ホーム » ショタ・厨房 » 【ゲイ体験談】全裸で兜合わせするドスケベ小学生の結末・・・・・・・

【ゲイ体験談】全裸で兜合わせするドスケベ小学生の結末・・・・・・・

【体験談】熊本県在住の学生さんからの投稿です。小学校低学年のころ親友とキス遊びをしていた投稿者。5年生になりセックスしたくて堪らなくなった親友はいつもより激しいキスを求めてきた末路・・・・

男子小学生の兜合わせ

小学5年のころ親友Sと寄り道して下校中のときだった。

Sは親が帰ってくるのが遅いから遊びに来いと言ってきた。

そしたらTとエッチがやりまくれる!なんて言っていた。

そういってキスを求めてきた。僕もそれに応じていた。

Sとは低学年のとき遊びでキスをしていた。もちろん2人きり

のときだけで、遊びの感覚で。2人だけの秘密だった。

それ以上の関係になることはなかった。

Sの家へ遊びにいき、テレビを見ているとSがキスをしてきた。

舌を絡ませ結構激しいキス。

キス自体はそんなに気持ちいいものではなかったがすごくHな気分になれるのがすきだった。

これ以上のことはやったことはなかったのだが、2人だけの部屋・・。

Sは抱きついてきて僕におおいかぶさってきた。

さすがにちょっとやめろよ!と言ったが体はすごく興奮していた。

Sはセックスしよう?と言ってきた。

僕は抵抗するふりをしながらもHしたくてたまらなくなった。

重なって激しいキスを繰り返すうちにお互いとまらなくなってしまった。

Sは僕のズボンに手を入れ勃起したモノを握ってきた。

僕は恥ずかしかったが抵抗はなく同じようにSのを握った。

抱き合って体を擦りあうように動いていた。

Sは本格的にやろう?と言ってきた。

僕はどうするのかわからなかったがすごくHな気分になっていた。

Sは僕のズボンとパンツを下ろしてきた。

僕もびっくりしたがもうどうにでもなれという感じだった。

人に勃起したものを見られるのは初めてだった。

僕も抱き合ったままSのを脱がしてやった。

Sの下半身が露出した。Sは自分でズボンとパンツを足からはずした。

下半身丸裸で抱き合っていると自然とアソコが重なってしまう。

抱き合ったままアソコを擦りあってしまった。

上になっているSはあえぎ声をだし射精し、僕もすぐ突き上げるように射精した。

それから秘密のある親友になりいろいろなところでHしました。

中学で関係は終わりました。

 

カテゴリ:ショタ・厨房の最新記事

カテゴリ:ノンケの最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。