ホーム » フェラチオ » 【ゲイ】従弟が可愛すぎてゴックンしちゃった話

【ゲイ】従弟が可愛すぎてゴックンしちゃった話

【体験談】静岡県在住の社会人(33)からの投稿です。ある日、従弟(18)の女装癖を知った投稿者は従弟の部屋であまりにも可愛いセーラー服姿を目の当たりにし我を忘れてペニクリにムシャぶりついた末路・・・・

女装子従弟のセーラー服姿

最初に断わっておきますが、俺はホモでもゲイでもありません、というより今まではそう思ってました。

ふとしたことから15歳も年下で、現在18歳の従弟に女装壁があることを知ってしまいました。

しかもいかにも男が女装したという気色悪さはありません。

従弟は女子高生の格好をするのが好きらしく、マジで女子高生の制服とか

セーラー服を着た姿は可愛いし、俺も女子高生は大好きなので男とは知りながらも萌えてしまうのです。

しかも本人は男に犯されてもいいと思ってるほどの重傷です。

従妹に女装壁があると知った時から、ちょくちょく従弟の部屋に訪ねて行って女装させてました、最初のうちは制服を着せてオナニーさせたりとかどちらかと言えば見て楽しんでいたのですが、最近は俺もエスカレートしてきました。

そして今日とうとう俺は従弟のイチモツを咥えて口の中に射精させました。

俺は朝従弟を訪ねていつも通り制服を着せました、そしていつもはベージュのパンストに黒いハイソックスを履かせてるんですが、今日は黒いパンストを用意していって履かせました。

プリーツのミニスカートから伸びた脚に黒いパンストはかなりそそられました、そしてパンストに包まれた脚や股間を触りまくりました。

そして何時間か過ぎた頃に俺は「こんなに顔が可愛くて脚もきれいなら男でもいい」と思い、パンストとパンツを少し下げて従弟のイチモツを口に含んだのです。
しかしやはりフェラチオのテクニックなどない俺の口では出せないらしく、従弟に自分でしごいてもらいました。

そしてもう射精するなと思った瞬間に俺は従妹のいきり立ったイチモツを咥えたのです。

イチモツがビクッとなって生暖かい精液が俺の口の中に出ました、少し塩辛く生暖かい液がこれでもかと言うほど出てきました。

「黒いパンストでそそる脚をして、可愛い女の格好をした体から出た液なんだ」と思うと、まずくても飲まずにはいられなくなってゴクリと飲んでしまいました。

マジで俺はヤバイかも、今日はそれで済んだけど、いつか従弟を犯してしまうかもしれません。

 

カテゴリ:フェラチオの最新記事

カテゴリ:男の娘・女装子の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。