ホーム » 男の娘・女装子 » 【ゲイ体験談】公園で上下の口を犯されたスケベ女装子の末路・・・・・

【ゲイ体験談】公園で上下の口を犯されたスケベ女装子の末路・・・・・

【体験談】滋賀県在住の女装子さんからの投稿です。自分でも可愛いって思えるくらいにバッチリ整えて深夜の公園に行った投稿者。ミニスカでベンチに座ると直ぐにスーツを着こすヤラシそうな男が寄ってきちゃった結末・・・・・

公園で犯された女装子

黒のTバックをはいて。パンストにつま先を入れる時にはもう心は女。

TバックとセットのAカップのブラをつけて、白いブラウスに袖を通します。スカートは、膝上20cmのミニで。サラサラロングヘアーのウイッグにバッチリメイク、濃い赤のルージュ。長い付けマを付けたら鏡の中で28歳の女装子がにっこり。

ハイヒールを履いて、隣の町の公園で深夜のお散歩。

野球場のバックネット裏のベンチに腰掛けて、膝を組むと、ミニスカートがずれあがって太腿が丸出しになります。スーツの男性が近寄って着ました。

「女装子さん?」低い声。あみの左側に座りました。もう、心臓バクバク!

「え、はい…。」女の子みたいな声で答える亜美。膝に手を伸ばしてくる男。ビクン!と振るえちゃう。

「綺麗な脚だ。かわいいねえ。」太腿を撫で回す手が、どんどん付け根のほうに這い上がってくる。

「あん。ダメ。」身を捩るあみのあごに手をかけて、唇をふさがれました。舌を絡ませきつく吸われると、あみ、ぼ~っとしてきちゃう。

ミニスカートの中の手が、あみのペニクリをなぞる。「こんなに大きくなってるよ。欲しいんじゃないか?」

「ああん。欲しい。です。」

気が付くと亜美の右側にもジャージ姿の男が座っていました。「楽しんでますねえ。俺にもキスしてくれよ。」

「ああん。二人がかりなの?」亜美は反対側の男にも唇を奪われて、ブラウスのボタンを外されて、「おお。黒いブラジャーか。いやらしい子だねえ。」「色も白くて綺麗な肌だ。この手触り。堪らん。」

左右の乳首を二人の男につままれて、スカートを捲られて、Tバックをずらされて、ギンギンになったペニクリ扱かれて、堪らずに声が出ちゃう。

「あんあんあん!いい。気持ちいいの。」
クナクナしてるあみをベンチの上に仰向けに寝かせるとスーツの男がペニクリをしゃぶり、ジャージの男が乳首をペロペロし始めました。すごい!なにこれ気持ちいい!

「こいつ。感じまくりだな。名前は?なんていうんだ?」

「ああん。だって、こんなの初めて。あ、あみ。です。あんあん!しゅごい~!」

ジャージを下ろした男がいきり立ったオチンチンをあみの唇に押し付けてきました。「しゃぶってくれよ。」

「アム~ンン~。フグ!…。ンンンン~!」
太い!長い!あみ、指で太い肉筒をしごきながら必死に舌を絡みつかせて、喉の奥まで迎え入れました。ああ。こんなにおっきいの。お尻に入れられたら、こわれちゃう。

「うう。いいぞ。うまいじゃないか。しゃぶり慣れてるな。」

スーツの男がペニクリ扱きながら片手の指を、アナルに入れてきました。「ムン!あ!お尻は、許してぇ~!」

反射的にすぼまる肛門括約筋をおそるおそる緩めると、男の指が、ズブズブと直腸の奥まで、入ってくる。ああん。たまんない。

「ローションヌルヌルに塗りこんで、何が許して!ほらほら。こうして欲しかったんだろう?」

ローションがクチュクチュいやらしい音を立てるの。男の指があみのアナルに出たり入ったり。「あ、ひゃん!いい。しゅごいの。おしり。いい!」

「こら。しっかりしゃぶれ!」

上のお口と下のお口を一度にふさがれて、あみ。もう、わけがわかんなくなっちゃった。ただ気持ちよくて、亜美の身体で気持ちよくしてあげたくて。必死にしゃぶりました。

「うう。もうダメだ。よすぎる。出すぞ!全部飲めよ!」

ガンガン腰を振っていたジャージの男が言うと、直後に、生臭いスペルマがドクドクと、あみは涙を流しながら、最後の一滴まで吸い取るように、全部ゴックン。しました。

「俺はこっちをいただくか。」
スーツの男はあみのアナルに押し入ってきました。

 

カテゴリ:男の娘・女装子の最新記事

カテゴリ:発展場の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。