ホーム » ショタ・厨房 » 【ゲイ】友達の家でごっくんフェラしちゃった少年(10)の話

【ゲイ】友達の家でごっくんフェラしちゃった少年(10)の話

【体験談】富山県在住の学生さんからの投稿。昔、友達の家で遊んでいるときに友達が勃起していることい気づいた投稿者。どうして自分と2人きりなのに勃起するのか判るはずもなかった投稿者がふざけて質問してみると・・・

少年のごっくん体験談

クラスメートの竜二君の家でゲームをして遊んでいる時、ゲーム中なのに股関ばかり触っていた竜二君に「竜ちゃんソコばっか触ってるけどどうかしたん?」

「エッ…ああコレ?癖やねん」

「変な癖やな」

「勃ってくると自然に触ってしまうみたいや」

「なんでゲーム中に立つんや?」

「解らへんけど、見て、ほら!」

ズボンの膨らみを指差して言いました

「オオッ凄いな、ギンギンか?」

僕が言うとズボンとパンツを一緒に下ろしてチンポを出しました

反り返って血管が浮き出て脈打っていました

僕のよりデカイチンポが羨ましく「竜ちゃんのチンポデカイな、僕のなんかこんなんやで」と僕もチンポを見せました

「浩ちゃんも勃起させてみや」

「すぐには立たんで」

「どら、こうすると」

竜ちゃんは僕の萎んだチンポを掴んで口に入れました

突然の尺八にびっくりした僕でしたが正直なチンポは即勃起しました

まさか男子に舐められるなんて、しかも直ぐ勃起するなんて、と思っていると「浩ちゃんのチンポも立派やん、もっと舐めたいな」

「僕にはそんな趣味は」と言った途端僕のチンポを喰わえ金タマを擦り始めました

内心チンポってどんな味がするのか知りたくなり僕も竜ちゃんのチンポを喰わえてみました

生ゴムそれも硬い生ゴムみたいな感じでした

チンポの先から液が出て来ていつもしているセンズリを竜ちゃんのチンポで擦ると「浩ちゃんオレ出そう」

「紙は?早くティシュ」

勢いよく飛び出した精液 紙が間に合わず手のひらやジュウタンに飛び散りました

次に僕も射精が始まり「竜ちゃん僕も」

逝く寸前竜ちゃんはチンポを口に入れました

「出るッ」

竜ちゃんの口の中に放出しました

竜ちゃんは精液をゴクリと呑み込んでチンポに残された精液を吸ってくれました

初めての経験でしたが病みつきになりそう

 

カテゴリ:ショタ・厨房の最新記事

カテゴリ:フェラチオの最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。