Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ホーム » SM調教 » 【ゲイ】男との性行為を命じられたノンケM男の話

【ゲイ】男との性行為を命じられたノンケM男の話

【体験談】福岡県在住のコウイチさんからの投稿。真性のマゾとしてある女王様に仕えていた投稿者。その女王様の調教内容はどんどん過激さを増していき、ついに男同士でのセックスを命じられてしまう・・・

ノンケのマゾ奴隷

 

俺は興味はあるがゲイではない

 

少年の頃からMだった俺は女性とのSEXの経験は多くない

 

女王様に責められることが快感だ

 

まあ、何でもそうだが慣れてくると行為はハードになっていく、M男もそうだ

 

俺の場合一本鞭でボロボロという苦痛系の方向には進まなかった

 

精神的なMだ、飼われているのはクラブの女王様、風俗には顔が広いから色んな人種と交流がある

 

どんなことをしたか紹介しよう

 

70越えのおばあちゃんと終日デート

 

一緒に歩くだけなら親子でも通じるが
①身体をぴったり寄せて腕を組んで歩く
②普通のショップで下着をプレゼントする
③ホテルへ

 

その恥ずかしさは想像を超えるよ

 

相手の婆さんも目的知ってるからべったり身体を寄せてくる、全員が振り返るよ

 

ショップでも「後で脱がせてね」だと

 

こんな精神的な責めが多くなり男へと進んでいく

 

M男2人の3Pだけど当然、男同士の絡みを命じられる相手の男は経験済みらしく躊躇なく俺のものをしゃぶる

 

「お前もしゃぶりなさい」

 

俺は勇気が出なかったよ

 

「また、お婆さんとデートするんで許してください」

 

「若いカップルしかいない場所に行きます」

 

許してもらえなかったね頭を押されて口に含んだよ

 

ゲイの方には申し訳ない表現だが最後の線を越える感じがしたね

 

無我夢中でしゃぶったけどどのぐらいしたのかさえ覚えてない、乳首を吸われ勃起すれば「男でもビンビンになってるよ」

 

男からの愛撫で悶え、思わず背中に手をまわすほどだった

 

その日、初めて男のフェラでイッタ

 

俺は初めてという事で最後まですることはなかった

 

次回の再会を約束したのだが、転勤となり俺のゲイ経験も女王様ともそれで終わりとなるはずだった

 

しかしもう一度経験したいと思うようになった

 

俺はネットでハッテン場を探した

 

「普通のホテルじゃないよ大丈夫?」

 

「知ってます」

 

まずは館内を見て回る風呂、大部屋

 

すでにしゃぶり合う男、見てる男

 

男だらけの世界

 

大部屋は暗くよく見えないが寝ている男に部屋に入ってきた男がアプローチしている

 

二人の行為を見ていると直ぐに俺の股間を別の男が触ってくる

 

「まだ来たばっかりなんで」

 

咄嗟にそんな言葉が出た、立ち止まると手が伸びてくるそんな環境にM心が疼いた

 

時間もたち覚悟も決めた。触ってきた男について部屋の真ん中のマットに横になった

 

「今日、初めてなんです」

 

「何がしたいと思ってきた?」

 

「しゃぶってみたくて」

 

男が俺の手を取り触らせたペニスはギンギンだったそしてデカイ!

 

ゆっくりと口に含む、本当に硬く勃起していると思ったが更にデカくなる

 

とても根元まで咥えられない、自然とイラマチオ状態になる

 

"苦しい" でも少しでも深く咥えたい

 

何度もむせながら咥えたAVで見るイラマそのままだ

 

男の手が頭を掴む

 

「いいか?」

 

「頑張ります」

 

「オエッ」

 

深く加えてキープするのは難しい

 

何度もその繰り返し、寝ていた男が立ち上がった

 

仁王立ちフェラで喉の奥を突かれる、俺も少しでも深く咥えようと男の尻に腕を回した

 

もう始めてから相当時間が経っていると思ったが男の持続力は凄かった

 

「夢中でしゃぶってるな、本当に初めてか」

 

いつの間にか周りにいる男たちの言葉に返事をしマゾである事も告白した

 

「仰向けになれ」

 

男の言葉遣いが命令口調になる、男は肩に膝を当てるもう身動きが取れない

 

「チンポ好きか?」

 

「男好きか?」

 

男の問いに全て「はい」と返事をした

 

男が覆いかぶさりマウントイラマの体勢になる

 

俺は何度もえづきながら耐えた

 

その間に別の男が俺のちんぽをしゃぶっている

 

「早漏なんで勘弁してください!イッタらこれ以上できなくなるから」

 

そこは男同士、イッタら高ぶりが急降下する事に理解があった

 

「精子かけてやろうか」

 

もう誰の言葉かわからない

 

俺は座らされ目の前でしごかれるペニスから出されるザーメンを身体に受け止めた

 

「あったかいです、ありがとうございます」

 

「身体中に伸ばせ」

 

「小さいけどギンギンに上むいてるな」

 

3人の男達とシャワーを浴びた

 

まるでソープのようにボディーソープをつけ絡みそこでまた精子を浴びた、浴室ということもあり顔射してもらった

 

「お前も出すか?」

 

「このまま帰った方が」

 

「そうやな、後悔するかもしれんからな、気が向いたら来週も来るといいよ、俺たちは大体いるから、くせになりそうだろう?」

 

翌週も出かけたよ、それ以上の経験はまだだけど必ずそこまで進む気がする



 

カテゴリ:SM調教の最新記事

カテゴリ:ノンケの最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索