ホーム » ガチムチ・体育会系 » 【ゲイ体験談】ガテン系の汗臭チンポを咥えさせられた末路・・・・・

【ゲイ体験談】ガテン系の汗臭チンポを咥えさせられた末路・・・・・

女装好きのノンケ君

青森県在住の学生さんからの投稿。公園でガテン系作業員(40代)に公衆トイレに誘われた投稿者。大人のそそり勃つマラを眼前に突きつけられ鼓動が止まらなくなってしまい・・・・
白昼の野外でハッテンする男性
僕は大学1年です。

昔から中性的な感じに顔立ちで、女の子に間違われたこともよくあります。

小学生の頃などは姉や姉の友達とばかり遊んでました。

男友達は一応いましたが、女友達といる方が落ち着くのです。

高校生くらいになると姉の下着をこっそり拝借して身につけたり洋服を着ては鏡に写して楽しんでいました。

見よう見まねで化粧もしましたが、難しかった記憶があります。

そんな僕の初体験は高校2年の夏休みでした。

公園で友達と遊んでいて夕方近くになりそれぞれ帰ることになりました。

空の色がどんよりして、今にも雨が降りそうでした。

友達と別れ自転車に乗っていると案の定、大粒の雨が。

僕は公園の小屋みたいなところに避難して雨が小降りになるのを待ってました。

すると40代の作業着の男の人が上着を頭に被せて小屋に飛び込んできました。

「いやぁ、凄い雨だね、でも通り雨じゃないかな?向こうの空は明るいから」と言いました。

「そうですね」と答えました。

小屋の中に男の人と2人っきり、僕はなぜか心臓が高まりました。

それまで女装とかには何となく興味があったのですが男性には興味がありませんでした。

じっと僕を見る男性、まるで射すくめられる感じでした

頭の中がぼんやりしてきました。

「トイレ行かない?」

突然、男性にそう言われ僕は何のことかわかりませんでした。

「え・・・?トイレ、ですか?」

僕は、ふらふらと男に人の後についていきました。

子犬のようにです。

個室に2人で入り鍵が閉められました。

そして、男の人はズボンのジッパーを下ろす大きなモノを出しました。

僕は驚いて固まってしまい、ただ見るだけでした。

「ほら、触ってみてよ・・・」

初めて触る自分以外の大きなモノ、とても熱く硬くなってました。

「少し動かして・・・」

男性に言われるままに手を動かしました。

男に人は僕の肩に手を乗せて下へと下ろすと僕はしゃがみました。

目の前に大きなモノ、口の中へ入ってきました。

目から少し涙が出たと思います。

汗臭いモノが僕の口の中にあるのです。

男に人は僕を立たせると僕のズボンを下ろしました。

僕のモノも大きくなってました。

大きなモノをこすり合わせるとギンギンに熱くなりました。

そしてお互いのモノを手でしごきあいました。

僕は「おじさん、出る、出ます・・・」というと「出してもいいよ、気持ちいいだろ・・・」

勢いよく床に白いものが飛び散りました。

「今度また会うか?夕方近くにあの場所で、通り道だから気が向いたら来てよ」と言って別れました。

家に帰っても落ち着きません、手の感触、口の感触、男の人の手で射精した快感・・・自慰をしました。

数日後、僕は姉の下着をつけて公園の小屋にいました。

1時間以上いました。

向こうから男の人がきました。

少し笑いながら「来たんだ・・・・」

そのままトイレへと向かいました。

僕のズボンが下ろされて姉の下着が見えると「これは?そうかねぇさんのか・・・こんなのが好きなんだな・・・」

あとは身を任せるだけです。

下着一枚で男の人のモノを舐めます、初回より上手く、いえ頑張りました。

「いいぞ、奥まで入れて、目を見て、ああ~~~」

腰を振ると喉奥に当たります、苦しさが快感へと変わります。

「出るぞ・・・飲むんだ・・」

口に広がる青臭くて苦い精子、僕は目を閉じて飲み干します。

僕も手で出してもらいました。

「これからも、お願いします・・・・」と言うと手に力が入りました。

 

カテゴリ:ガチムチ・体育会系の最新記事

カテゴリ:初体験・童貞の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。