ホーム » ガチムチ・体育会系 » 【ゲイ】一流有名人と交わしたアナル契約の話

【ゲイ】一流有名人と交わしたアナル契約の話

既婚のプロスポーツ選手と

東京都在住の居酒屋店員さんからの投稿です。お店に何度か来店してくれていたプロスポーツ選手に店裏でいきなり生堀りされてしまったという投稿者。そしてプロ選手はアナルセックスの契約話を持ちかけてきたらしい・・・・・
ガチムチさんと青姦ファック
私は居酒屋の店員で30代の大柄な男です。

唐突ですが、私はある1流プロスポーツ選手と関係しています。

と言っても一方的に私が「やられる・・・掘られる」方なんですけど。

彼はとても顔の売れた方で、芸能人の美人な奥様もいらっしゃる方です。

私の勤める店に数人で飲みに来たときに、サインを貰おうと恐るおそる声をかけると気さくに対応してくれ、いい人だなーとポイントアップしました。

以降、何度か店に寄ってくれるようになり私も嬉しく思っていました。

そんなある日の事です。

その日は彼は珍しく1人で来ていたんですが「ちょっと外の目立たないとこあるかな・・話があるんだ」と言われました。

「えっ、私ですか・・・」一般人の私に何の話だろう?と不思議に思いながらも、店の裏の物置に私が先導するように歩きました。

「話って何ですか・・・」と口を開いた瞬間に、彼はいきなり私の尻を掴み、驚くような速さでベルトとパンツを脱がしてきたのです。

「ちょ、ちょ、ちょっ・・だめ・・」呆気にとられ声も出ません。

彼は私の尻を拡げ、尻に生温かいローションのような物がかけられると、いきなり彼の物が侵入してきました。

もちろん私のお尻にモノが入ったことは一度も無いけれど、結構すんなり入るものだと思いました。

痛くはないけど、もちろん違和感はありました。

彼の物は標準より少し大きい位で、まだ完全に勃起してなく直腸の中をユルユルと奥に突き進んでくるのが感じられました。

女ってこんな感じなのかな・・・って意外に冷静に思っていました。

恥ずかしいことこの上ないけど、しょうがないかな、こんな俺の尻好きな人居るんだ・・って驚いていたんです。

彼は私のウエストを掴み一心不乱に突き立てて、入れ始めたときよりかなり大きく直線的な動きになりました。

入れられたときは私のモノは小さく萎んだままだったんですけど、次第に気持ち良くなり勃起してしまい、彼が少し扱いてくれました。

そして彼が限界を迎え、外の地面に向けて発射しました。

驚くほどの精液が飛んで、辺りが精液とウンチの匂いで満たされてました。

「ごめん・・・でも君・・最高の尻だよ・・」

私は尻で抜かれてしばらく経つのに、未だにぞくぞくする快感に見舞われ、バイトが終わるとすぐに彼女を呼び出しました。

車の中で収まりがつかずフェラチオをさせると、彼女もいつもと違う私に猛りの様なものを感じたらしく、喜んでいました。

ホテルに行くのも面倒でその場で激しく交わりました。

後ろから掘られて感じてしまった私だが、普通にセックス出来た事に安心しました。

もしかしたら、もう戻れないのではないかと少し心配だったので・・・

彼女は満足げにシートに横たわっていました。

その1週間後にまた彼が来たました。

そして、前回と同じように交わった後「一方的にさせてもらってるから、君が良かったらでいいんだけれど、契約制にしてもらえないか・・・1回10万で週1回、月50万で・・どうかな・・」と。

「いいですよ・・でも・・自分なんかで・・奥さんとは・・してるんですか」

「ちゃんとしてるよ。でもどこかでねじれたんだろうね・・」

彼とはキスもしないし、愛撫もしない。フェラチオも。

ただ後ろからひたすら突かれるだけ。

正常位でも出来るんだけれど、私が思うに顔を互いに観合わすのが後ろめたいのかな・・スーパースターだから。

私もこの関係は楽なんです。

彼女とも続いていて逆に円満だし、周りからも「男なのに変に色っぽい」と言われるようになりましたし。

自分で鏡を見て、尻を見ると確かに自分で言うのも何ですけど、きれいでできものもなくて大きんです。

彼とは人気のない所でするんだけど、1度しているときに人に見られた時はビックリしました。

慌ててズボンを履いたけれどしているのはバレたけど、彼の顔は見られなかったみたいです。

こないだは彼の家に行き、奥さんに「友達だ」と紹介され、手料理をご馳走になりました。

料理はとても美味しかったけど、奥さんには後ろめたい気持ちでいっぱいでした。

お酒を飲んだ後、2人で風呂に入ることになり、入ると後ろから挿入されました。

声は自分は出さないけれどズンズンと突かれ、尻や背中に大量の精子が飛びました。

すっきりとした彼は先に上がったが、勃起が収まらない私はオナニーを始めました。

あれっ、先に奥さん入ったから・・ランドリーから奥さんのパンツを取ります。

おしゃれで・・香水とモアーっとしたマンコの匂いで、先ほど突かれていたことも忘れ、射精しました。

奥さん、ごめんなさい。一番たちの悪いのは私です。

彼とは相変わらず続いていますが、海外に行く話もあるので今後どうなるのかな、という感じです。

 

カテゴリ:ガチムチ・体育会系の最新記事

カテゴリ:バイセクシャルの最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。