ホーム » 男の娘・女装子 » 【ゲイ体験談】放課後の女装子遊びにハマっちゃいましたwwwwww

【ゲイ体験談】放課後の女装子遊びにハマっちゃいましたwwwwww

JKスタイルで犯されて・・・

新潟県の学生さんからの投稿。県内にある男子校で放課後になるとひっそり行われる女装子遊び。今日はカオルがJKに変装し、すでに勃起スタンバイのキモオタたちの待つ教室へ向かった末路・・・・・・
女装子さんとアナルファック
放課後、生物準備室でロッカーに隠しているセーラー服と紺のミニスカートに着替えます。

リュックからは白いブラジャーとTバックのパンティも。

ソックスは紺のハイソで決まり。

少し緊張しながら準備室のドアを開けて生物室に入ると、やる気満々でフル勃起してる理科部のみんなにじっと無言で見つめられながら、黒板の前の教卓に上がるの。

ハァハァと吐息を漏らすキモオタの部員たちがカオルの回り中を取り囲んでるの。

冷んやりする教卓の上で仰向けになると、周り中から汗をかいたメガネのおたくがカオルの身体中に手を伸ばしてきて、「解剖」が始まるの。

手は膝から少しずつ上にいき、太腿を撫で回しながら、スカートの中にゆっくりゆっくり侵入してくる。

「ああ、この瞬間が怖い…」

山田君がカオルの手首を掴んで「バンザイ」の形に押さえつけられちゃった。

手首から肘、二の腕から脇まで撫でられるとくすぐったくて、身を捩るんだけど、もう逃げられない。

「カオルの肌って本当に白くて柔らかくて、気持ちいいぜ。」

小野君と波多野君が、カオルのオッパイを左右から撫で回しながら、セーラー服のフロントジッパーを下ろして、前を全開にしちゃった。

「へへへ、白いブラジャーもリアルでいいぞ。たまんねぇ。」

興奮した多田君にキスされちゃった。

最初は気持ち悪かったけど、ネチョネチョと舌を絡みつかせながら、きつく吸いたてられると、不思議な感じになっちゃう。

じーんとして、ぼ~っとして、何も考えられなくなっちゃう。

うっとり目を閉じるカオル。

さっきからカオルのペニクリも、フル勃起してるの。

上履きも脱がされて何本もの手で、左右の脚を撫で回されると、すごく怖いんだけど気持ちいい!

我慢汁出っ放しのビンビンのペニクリ扱かれながら、左右のオッパイを別々の男子に揉まれまくって、小さな乳首がすごく堅くなってるの。

指でつままれたり、舌でレロレロされたり噛まれたり、だんだんわけがわかんなくなっちゃうの。

小野君がスカートを捲ってペニクリを扱きながらしゃぶってくるの。

気持ちいい、、、、でも。

「ああん、はずかしい。」

カオルは女装のときは決まってファルセットボイスで女の子みたいな声を出すの。

「どうだ?俺のフェラ。」

「ああん、恥ずかしい。けど、気持ちいいよぉ」

「おい、俺のもしゃぶってくれよ。」

「降りて、床に四つん這いになれよ。」

「はい。カオル、チンチンおしゃぶりしたい。」

床に四つん這いになったカオルを、一人ずつ順番に次々と唇を犯してくるの。

指で扱きながら、舌を絡みつかせて、喉の奥まで迎え入れてあげるわ。

その姿は学園もののAVそのもので異常に興奮するの。

「うう、カオル。いい、いいぞ。」

裏筋に舌先を這わせながら指で睾丸をコリコリ揉んであげるの。

「おお。それ、いい。」

みんな、カオルのテクですぐに出しちゃうんだから、それもいっぱい!

「ング…フウ~ン!」

全部飲んであげる。

出し終わった男から、てきぱきと浣腸の準備を始める部員たち。

200ccの浣腸器、消毒用アルコール。グリセリン。ビーカー。タオル。ワセリン。

全員のスペルマをゴックンすると。

困った事に最初の男の子はもう勃起してるの。

「スカートをめくって、ケツの穴を見せな。カオルの大好きな浣腸だ。」

続きはまたこんど。

 

カテゴリ:男の娘・女装子の最新記事

カテゴリ:高校生・大学生の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。