ホーム » ショタ・厨房 » 【ゲイ体験談】大人のチンポに興味津々のエロ厨房の話

【ゲイ体験談】大人のチンポに興味津々のエロ厨房の話

厨房に手コキされてしまい

青森県在住の学生さんからの投稿。ある日の夕方、近所の公園で幼馴染のカズヤとバッタリ会ったという投稿者。カズヤは知り合った当時から幼いながらに性に対して興味があったようだが・・・・・・
野外で全裸手コキする学生さん
これは自分が高校3年生になってすぐの話です。

近所に自分より5つ年下のカズヤってヤツがいたんです。

小さい頃は、一緒によく遊んでたので兄弟みたいな感覚でした。

カズヤも俺のこと「兄ちゃん」って呼んでました。

ある日、俺の家から歩いてすぐの公園にサッカーの練習をやりに行ったんです。

そしたら、たまたまカズヤが友達と野球をやっていたんです。

もう、夕方近かったんで辺りも薄っすら暗くなり始めて、カズヤの友達たちはみんな帰って行き俺とカズヤの2人きりになったんです。

カズヤと2人きりなんて何年ぶりだろう?

昔はしょっちゅう遊んでたけど俺が高校に行ってからは、ほとんど会っていなかったんですよね。

カズヤは小学生の頃からエロいことに興味があり、俺のチンコを触ってきたり俺が冗談のつもりで触り返すと「勃起してきた!」と言って見せてくるようなオモシロイ子でした。

その日もカズヤはズボンの上から俺のチンコを触ってきて、抵抗しないでいるとパンツの中に手を入れてきたのです。

そしてカズヤは俺に「兄ちゃん、オナニーしたら精子出るの?」と聞いたきたので「出るに決まってんだろ」て言うとカズヤは「兄ちゃんの精子出るとこ見てみたい」と俺のチンコを揉みながら言うのです。

俺は他人に抜いてもらったことがなかったので、やってもらうことにしました。

カズヤと俺は公園のベンチに座り、自転車やバッグで見えないようにしてカズヤに生で扱いてもらいました。

しばらくすると気持ちよくなり、俺はベンチに座ったまま射精しました。

俺のチンポを扱いている間カズヤは勃起していたようで、俺が触ってもいいかと聞くと「いいよ」と言ったので生でカズヤのチンコを触りました。

しかし、カズヤはもう帰らなければいけない時間だったのでその日はそれで終わりました。

以後、カズヤとも会う機会が減りこのようなことは全くなかったです。

 

カテゴリ:ショタ・厨房の最新記事

カテゴリ:野外・露出の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。