ホーム » ショタ・厨房 » 【ゲイ体験談】全裸で兜合わせするドスケベ小学生の結末・・・・・・・

【ゲイ体験談】全裸で兜合わせするドスケベ小学生の結末・・・・・・・

キスして遊んでたら・・・・

熊本県在住の学生さんからの投稿。小学校低学年のころから親友とキス遊びをしていたという投稿者。そして5年生になりキスだけでは収まりがつかなくなってしまった親友は・・・・・・
手を繋ぐ小学生
それは、小学5年のころ親友Sと寄り道して下校中のときだった。

Sは「今日は、親が帰ってくるのが遅いから遊びに来いよ」と言ってきた。

特に用事もなかったので「いいよ」と言うとSは「やったー!エッチがやりまくれる!」なんて言っていた。

帰りの道中にもかかわらず、テンションの上がったSはいきなりキスを求めてきた。

一応周りに誰もいないか確認して控えめにキスをした。

実はSとは低学年のときから遊びでキスをしていた。

もちろん2人きりのときだけで、遊びの延長だった。

それは遊びといえども2人だけの秘密だった。

それ以上の関係になることはなかった。

Sの家に着き、テレビを見ていると早速Sがキスをしてきた。

舌を絡ませる結構激しいキス。

キス自体はそんなに気持ちいいものではなかったが、すごくHな気分になれるのがすきだった。

これ以上のことはやったことはなかったのだが、部屋には2人だけ・・・・。

Sは抱きついてきて僕に覆いかぶさってきた。

さすがに「ちょっとやめろよ!」と言ったが体はすごく興奮していた。

Sは「なぁ、セックスしようよ?」と言ってきた。

実は僕も抵抗するふりをしながらもHしたくてたまらなくなった。

重なって激しいキスを繰り返すうちにお互い止まらなくなってしまった。

Sは僕のズボンに手を入れ勃起したモノを握ってきた。

僕は恥ずかしかったが抵抗はなく同じようにSのを握った。

抱き合って体を擦りあうように動いていた。

Sは「本格的にやろう?」と言ってきた。

僕はどうするのかわからなかったが、すごくHな気分になっていた。

Sは僕のズボンとパンツを下ろしてきた。

僕もびっくりしたが、もうどうにでもなれという感じだった。

人に勃起したものを見られるのは初めてだった。

僕も抱き合ったままSのを脱がしてやった。

Sの下半身が露出した。

Sは自分でズボンとパンツを足からはずした。

下半身丸裸で抱き合っていると自然とアソコが重なってしまう。

抱き合ったままアソコを擦りあってしまった。

上になっているSは「あぁぁ、気持ちいいよぉぉ」と、あえぎ声をだしながら射精し、僕もすぐ突き上げるように射精した。

それからは、いろいろなところでHするようになりました。

しかし、何故か中学で関係は終わりました。

 

カテゴリ:ショタ・厨房の最新記事

カテゴリ:ノンケの最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。