ホーム » ショタ・厨房 » 【ゲイ】知らないおじさんに尿道吸いされたショタの話

【ゲイ】知らないおじさんに尿道吸いされたショタの話

【体験談】青森県在住のショタさんからの投稿です。気づくと知らない場所で知らないおじさんから、あどけないチンポを弄ばれる投稿者。まだ未発達な生殖器官は気持ちいい感覚などなく縮んだままだが、おじさんは狂ったようにしゃぶり続ける末路・・・・・

おじさんに尿道吸われたショタ

知らないおじさんは手で濡れたチンコを弄んでいた。

やがて無理やりに皮を剥かれ、指先が敏感な先端に触れたとき、両足が痙攣するように痺れた。

何度も上下に動かされたが、勃起せずに皮はすぐ元にもどった。

僕の顔を見ながら、今からフェラチオといって、「大人になると誰でもすることだよ。最初は少し痛いかもしれないけど、すぐに気持ちよくなるからね」といった。

そしてまた股間に顔を埋めると、今度は腰を持ち上げられた。片足をおじさんの肩に乗せる姿勢で、玉からお尻を何度も舐めらた。

必死に離れようとする僕を押さえつけると、チンコをまた口に含み、ゆっくり舐めはじめた。

唾液を溜めた口の中で、さっき指で剥かれた先端を今度は舌を使って露出させらた。

チンコの根元を唇で挟み、剥かれた先端を舐め回されるうちに、少しだけくすぐったくなってきた。

口から溢れた唾液は太ももを伝わり、すぐに冷たくなった。時々口を離して太ももから玉をベロベロ舐め、またチンコを舐める繰り返しだった。

やがて生まれて初めて快感に近い感覚を覚え、少しだけ不完全ながら勃起した。

固くなったチンコにおじさんの息遣いは荒くなり、舌の動きはは激しさを増した。

口の中でチンコをかき回すに舌で弄び、尿道に舌先を入れられ吸われたとき、急におしっこが出そうになり、我慢できずあっという間に口の中に出しまった。

おじさんはおしっこを飲んだあと、「君が初めて出したミルクかな。美味しかったよ」と、嬉しそうだった。

そのあとも縮んだチンコを玉ごと口にいれ、狂ったようにしゃぶり続けていた。

感覚はほとんどなく、放心状態だった。やがて眠くなり目を閉じてしまった。

気がつくとズボンを履いており、上着も着ていた。ズボンに手を入れるとパンツはなかった。チンコ手で確かめるとまだ濡れていたがちゃんとあり、安心した。

しかしおじさんの姿はなく、回りをみるとそこは廃車の車の助手席だった。

 

カテゴリ:ショタ・厨房の最新記事

カテゴリ:痴漢・覗きの最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。