ホーム » 乱交 » 【ゲイ体験談】隣に住んでる老人が相当な淫乱野郎なんだが・・・・・・・

【ゲイ体験談】隣に住んでる老人が相当な淫乱野郎なんだが・・・・・・・

【体験談】都内在住のリーマンさんからの投稿。単身赴任のため1人でアパートで暮らす投稿者だったが、あるキッカケから隣に住む老人がゲイであることを知ってしまう。最初はからかうつもりで股間を触らせていたのだが・・・

老人とのゲイ体験談

私は39歳で、妻と小学2年生の息子がいるサラリーマン。

半年前に大阪から東京に転勤し、今は単身赴任をしている。

金曜の夜、残業していて終電がなくなり、始発でひとり暮らしのマンションに帰る途中ションベンがしたくなり、近所の公園のトイレに駆け込みました。

ションベンをしていると、私の部屋の隣に住んでいる70歳くらいのひとり暮らしのおじいさんが入ってきました。朝早く毎日散歩をしているみたいだ。

私は軽く挨拶をするとおじいさんが、「今からお仕事ですか?」というので、昨夜残業して、始発で帰ってきたと言うと、大変だと労をねぎらわれた。

ションベンを出し切ってチンポを振って雫を切っていると、視線を感じた。

チラッとおじいさんを見ると、明らかに俺のチンポを見ていたので、チンポを出したままベルトを外して、Yシャツの裾をきれいに入れなおす振りをしながら勃起してないが、ズル剥けチンポを見せてやった。

手を洗って挨拶を適当にして、マンションに帰った。

シャワーを軽く浴びて、そのまま全裸で水を飲んでいると、おじいさんが帰ってきたようだ。

バスタオルを下半身に巻いて、玄関のドアを開けて俺は、「散歩から今お帰りですか?」と声を掛けると、私の姿に驚いていたが、おじいさんは「そうなんです」と笑顔で答えてくれた。

私はすかさず、「偶然公園で出会ったのをキッカケに、御近所づきあいがてら今からお邪魔していいですか?」と言うと、おじいさんはキョトンとしていたので、私はバスタオルの上から股間を軽く何気に揉むと、「お待ちしています。」とおじいさんが言いました。

私は10分後に行くことを言って、一旦お互い別れました。

私はTシャツと短パンに着替えて、朝6:00頃、隣のインターフォンを押しました。

おじいさんは笑顔で迎えてくれ、ソファにすわるように促されました。おじいさんは私の正面にテーブルを挟んで直に座りました。

1時間位私の家族の話や、おじいさんの日頃の話などを聞いたりしましたが、その間、おじいさんは何度もチラチラ、私の短パンごしのモッコリした股間を見ていました。

私は気付いていたので、大股を開いてソファにすわり、しっかり見せてあげました。

会話が途切れた時、私は思い切って「さっき公園のトイレで、俺のチンポ見てたでしょ?」とニヤニヤしながら聞いてみました。

おじいさんは慌てた感じで「見えてしまって・・・。」とバツが悪そうに言うので私は、「あれは見えたとは言わないですよ。しっかり見てましたよ。」とからかうように言うと、「申し訳ない。」とおじいさんがボソッと言いました。

私は「別に謝らなくていいですよ。俺のチンポはどうでした?。」と聞くと、「とても立派で、朝から幸せな気分でした。」とおじいさんが言いました。

私はおじいさんの座っている傍に行って、おじいさんの目の前に股間が来るように立ちました。そしておじいさんの腕を掴んで、私の股間に掌を持っていって触らせました。

おじいさんも最初は遠慮気味になぜていましたが、だんだん大胆になり、私も股間を突き出すように腰に手を当てて、少しのけぞるような感じで触りやすいようにしてあげました。

するとおじいさんは私の尻を抱え込んで、股間に顔を埋めてきました。

私はびっくりしましたが、おじいさんの頭を掴んで更に強く股間を顔に押し付け、腰をグラインドして、チンポの感触を顔中に堪能させてやりました。

一旦おじいさんの顔を放した時、私はビックリするほど勃起していて、短パンがテントを張っていました。実は私は敢えて下着をつけていませんでした。

そして恍惚としているおじいさんの目の前で短パンの前をへそから下へ向かってパッと捲りました。

一瞬究極に勃起した、私のスーパーグレード生チンポがあらわになりました。

私は「ハイおしまい!」と言ってすかさずチンポに短パンをかぶせました。

するとおじいさんが残念そうに、「これはあまりにも・・・。もう少し拝見したい。」と本性を表す一言。ちょっとじらしたかっただけの私は、一気に短パンを下ろしました。

おじいさんの目の前で私のエレクトした勃起ちんぽがあらわになりました。

更に、私は目の前でいやらしく腰を動かしながら、チンポをしごいて見せました。

「アア!我慢汁が出てきた。カリがグチュグチュだ。このヤラシイ音聴こえる?ああ、気持ちいい。」と言い、そのままチンポをおじいさんの口元に近づけました。

すると我慢汁でグチュグチュになったカリの部分をペロッと舐めて、「このしょっぱい味わい。格別じゃ!若い男のエキスは最高にウマイ!。」と叫んだかと思うと、一気に私のチンポを根元まで咥え込みました。

唇をすぼめてカポカポ出し入れしたり、吸盤の様に吸いツキを強くしたり、ちんぽに舌を激しく絡ませ、カリの周りを執拗に舌を旋回させたり、とにかく私のチンポを感じさせるバリエーションが豊富で、感じている喘ぎ声を幾度と無く出してしまいました。

しばらく続いた後、とうとう私はイキそうになり、「ああ、やべ、イキソウだ、アァア、ンン、どこに出す?口マンコに出していい?」

おじいさんに聞くと、カポカポ激しく頭を動かしながら、おじいさんが頷いたので、私は「よおしわかった。出すよ、口の中に出すぞぉ。アア、アアア、イクっ!アアアア!アアアアアア!ア、ア、」

私は熱く煮えたぎった濃いミルクを思いっきりおじいさんの口の中にぶちまけた。

かなりの量を出し切ると、チンポを口マンコから引き抜きました。

おじいさんは嬉しそうに口の中で、私のミルクを転がしながら味わって、ゴックンと飲み干してしまいました。そして再びベタベタの私の萎えチンポをしゃぶり出し、お掃除フェラをしてくれました。

しかし、イッたばかりの私のチンポはあまりに敏感になっており、腰をよじって抵抗しましたが、おじいさんは私のちんぽに喰らい付いて放しません。

ヤットのおもいでおじいさんの口からチンポを引き離し、全裸の私はおじいさんを抱きしめてあげました。

抱きしめながら耳元で、「気持ちよかったよ。ありがとう。」と言いました。

おじいさんも「こちらこそ、ありがとうございました。ワシのような老いぼれジジイを喜ばせてくださって。ほんとに幸せのひと時でした。」と喜んでくれました。

私はまたソファにすわると、仕事の疲れもあって、そのまま眠ってしまいました。

少ししてなんとなく変な感じがして、目を覚ますと、おじいさんが私のチンポをさわったり、チンポにキスしたり、しゃぶりついたり、好き放題弄くりまくっていました。

私は暫く気付かぬ振りをして、触らせてあげました。

そして朝9:00過ぎ、「そろそろ帰ります。」と言ってTシャツを着て、おじいさんの目の前で短パンを履きました。

おじいさんに弄くられていたので股間がテントを張っていました。

それを見ながらおじいさんが、「もう少しゆっくりしていってほしい。」と名残惜しそうに言うので、「また来ますから。」と言いました。

とりあえずその時はそれで終り、自分の部屋に戻りました。戻った後、ひとりで、何故じいさんにあんなことをしたんだろう?と考えてしまいましたが、喜んでくれたしと思って、考えるのをやめました。

数日後、夜8:00前に仕事から帰ってきて、玄関の鍵を開けようとしているところへ、となりのおじいさんが顔を出し、私に「おかえりなさい。ちょっとこっちへ来てもらえますか」と言うので、何だろうと思って隣の部屋に入ると、スラックスの股間のモッコリをおじいさんにキュッと掴まれて、モミモミされました。

そしておじいさんそのまましゃがみこんで、私の尻を抱え込んで股間に顔を埋めてきました。

このドスケベじじいの行動にちょっと驚いた私はおじいさんに「ちょっとちょっと、ああ、クソ暑い中1日中汗かいて、臭いでしょ?。」と言いましたが、全く離れてくれないので、時間にして1分位、そのままさせてあげました。

そして、「今日は疲れてるから勘弁してください。今度ゆっくり私を気持ちよくしてください。」と言うと、残念そうにおじいさんは股間から離れてくれました。

おじいさんは、「すみませんでした。ここ何日かずっと考えてしまって、気持ちが抑えられなくて呼び止めてしまいました。」

おじいさんのエロの火を付けてしまった自分にも責任があるしと思って、肩をうなだれてしゃがんでいるおじいさんの前で、スラックスを脱ぎ、更に安物のBVDの黒のブリーフをさっと脱ぎました。

するとおじいさんは半勃ちの私のチンポに手を伸ばし、チンポを弄くり始めましたが、また私はそれを制止して、「ちょっと匂うけどこのパンツ差し上げますよ。だから今日はもう帰ります。」と言ってパンツをあげると、おもいっきり匂いを嗅ぎながら、お礼を言われました。

おじいさんをギュッと抱きしめて「じゃあ。」と言うと、おじいさんは私のチンポに握手しながら笑顔で何度も頷きました。

私は生チンのままズボンを履いて、ようやく自分の部屋に帰宅しました

私が東京に転勤してきたことで、大学時代テニス部の1歳下の後輩と連絡を取り合うようになっていました。

名前は雄介で、結婚し2児のパパである。

会社は違うが、土日休みは共通しており頻繁に会っています。

というのも、雄介とは、大学時代エロビデオを見ながら一緒にオナニーしているうちに、お互いシゴキ合い、エスカレートして相互フェラするまでになった仲で、なんとなく特別な間柄になっていました。
先日の土曜日、競馬でも一緒に行こうぜってことで駅前でおち合ったはいいけど、あまりに暑くて、結局私のマンションで昼間っから飲むことにしました。

近くのスーパーで酒やらつまみを買い込んで、私のマンションへ帰る途中、マンションのすぐ傍の通り道で、米5kgを抱えて歩いている隣のおじいさんに追いつきました。

私はおじいさんを手伝おうと声を掛けると、おじいさんは嬉しそうに、私に米をあずけてきました。

雄介を紹介して、3人でマンションまで帰りました。おじいさんの部屋まで米を運び、私と雄介は私のマンションに戻りました。

たわいもない話をしながらビールを飲んでいると雄介が、「先輩、さっきのじいさんなんなんですか?」と聞いてきた。

「隣のじいさんだよ。」と答えると雄介が、「さっきエレベーターの中で、あのじいさん先輩の股間まさぐってましたよ。」

私はギクッとしましたが、雄介だしと思い、これまでのイキサツを話しました。

雄介は「気持ち悪くなかったですか?相手はじいさんですよ?」と言うので、私は「チンポ見せて触らしてやるくらいいいカナって思って、軽い気持ちでいたら、フェラしてきてイカサレちまってさぁ。」と言うと、雄介は「そんなによかったんすか?」と興味ありげに聞くので、「女よりやっぱうまいよ。ツボをしってるっつうかさぁ・・・。」

少しの沈黙があり、私が切り出しました。

「今から隣行ってやってもらおうぜ。きっとじいさんも喜ぶぞ。」と言いましたが、ちょっと雄介は渋っていましたが、好奇心が勝ってしまったのでしょう、結局爺さんの部屋に行くことにしました。

インターホンを押すと、おじいさんは笑顔で出てきてどうしたのか聞いてきました。

私は、「さっき外で偶然会ったし、また楽しもうよ。雄介も好きにしていいから。」と言うと、おじいさんは目を輝かせ、部屋に通してくれた。

私と雄介はソファにすわり、おじいさんは麦茶とか菓子を用意しに台所に行った。

今日は私と雄介はジーンズにTシャツという格好だったので、雄介とちょっと話し合って、ジーンズとパンツを脱いでソファに大股開きで腰掛けておじいさんを待ちました。

でも私は雄介のズル剥け太チンを見ていたら触りたくなり、雄介のチンポを弄りはじめてしまいました。

雄介も私のズル剥けチンポに手を伸ばし始め、私は我慢できなくなり、Tシャツも脱ぎ、雄介と抱き合いながらディープキスをしました。

気が付くとおじいさんが私たちの行為を放心状態で見ていたので、全裸の私は雄介から放れて、おじいさんの傍に行き、雄介との行為でビンビンになったデカマラをおじいさんの顔に近づけました。

おじいさんは嬉しそうに、一気にチンポを咥えて、ジュルジュル音を立てながら、唇をすぼめて吸引力を強めて激しくしゃぶりついてきました。

あまりの気持ちよさに私は思わず声が出てしまい、のけ反ったり、腰を悩ましく動かしたり、感じまくってしまいました。

それを見ていた雄介もTシャツを脱ぎ捨て、ビンビンにチンポをイキらせて、私たちに近づいてきました。

しゃがんだおじいさんを私と雄介が挟む状態でダブルフェラの開始です。

私はおじいさんに「ホラ、雄介のデッカイチンポが反対にありますよ。」と言うと、おじいさんはすぐさま雄介のデカマラに喰らい付きました。

おじいさんにチンポをしゃぶられている雄介は、「アア、たまんねえ。吸い付きが、アア、スゲエ、アアアア、あああああああああ。」と激しく喘ぎながら、腰つきが妖しくうごめいています。

私はおじいさんにチンポをしごかれ続けています。

雄介のイヤラシイ姿を見ながら更に興奮した私はおじいさんに、「次またコッチ。」と言っておじいさんの頭を掴んで私のチンポに誘導しました。

おじいさんはまた私のちんぽにパクつき、私を攻め勃てます。私も雄介に負けじと激しく喘ぎまくりました。

何度かそれを続けていると、雄介が「今度はこのデッカイチンポ2本咥えて。大きく口開けて、舌出して。先輩もほら、チンポ一緒に突っ込みましょう。いい?」と言いました。

私と雄介はおじいさんの口に同時にチンポを突っ込みましたが、予想通り入りきらず、おじいさんは出した舌の上で、2本のチンポを転がしながら舐めました。

雄介のチンポと私のチンポがヨダレでデロデロに絡み合いながら、くっついてる状態に超興奮して、不覚にもイキソウになってしまいました。

私は「アア、やべえ、イキソウ、ああああ、どこに出す?んん?あああああ、口で飲んでくれる?」と言うと、おじいさんが首を振って頷くので、雄介はすかさず放れ、私はおじいさんの口の中にチンポを挿入。

激しく口マンコにピストンしました。

ついに「アアアア、イキソウ!あああああ、イクッ!アアア!アッ!アッ!アアアアア。」

かなりの濃ゆい精液を口マンコにぶっ放してしまいました。

おじいさんは喉を鳴らしながらゴクンと私のミルクを飲み込み満足そうな恍惚とした表情で呆然としていましたが、雄介が「おじいさん、まだコッチは終わってないですよ。」と言いながら、イキリ勃つチンポを激しくしごきながら、おじいさんに迫っていきました。

すかざず雄介のチンポに喰らいつきました。

雄介はまた激しく悶えて喘いで、それを見ている私も今出したと言うのに、チンポが少しずつ頭をもたげ始め、勃起してしまいました。

私は自分の収まりがつかないチンポをゆっくりしごきながら、雄介を見ていると、突然雄介が「アアアアア!イキソウだよ。おじいさん、俺のも飲んで。アアアア、イクヨ!イクヨ!アアアアアアアアアアアア!。」と激しく叫びながら、おじいさんの口の中に放出しました。

精力が減退した雄介と私は、そのまま全裸で仰向けになりました。

おじいさんはタオルやらウェットティッシュなどで、2人のチンポを綺麗に拭いてくれましたが、私たちのチンポを素手でシゴクでもなく、なんとなく触って萎えチンポの感触を楽しんでいました。

私と雄介は呆れ顔で、しばらくそのまま触らせてあげました。

私は起き上がり、雄介に見せ付けるように、おじいさんの目の前に股間を持っていき、おじいさんの顔をチンポに埋めさせました。

私はイヤラシク腰をグラインドさせて、顔中チンポの感触を擦り付けてあげました。

それを見た雄介もイヤラシさ全開で私と交代して、おじいさんの顔を股間に埋めさせ、腰をいやらしくグラインドしました。

雄介のイヤラシイ腰つきを見ていると、私も雄介にやってほしくなり、雄介に懇願しました。

すると雄介は「いつからここまで変態になったんですか?」と言いながら私の頭を抱え込み、一気に股間を押し付けてきました。

チンポの感触を味わいながら、雄介の陰毛から雄介の匂いを嗅ぐと、男として雄介を感じてしまいました。

 

カテゴリ:乱交の最新記事

カテゴリ:熟年・親父の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。