ホーム » イケメン » 【ゲイ】札幌ススキノでイケメン美容師(25)をナンパした話

【ゲイ】札幌ススキノでイケメン美容師(25)をナンパした話

【体験談】東京都在住のリーマンさんからの投稿。人生において一度だけ男性との経験もあるがノンケと言い張る投稿者。しかし先月に出張で北海道まで行った際、飲み屋で1人のイケメン男性と隣になってしまう。お酒に酔った投稿者は・・・

北海道のゲイ体験談

30代独身サラリーマンです。

基本、女性が好きな私ですが、過去(学生時代)に男性との関係も1度あります。

今は、結婚を前提にした彼女もいます。

私の男性経験は、学生の時、知人のおじさんに言い寄られておじさんの家で身体をもてあそばれました。

そのときは、何がなんなのか、相手の言いなりになってなすがまま関係をもってしまいました。

もう、男性とは十年ほど関係をもっていませんでしたが、たまにオナニーするとき、男性との行為をネタにしたりします。

そんな私ですが、先日とうとう2度目の男性経験をしてしまいました。

出張で札幌に行ったとき、仕事を終え、明日東京に戻るだけでしたので居酒屋で夕食を済ませてから、1人でススキノのバーへ飲みにいきました。

そのバーは敷居も高くなく、隣のお客さんとも気軽に話せる雰囲気です。

私は、そこの常連のs君という25歳の美容師の男の子と仲良くなりました。

身長も高く、もこみち似のイケメン。

彼の仕草や、話し方をみていると、ゲイだと思いました。

時間も0時を回った頃、酔った勢いでs君に「宿泊先のホテルで飲みなおさない」?と誘ってみた所、彼は二つ返事で、ついてきました。

私は、ことの成り行き次第では、彼となら良いかなと思い、ホテルに帰り、購入したお酒を室内で飲みなおしました。

私はリラックスして、Tシャツにボクサーパンツ状態になりベッドの上でビールを飲み、彼も椅子に座り私の身体を覗き込む(視線がわかる)感じでビールを飲んでいます。

話もエッチな話になり、私は過去のおじさんとの経験をカミングアウトしたところ、彼もゲイだと白状しました。

そこからは、自然と彼と交わる事となり、私は産まれてはじめて他人の精子を飲みました。

思い出に残る出張となりました。

 

カテゴリ:イケメンの最新記事

カテゴリ:リーマン・社会人の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。