ホーム » ショタ・厨房 » 【ゲイ体験談】家出少年がハッテン公園に迷い込んだ末路・・・・・・・・・・

【ゲイ体験談】家出少年がハッテン公園に迷い込んだ末路・・・・・・・・・・

無防備なノンケ少年

愛知県在住の会社員さんからの投稿。学生時代に親子喧嘩がキッカケで家を飛び出した投稿者。行く当てもない投稿者はふらふらとさ迷った挙句にある公園に辿り着いた。しかしその公園、実は・・・
夜の発展公園
学生の頃の話です。

ある日の深夜、親と大喧嘩をした私は人生初の家出をしました。

家出と言っても一晩頭を冷やして家に戻るつもりでした。

お金もないですし・・・

当時はまだ携帯電話もなく、また深夜だったため友達に泊めてもらう手段がなく、とりあえず公園で寝ることにしました。

深夜のため人もほとんどいませんでした。

綺麗そうなベンチを寝床に決め寝ることに。

意外とすぐに眠りに着いたのですが、股間の違和感で目を覚ましました。

何と、知らない人が私の股間をズボンの上から触っていたのです。

すごく驚いて振り払おうと思ったのですが、かなり気持ちよくなってしまったのです。

少し怖い気持ちもあったのですが、ここはしばらく眠っているフリをする事に。

その方は私のチンポが勃起しているのを確認すると、ベルトを外しチャックを下ろし生でチンポを触ってきました。

身体は感じまくっているので、ガマン汁で濡れ濡れになっていましたし、次第に声が出てしまうようになりました。

その方は私が寝ているフリをしてるのに気づくと、私の耳を舐めてきました。

もう、乱れるように乱れたいと決心した私は思いきって目を開けました。

その方は無言で私の乳首を舐めながらチンポを扱き、今度は自分のチンポを私の手に突き出しました。

興奮した私は待ってたかのように手コキをしてあげ、しゃぶってあげました。

もちろん初めてでしたが、とてもエロい味がしました。

いつの間にかその方が私の上に乗っかり、私はその方のチンポをしゃぶりながら、私はその方に指を入れていただきました。

トイレに移動し、お互い服を全部脱ぎ捨て身体中を舐め合い、フェラでザーメンをごっくんしました。

ノンケの私でしたが、今ではその方のおかげでこのような性癖を覚えたのでした。

 

カテゴリ:ショタ・厨房の最新記事

カテゴリ:発展場の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。