ホーム » 初体験・童貞 » 【ゲイ体験談】家庭教師のアナル課外授業の末路・・・・・

【ゲイ体験談】家庭教師のアナル課外授業の末路・・・・・

大学2年生の家庭教師と

京都府在住の学生さんからの投稿。高3のとき勉強を教えてくれた大学生家庭教師の浩二さん。大学受験が終わった日、浩二さんは投稿者のため課外授業を用意していた。それは同性愛の深い世界で投稿者の人生観を大きく変えることになる・・・・・・
先生と生徒の禁断愛
まさか僕が同性愛者とは気づかなかった。

その事を知ったのは高3の時、大学進学に向けて受験勉強の為に両親が家庭教師を付けてくれたのです。

家庭教師は浩二さんと言う名前の大学2年生の人でした。

切れ長の目をしたイケメンさんで、賢い雰囲気が漂ってました。

受験が終わった日、家に帰るともう浩二さんが来ていて母とお茶を飲んでいるところでした。

母はちょうど用事で出かける時間だったので、家には先生と2人きりになりました。

「試験どうだった、ちゃんと出来たかな」

「うん、多分出来たと思うよ」

「そうか、よかった。今日は特別に徹君に別のこと教えるよ。」

「別のことって何ですか?」

浩二さんは、それに答えず後ろから抱きしめてきて僕のチンポを触ってきました。

「ち、ちょっと、、な、何ですか!!!」

「いいから…じっとしていて」

ズボンのベルトを外してズボンとパンツを一緒に脱がせてチンポを握りしめました。

この瞬間、チンポが勃起して「硬くなったね」と言われキスしてきました。

ねっとりしたキス、舌を激しく吸われて快感が湧いてきました。

相手が男性なのに気持ちいいのです。

そして僕も浩二さんのチンポを弄り握りました。

カチンカチンに硬くなっていまいた。

自分の物以外のチンポを触ったのは初めてでした。

浩二さんはチンポを握ったまま前に来て、跪き僕のチンポを口に含みました。

今まで体験したことのない凄い快感でした。

「浩二さん…僕も浩二さんのチンポ舐めたい…」

「舐めてくれるか」

ベツトに移りお互いのチンポを舐め合いました。

初めて舐めるチンポがこんな味がするのか、と思いました。

無味無臭で硬いゴムを舐めてるようでした。

「徹君、僕のお尻の穴に入れてみるか」

「入れていいんですか!」

「いいよ」

浩二さんはうつ伏せになりお尻を持ち上げて「いいよ」と。

そしてお尻の穴にチンポを入れました。

僕はマンコにも入れた事も無いのですが、こんな感じかなと思って腰を振りました。

やっぱり腰を振るのは本能ですね。

「浩二さん、もう出そうだけど」

「いいぞ、いつでも出して」

僕は浩二さんのお尻の中に射精しました。

射精したあと、チンポ抜くと浩二さんは汚れたチンポを口の中で綺麗に舐めてくれました。

「浩二さんは出さないんですか」

「徹君が口で出してくれるか」

「僕のお尻は使わないんですか」

「いや、徹君にはまだ早すぎるからもっと経験してからじゃないと」

「そうですか…」

口に含んで前後に動きました。

舐める事数分、「徹君そろそろイきそうだよ」

「ウグウグ」浩二さんが僕の頭を押さえて「ううっ」と言って射精しました。

口一杯に浩二さんの精子が溢れて来ました。

酢っぱい臭いと味がしましたが全て飲み込みました。

そしてもう一度激しいキスをしました。

これが僕の体験でした。

 

カテゴリ:初体験・童貞の最新記事

カテゴリ:高校生・大学生の最新記事

コメント1件

  1. ゲイの名無しさん より:

    精子が酸っぱいって…。

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。