ホーム » ショタ・厨房 » 【ゲイ】ハメ撮りされて泣き叫ぶ男子中学生(12)の話

【ゲイ】ハメ撮りされて泣き叫ぶ男子中学生(12)の話

危険なショタコンおじさん

香川県在住の学生さんさんからの投稿。小6の頃、不注意にも知らないおじさんに誘われて家に入ってしまった投稿者。「写真を撮らせてくれ」とのお願いに意味も判らず了解すると・・・
前立腺マッサージ
中一になる前の春休みのことでした。

『あの団地の6階には行くな』、と先輩たちから言い継がれている場所がありました。

理由は良く分からない噂話しみたいな感じです。

僕は子供でしたので『お化け的なものが出るから、危険なんだろう』と自分なりに解釈していました。

ある日、親のデジカメを無断で持ち出して、いろいろな景色を撮影して見たくなり、噂の団地の最上階に上がろうと思いました。

僕はどちらかというと、お化けをあまり怖いと思わないタイプなので、あわよくば心霊写真を撮れるかも知れないと好奇心にかられたのです。

成功すれば学校でもヒーローになれますしw

通路には誰もおらず僕一人だけでした。

僕はその通路で夢中で何枚も写真を撮っていました。

しばらくするとエレベーターが停まる音がして一人のおじさんが出てきました。

ハゲてたように覚えていますが、決して悪い人には見えませんでした。

僕の後ろに立つと、「君は小学生かい?」と聞いてきました。

「今度中学生です」と答えると、少し笑ったように何度かうなずきました。

おじさんは、通路から見える景色を指差しながら「あっちが東でこっちが西、あの山は、何々という名前で・・・」と聞いてもないのに勝手に説明を始めました。

そして、「ここからの夜景はすごく綺麗だよ」といいました。

「そうだ、おじさんの撮った写真があるから、見せてあげる」といいました。

僕の後ろがおじさんの部屋だったようで、中に入ると大きな写真を持って出てきました。

初めて見る綺麗な夜景の写真でした。

そして、「君のカメラだと夜景は無理かな?」といい、凄いカメラを見せるから部屋に入りなさいと僕に言いました。

少し迷いましたが、少し寒かったので促されて部屋に入りました。

部屋には猫が一匹いて、なぜか安心しました。

おじさんは暖房をつけた後、自慢のカメラを取り出し、また説明を始めました。

僕は話が難しくて良く分からなかったです。

そして僕の顔をじっと見ると、「君のような可愛い男の子の写真が1枚欲しかったから、写してもいいか?」と聞いてきました。

その時は、いやらしい感じはなく、可愛いという言葉に少し照れました。

僕がうなずくと嬉しそうな表情で、「終わったらモデル料として千円あげるから」といいました。

写真を撮ってもらうだけで千円も貰えるなんて、ラッキーだなぁと思ってました。

そして、なぜか部屋のカーテンを閉め電気を消し猫をキッチンに追い出すとドアを閉めました。

薄暗くしたら、綺麗に撮れないくらいは僕にも分かりました。

少し不安になり立っていると、おじさんは僕の前にしゃがみました。

何するのだろうと少し怖くなりました。

おじさんは、僕の両手を握ると上目で僕の顔を見て、ニヤッとしました。

いやらしい状況であることに気づいたときは遅かったです。

僕のセーターを捲くりお腹を撫でた後、ジーパンのファスナーを降ろそうとしました。

逃げようとしたら、腰を掴まれ「裸になるんだ」と、すごんだ声で言いました。

僕は「裸はイヤです」と泣きながら言いましたが、強引にセーターとジーンズ、シャツもパンツも全部脱がされました。

僕が前を手で隠していると、大きな声で「見せなさい!」、と一喝しました。

そして、すぐにニヤニヤした表情に戻り僕のチンコをまじかで見ると、「可愛いチンチンだ、まだ1ミリくらいの産毛だな・・・」などブツブツ言って触り始めました。

僕は恥ずかしさより怖くて震えていました。

お尻をギュッと掴まれたときは、おしっこを漏らしてしまいました。

ジュータンを濡らしたので、ティッシュで拭かされたあと、チンコを強く引っ張られました。

その後抱きかかえられて、ベッドの上にうつぶせに寝かされました。

おじさんも服を脱ぎ始めました。

裸になったおじさんに後ろから抱き抱えられて、膝の上に乗せられました。

お尻にはおじさんの勃起したチンコが挟まっていました。

僕のチンコを揉みながらキスをされ、顔や首を舐められました。

仰向けにされ、足を広げられチンコ全部を口に入れられた時は、食べられちゃうと思い恐怖でいっぱいでした。

最初はゆっくりと舐めてるだけでした。

まったく勃起しなかったからか、だんだんと激しくしゃぶり始めました。

舌先で皮を剥かれたときは、痛くて悲鳴をあげました。

チンコだけは悲鳴をあげても、しつこいくらいに舐め続けていました。

その次はお尻でした。足を持ち上げられ穴の中まで舌を入れてきました。

おへそから下は唾液でベトベトにされ弄ばれました。

その後一緒に風呂に入り体を洗われたあと、カメラで何枚も写真を撮られました。

その後首を絞めるような動作をしてきました。

僕は泣きながら何故かごめんなさいと謝りました。

このことは誰にも話すなよ、と強く言われ千円を渡されました。

服を着たあと、カメラで写した僕の裸を見せられ、「これは君との永遠の秘密だからな」と言われました。

やっと帰ることを許されました。

急いでエレベーターで1階に下りると、夜になっていました。

数日間はオシッコするたびにヒリヒリ痛かった。

しかし誰にも話せずにいました。

高校に入ったころ、あの人らしき人がわいせつ事件で逮捕されたことを耳にしました。

 

カテゴリ:ショタ・厨房の最新記事

カテゴリ:レイプの最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。