくるのだ・・・

ゲイの電マ体験談

デカチンのセフレと付き合い始めて2か月が過ぎました。

週1でHして、最近物足りなさがお互いで始め、AはDVDで研究してるのか、2週間前Hした時が変態で・・・。

お互い即全裸になってお風呂でお互いの体をくっつけ腰を振りながらチンコ同士で擦り合いのしながらのキス。

そのままお風呂を出て、体を拭いて、1枚のパンツを鼻に押し当てられられました。

匂いを嗅ぐと独特の雄の匂いがキツく、渡されて見るとスーパーショート的な小さいケツ割れで白なんだけど黄ばんで・・・

A「俺の精液で汚したパンツ穿いて」と耳元で言われ「それ穿いて」と言われ穿きました。

ベットでお互いキスしてると「今日はもうちょっといろんなものあるから」と言われまずは目隠しをされ、その次に手を後ろに廻され、手枷をつけられ、次に乳首にローターをガムテープで取付けて。

A「この前見たDVDがよかったので、まねさせて」

そこから変態なことがスタートしました。

俺をベットに寝かせたら、口にAのチンコを咥えられて、ローターのスイッチを入れてきました。

A「ちゃんとしゃぶってね」

そのままの状態で電マで俺のチンコをイジメ始め、アナルには指を入れて犯されました。

何分か過ぎたときに俺はイキそうになり始め「イっちゃう」と言うと
A「もういっちゃうの。いいよいっちゃてチン先はパンツに入れるよ」

俺「おもちゃでイクのいやだよ。チンコで掘ってほしい」とお願いをすると

A「チンコで掘ってほしいのか・・・」と言って無言になり、電マを強制的に押し当て、俺はパンツの中でいかされました。

俺がいったのを見て
A「ごめんね。でもこれで俺とりょう君の精液がパンツで1つになったよ。次は希望通り掘ってあげるよ。もちろん生で」

パンツをはいたまま膝立バックで掘りが始まり、耳元ではエロい言葉を掛けられました。

A「鏡の前で掘ってるよ。でも見えないから・・・チンコ立ってるよ。いったばかりなのに・・・アンアン鳴いて、気持ちいいの?変態だね・・・」

そのスタイルのままどのぐらい掘っていたかわからないけど、Aがイクと声を出して、中出しされました。

その後は目隠しを外され、手錠もとって、あらゆるスタイルで1発中に仕込まれ俺はその最中にパンツの中でトコロテン1発して、最後Aがイクときに
A「りょう君も一緒にいこう」と言われ電マを押し当てられて強制的に1発パンツの中に出され、Aも中に出して、Hは終了かなって思いました。

パンツを脱がされて、汚れてる見せられて、Aが穿きました。

A「あ・・・りょう君のチンポから出た精液で汚れたパンツ・・・生暖かい・・・よく見てごらん」

俺が寝ている顔に近づけて、竿の飛び出した玉しか入ってないようなパンツを見せられ、玉の部分を口に当てられ
A「玉のところなめて」

俺は嫌がりましたが、頭を押さえられ、なめさせられました。

A「そうそう。気持ちいいよ。俺とりょう君の味するでしょ。」

その最中にAは自分のチンコの先に電マを当て、刺激をはじめ
A「あ~これすごいいいね。りょう君がイクのわかる気がする・・・俺もイキそう。イク」

いったときに俺の顔に精液を掛けそこで終了しました。

そのパンツはと言うとAがドライヤーで乾かし、先週Aの精液で汚れて生暖かいパンツを俺が穿いてまた俺がパンツの中に精液でおもらししました。

(先週はノーマルっぽいHのため話は省略します)

 

カテゴリ:SM調教の最新記事

コメント1件

  1. ゆう より:

    最高のパートナーじゃないですか。
    あなたを満足させたくて勉強したんでしょうね。ボクもこんな風に電マでめちゃくちゃにされてみたい。。

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。