ホーム » ショタ・厨房 » 【ゲイ体験談】美少年と濃ゆいザーメンを接吻交換した末路・・・・・

【ゲイ体験談】美少年と濃ゆいザーメンを接吻交換した末路・・・・・

同級生の男の娘と

宮崎県在住の学生さんからの投稿です。部活終わりに同級生の翼とシャワーで汗を流していた投稿者。翼のスリムな体型にイタズラしたくて我慢できない投稿者は女の話で翼を勃起させて・・・・・
アナル処女を奪われた男の娘
その日はサッカー部の翼と練習終わりに筋トレし、最後一緒にシャワーを浴びていた。

小柄でスリムな翼は、とても同い年とは思えないような身体で下の毛も少ししか生えてなくて、まるで女の子みたいだった。

僕はそんな翼の裸にポ〜っと見とれてしまい、次第に悪戯心が湧いてきた。

彼女の話しからエッチな話しをしてみると、翼もまったく嫌がらずに女性の裸やオナニーの話しに乗ってきた。

そうこうしていると、予想通り翼のペニスがムクムクと大きくなってきたので「興奮したのっ?」て聞くとウンと言い、ついには上を向いたフル勃起状態になってしまった。

翼のペニスは白くて可愛いくて綺麗だったので、手にソープをつけた僕は勃起をしごいてあげることに。

翼は「アッ、ダメだって、気持ちいいっ」て言い、言葉とは裏腹に僕に身を寄せてくる。

僕も勃起してしまったので翼の後ろに廻って勃起を翼のお尻に擦りつけながら右手は翼の勃起を扱き、左手で乳首を弄りまくった。

翼は僕にもたれ掛かり、赤い顔をして上を向いて気持ちいい表情になってる。

両手を動かしながら首筋を舐め、顔がこっちを向いた時にキスをして舌を差し入れた。

すると、翼も舌を絡めてきた。

興奮した僕は自分の勃起に大量のソープをつけ翼のアナルに当ててみる。

きっと処女だろうし入るとは思っていなかったが、ガチガチに硬く下からの角度が良かったのか亀頭が翼のアナルに入った。

処女だし無理できないと思った僕は一度抜いて指を入れた。

1本はすぐに入り2本にした。

少しきつかったがソープをつけ少しずつ入れた。

翼は「ア~」と言いながら自分で勃起を激しく扱いている。

これはイケると思い、再度勃起をアナルに押し当て入れてみると亀頭が入り、更に突き上げると半分入った。

翼は大きな声で「アア~っ」と喘ぐ。

少し抜いては奥に入れるを繰り返した。

そしてとうとう僕のものがすべて翼に飲み込まれたその時、翼が「イっちゃう」と言うのですぐに勃起から手をどけさせて、まだイかないように言う。

そして両腕を掴み腰を動かして翼のアナルを突き上げて犯した。

マンコより締め付けや擦り感があってすごく気持ちいい。

激しく出し入れして犯していると翼はイクッと言い、勃起からビュッっと射精が始まった。

アナルを突かれて前立腺の刺激でイってしまったようだ。

手を廻して出てくる精子を受け止めた。

翼の射精が落ち着いたら、「コラッ」っと言い、手のザーメンを口に入れキスをした。

さすがに若い精子は濃くてドロドロで僕と翼の舌に絡みつき臭いも強い。

僕はディープキスしながらアナルを突きまくり翼のアナルマンコに射精した。

何度も何度も突き上げるべく、翼の奥に僕の精子が入るように腰を使った。

凄い充実したセックスで抜いた後も暫く抱きあってキスした。

その後、翼は僕の彼女となって男の娘してます。

女性下着に女性のテニスウェア着せて犯したりしてます。

アンスコに勃起したペニスには異常に興奮してしまいますね。

今度は彼女を上手に絡めて3Pして翼に女も教えようと考えてます。

 

カテゴリ:ショタ・厨房の最新記事

カテゴリ:男の娘・女装子の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。