ホーム » 痴漢・覗き » 【ゲイ体験談】好奇心からヘンタイ倶楽部に入会してみた結果・・・・・・・・

【ゲイ体験談】好奇心からヘンタイ倶楽部に入会してみた結果・・・・・・・・

【体験談】広島県在住の既婚リーマンさんからの投稿。バイセクシャルだという投稿者が変態の集まる倶楽部に入会。そして初めてのオフ会に参加してみたのだが・・・

30代の既婚者(妻と子供2人)です。

私は大学時代に見知らぬ男性に身体を許した事があります。

友達の知人の紹介で「夜這いクラブ」に参加したことがあります。

夜這いクラブの内容が夜這いするコースと夜這いされるコースを選択でき私は夜這いされるコースを選びました。

ルールは単純で夜這いされる方はアイマスクをして寝たフリをするだけ。

夜這いする方はキス禁止、アナル挿入禁止・・それ以外は好きにして良いとのこと。

夜8時にホテルの一室に行き、そこには50代くらいの管理人が待っていた。

彼のの支持により隣の部屋の鍵を渡されシャワーに入りその後アイマスクをして寝ているようにと言われました。

私は言われたとおりシャワーに入り浴衣を来て電気を消しアイマスク装着して待ちました。

これから見知らぬ人が来て私をもて遊ばすと思っただけで興奮しました。

ベッドに入ってから30分くらいしてからでしょうか鍵を開ける音がしました。

ドアの開いた音を聞いた私は凄く興奮した事を、今でも思い出します。

そ~っと私の寝ている足元に気配が感じ、ゆっくり布団を足元からめくられました。

私は寝たフリをしなくてはいけないので、静かに事の成り行きにまかせ、大人しくしようとしました。

布団は腰のあたりまで捲られ、私の下半身を弄り始めました。

ソフトタッチに撫でてくる相手が浴衣ごしに私のペニスにあたり既に勃起していることを気付かれてしまいました。

それからは相手の人が少し大胆になってきて照明を点灯させる音が聞こえ、服を脱ぎだしている音がアイマスクをしている私でも感じました。

再び相手は私の足元に来て下半身を弄り始め、ゆっくりと私のパンツをずり下ろしてきました。

とうとう他人(男)に勃起したペニスを露出してしまった私は恥かしさと興奮が入り交ざり燃え上がりました。

手で擦られたりフェラしてくれて、とても気持ち良かったです。

乳首を揉みながらのフェラをしているときは布団は捲れ、私も相手も全裸状態でした。

相手はどんな人相なのか何歳なのかが、まったく分からない状態での秘め事は現実からかけはなれていて刺激的でした。

相手は私の乳首を執拗に嘗め回しペニスを擦ってくれて相手のチンポが私の太股にあたって私より大きいチンポだと感じました。

相手は自分のペニスを私の勃起しているペニスにくっつけて2本重ねて擦ってきました・・・正直気持ち良かった。

そして私を抱きしめての手コキをされてイキそうになり私はとうとう射精してしまいました。

私の精子を拭き取ってくれた彼は、今度は自分も抜いて欲しいのかイカされた私の顔にチンポを寄せてきてフェラを強要してきました。

私はイカせてもらった感謝もあり彼の希望とおりチンポを咥えてあげました。

最後は自分で擦り、私の顔めがけて顔射させられてしまいました。

彼はティッシュで拭取ってくれて浴衣を着せ布団を被せて部屋を後にしました。

私はこのクラブに興奮を覚え、また予約をして帰宅しました。

 

カテゴリ:痴漢・覗きの最新記事

カテゴリ:高校生・大学生の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。