ホーム » 中出し・種付け » 【ゲイ体験談】連続種付けで腸が満たされたパイパン奴隷の末路・・・・・

【ゲイ体験談】連続種付けで腸が満たされたパイパン奴隷の末路・・・・・

【体験談】愛知県在住の青年からの投稿です。高校生のころ付き合っていた熟年彼氏からパーティーに誘われた投稿者。ホテルの会場に入るとイヤラシそうな4人の熟年さんから身体を弄られる投稿者。そして、からかわるがわる激しくピストン種付けを繰り返された結末・・・・・

連続種付けされるパイパン奴隷

昔の話です。

高校の時につき合っていたおじさんにパーティーに誘われました。

おじさんと一緒にホテルに行くと3人のおじさんが待ってました。4人のおじさんの前で私は服を脱ぐように言われ、言われるまま服を脱ぎました。

おじさんに陰毛はいつも処理されていました。

包茎のわたしのおちんちんはびんびんに勃起していました。

目隠しをされ、おじさんたちに代わる代わる体をまさぐられました。

四つん這いにされると1人のおじさんがおちんちんを舐めてきました。もう1人のおじさんはわたしのお尻の穴を舐めてきました。もう1人のおじさんのおちんちんが私の口に押し当ててきて、私の口をふさぎました。もう1人のおじさんは撮影をしていたようです。

私は頭がまっ白になり、おじさんのおちんちんをしゃぶっていました。

お尻をほぐされ、おじさんのおちんちんが挿入されました。私の腰をつかみながら激しくピストンされました。

私はおちんちんをしゃぶりながらお尻の中の熱いおちんちんに感じていました。

最初のおじさんが私の中に射精し、次のおじさんが入れてきました。

くり返しくり返し私の中に射精し、精液が漏れ出すヒマもないくらい。一通り射精が終わって中の精液がもれないようプラグをされました。

射精を終えたおじさんたちは私の口におちんちんをつっこみきれいにさせられました。

私は勃起したまま根本をしばられ、それ以上刺激を制限され射精は許されませんでした。

2回戦、3回戦と続き、私の腸の中はおじさん達の精液でいっぱいになりました。

お風呂に連れて行かれ、プラグを抜かれるとおじさん達の精液が漏れ出しました。それを全身に塗られました。精液でべとべとになった体にロウソクを垂らされおちんちんもロウで固められました。

射精したいかと聞かれ、うなずくと1人1人持ってきた奴隷契約書にサインをさせられました。

そのおじさん達と5年ぐらい奴隷として過ごしました。22まで陰毛は許されず、オナニーも管理されました。

とても幸せな毎日でした。

 

カテゴリ:中出し・種付けの最新記事

カテゴリ:熟年・親父の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。