ホーム » フェラチオ » 【ゲイ体験談】駅でご奉仕してくれた見知らぬ男の末路・・・・・・

【ゲイ体験談】駅でご奉仕してくれた見知らぬ男の末路・・・・・・

【体験談】大阪府在住のバツイチさん(40)からの投稿です。駅の公衆トイレでオナニーすることに歓びを感じる投稿者。ある日のこと、いつものように擦っているとドアの隙間から息を潜めコチラを覗く気配を感じた末路・・・・・

駅のトイレでフェラチオ

私は大阪に住む40歳のバツイチです。

自分としてはノンケのつもりですし、普通に男には欲情しません。

興味を持ち出したのはフェラが好きすぎるからだと思います。

AVでもフィニッシュはいつもフェラのシーン。

つまり男というよりもチンコを口に入れているという好意そのものに興奮を覚えるようになったのです。

そんなある日、仕事終わりに居酒屋で飲んで帰りが遅くなり、いつも利用してる駅の外の公衆トイレに入ると奥の大用の個室からイヤラシイ音がするのに気づきました。

そっと近づいて聞き耳を立てると中で何かしてるのがわかりました。

ピチャピチャと聞き覚えのあるしゃぶる音と男同士の小声です。

それまで普通に使っていたトイレでこんな事してるなんて!

それから尿意もないのに夜遅くなるとトイレに寄って個室に入り妄想しながらオナニーしたりしていました。

何度目かのオナニーをしている時でした。

ドアの隙間から誰かが覗いているのです。

そのトイレは古くてドアと壁に5ミリ程の隙間があったのです。(現在は駅ごと改築されてそのトイレはもうありません。)

驚くとともにおそろしく興奮して心臓もあそこもドキドキしてしまいましたが、自分でもどうしたらいいのかよくわからなくて息を潜めてしまいました。

しばらくのあいだいきを潜めていたらドアの外の人はいなくなってくれました。

ホッしたのと凄い変態的なことをしている自分に興奮して一気に射精してトイレを出ました。

それからも夜遅い時間になるとトイレに入りまた遭遇する機会を何度も待ちました。

自分でも遭遇した時にどうすればいいのか相手がどんな人なのかもよくわかりません。

それから数ヵ月後、ついにあの日と同じ状況になったのです。

今回はいままでずっと思い描いていた妄想で興奮ていたこともあり隙間からオナニーしているのを見えるポジションでしごいてみせました。

隙間の目がドアの外で息を潜めて凝視しているのがわかりました。

この変態的な状況に興奮もピークになり思わず自分からドアをそっと開けて外の男を個室に招きいれました。

もっとおじさんかとおもっていたんだけど以外にも同じ年(当時は30歳くらい)くらいの普通のおにいいちゃんだった。

彼とは会話するでもなく自分はチンコをゆっくりとしごいて相手の出方を待ってました。

男はネクタイを外して無言でしゃがみ私のチンコをしゃぶりだしました。

公衆トイレでオナニーしてるだけでも変態的なのに見知らぬ男を招き入れてフェラされてるなんて・・・。

しかも小便の方にはちょいちょい人も出入りしててなんだか凄く興奮しました。

男はフェラしながら乳首も攻めてきます。

私は右の乳首がチンコの次の性感帯なのでたまりませんでした。

当時は妻もいましたが、その背徳心もあり頭がおかしくなりそうでした。

しばらくしゃぶった後に男は私の服をたくし上げて立ちまくった右乳首を舐めてきて手コキをはじめました。

私はたまらず男の耳元に小声で「イキそう」といいました。

本当は口でイカせて欲しかったのでそう言ったらまたしゃぶってくれるかな?とおもったのですが結局手コキでイってしまいました。

私は射精の脱力感とこの後どうしていいのかわからずにいると男はティッシュを取り出してチンコを拭いてくれました。

私はなんと言っていいのかわからず「ありがとう。」とだけ言って足早にその場をたちさりました。

長くなったので続きはまた今度。

こんなん書いてたらまたムラムラしてきました。我慢汁でべちょべちょですw

 

カテゴリ:フェラチオの最新記事

カテゴリ:痴漢・覗きの最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。