ホーム » ノンケ » 【ゲイ体験談】拘束強制フェラさせられたノンケ高校生の末路・・・・・

【ゲイ体験談】拘束強制フェラさせられたノンケ高校生の末路・・・・・

【体験談】奈良県在住の学生さんからの投稿です。高校3年生のころイケメン同級生が女子の覗きをしている現場を押さえた投稿者。弱みをにぎった投稿者はノンケイケメンを家に呼び脅しながら手足を拘束し自由を奪う。そして欲望の赴くままに思う存分巨根をもてあそぶ結末・・・・・

強制フェラさせられた高校生

俺は現在大学2年、小3の時からやっていた柔道で、スポーツ推薦で大学に入りました。

目覚めたのは、中3の頃で、よく後輩を抑え込んで腋の匂いを嗅がせていました。

それは大学も決まった高3の終わり、同じ柔道部で練習した、同級生のYが人気の少ない校舎の裏で鉄製の外階段の下で、上を見上げているのを見つけたのです。

そこには2年で1番人気のK美が、トランペットの練習をしている姿がありました。YはK美のスカートを覗いていたのです。

そっと近づきすぐそばまで行くと、気配に気づいて振り返った瞬間、股間をギュッと掴んでやりました。「アッ」と小さな声を出しましたが、大声で騒ぐわけにもいかず、階段に隠れて俺の手をはがそうとしました。

ジャージ越しに掴んだ肉棒は、半立ち状態で右側に向いていて、手首でも掴んだのかと思うぐらい、握りごたえがありました。

覗いていたことを誰にも言わないのを条件に、今週一泊で両親が旅行に行って1人になる土曜日に、家に泊まりに来る約束を取り付けました。

Yは、立派な体格で柔道をしていた割には、気が弱くおとなしいほうで、坊主で童顔、顔も体格もピエール瀧とファブリーズのコマーシャルをしていた長男役をかわいくしたような感じで、彼女はいないようですが、結構人気がありました。

当然いたずらするつもりだったのでローションと包帯を用意して土曜日を待ちました。

土曜の夜7時頃Yがやって来たので、コンビニ弁当を食べて、風呂に入り部屋に行きました。

弱みに付け込んで、後手に包帯で縛り、足を開いてベッドに縛りつけました。ある程度はYも覚悟しているようでした。仰向けにしてスウェットの上から、ゆっくりとしごきました、。

「いっ、いやだやめろ」

「K美のパンツ何色だった?」むくむくっと大きくなってきました。

Tシャツを胸まで持ち上げ、スウェットに手をかけると「「うわ~、何するんだ、変態」

「今日から、お前も変態の仲間入りをするんだ」

スウェットとボクサーブリーフを一気に太ももまで下しました。ぶるんと肉棒が、飛び出し、予想通りの一物でした。長さは18センチぐらい、ズル剥けのきれいなピンク色でした。

「すげ~、彼女痛がるんじゃないか?」

「か、彼女なんかいない」

「なら、童貞か」手のひらにローションをたらしました。

「うっ、うわ~、何するんだ」

「ローション使ったことないのか?なら、たっぷり気持ち良くしてやるよ。」

ローションまみれにして、ゆっくりとしごいてやりました。

「うっ、ああ~、やばいやばい」

足をがくがくさせました。

「よーし、抜くとこ、撮ってやる」

携帯を左手で構え、発射するところを動画で撮りました。

かたまりで大量に発射して放心状態の直後に、亀頭を手のひらで包みこむように、グリグリと責めました。

「うっ、うわ~、やめて~」

Yが、泣き叫ぶように言いました。

グリグリしながら、「俺のも、満足させてくれる?」

「あっあ~、させる、させる」

「このままの状態で満足させてくれよ」

「どっ、どうやって」

「口があるじゃないか」

驚いた顔をして、「いっ、いやだ~、それだけはいやだ~」

「そうか、しゃぶりたくなったら、いつでも言ってくれよ」

そう言いながら激しくグリグリと責め続けました。

「うわ~っ、わっかたしゃぶる、しゃぶるからやめてくれ」

「しゃぶる?、しゃぶらせて下さい、だろう」

涙声で「しゃっ、しゃぶらせて下さい」

「最初から素直にそう言えばいいんだ」

下を全部脱ぎ、Yの顔の前に、勃起した物を近づけました。口の中に突っ込み、ピストン運動しながら携帯で撮りました。

「歯を立てるな~舌を使え~、吐き出したらお仕置きだぞ~」

たまらなくなって頭を掴んで、奥まで突っ込み、ドバッと出した瞬間、ゲホゲホと咳き込んで吐き出しました。

「出すなって言ったのに、お仕置きだ」またローションを付け、亀頭をグリグリと。

「グエッ、ガ~」ビクビクッとして動かなくなりました。失神したようです。

気を失っている間に手足の包帯をほどいてやりました。力を入れて暴れたせいか手首に跡がついていました。

それからというもの、卒業するまで毎日のように、学校のトイレの個室で、口で奉仕させました。今でもたまにやらせますが、最近ではすっかりうまくなりました。

学校のトイレの個室でやるときは、いつもしゃぶらせて俺は、手抜きでしてやりました。

個室に連れ込み後ろ手で、親指に指錠をかけ、ファスナーを開け引っ張り出して、しごいてやりました。

たまに指先にガマン汁を取り塗り付けて感じるように、最初のうちは誰かが入いって来ると、しごくのをやめていましたがだんだん大胆になり、人の気配を感じると、あえて、激しくしごいたり、亀頭を手のひらで包みこみ、グリグリとこねくり回し何とか、声を出さないように我慢する、苦悶に満ちた表情を楽しんでいました。

そんなある日、トイレから出ると、後輩に声をかけられたのです。

柔道部の後輩で、そいつとは、現役時代、危ない関係で、しゃぶるのがうまく、いつも処理してくれていました。最近相手をしないのでそれとなく感じていたようです。

「先輩、今Y先輩とトイレから出て来たでしょ、個室の扉一つしか閉まってなかったし、一緒に入って何かしてたんですか?」

ニヤニヤしながら聞きました。

「Yが、しゃぶりたいって言うからしゃぶらせていたんだ、あまりうまくないけどな、あいつ顔に似合わずでかいんだぜ~」

「本当ですか、俺がY先輩に教えてあげましょか?」

「明日の、放課後どうだ、西校舎の3階のトイレ人があまり来ないし」

待ち合わせの時間を決めました。次の日Yを西校舎の3階のトイレの個室で、いつものように後ろ手、指錠でユックリとしごき始めました。

時間通りに後輩が来たようで、足音が近づいてきて、個室の扉がノックされました。Yはすごく驚いたようでしたが、かまわず鍵を開け、後輩を個室に入れました。

「ナイスタイミング。今日はこいつがしゃぶり方、教えてくれるって。」

どうすることもできず、うろたえるY、Yの前にしゃがみ込み「スゲー、でけー」いやらしい音を立てて後輩が、しゃぶりつきました。

「どうだ、しゃぶられるのは、そういや初めてだったよな」

初めての快感に腰を引きながら、うつろな目をした表情の、Yの耳元でささやきました。そのうちビクッビクッとなり後輩が、便器に精液を吐き出し、またしゃぶりつきました。

さすがにたまらなくなったらしく腰を引いて何とか逃げようとしましたが、逃げられるはずも無く、「アッ、アッ、ア~」と声を出したので、後輩もしゃぶるのをやめました。

「Y先輩、でかいですね、気にいりました、これからは不自由させませんから、いつでも声かけてください」

「どうだ、しゃぶり方覚えたか?これからはもっとうまくたのむぞ。さあ、実践だ、」

そう言うと後輩の前でしゃぶらせました。

事が終わりトイレから出て、後輩と二人きりになり、「Y先輩、すごいですね、あんなのじっくり味わいたいですよ、妊娠させられたい」と後輩が言うので

「いいぜ、今度、大の字に縛って、味見させてやるよ」

「ぜひ、お願いします。」

そう約束したのですが、そのままになって、卒業してしました。

 

カテゴリ:ノンケの最新記事

カテゴリ:高校生・大学生の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。