ホーム » リーマン・社会人 » 【ゲイ】チンチンのことしか頭にない思春期息子の話

【ゲイ】チンチンのことしか頭にない思春期息子の話

【体験談】富山県在住の男やもめさん(39)からの投稿です。妻に先立たれ父子家庭で中3の息子と二人暮らしの投稿者。ある日息子は、自分はたぶんゲイで一日中チンチンのことばかり考えていると涙ながらに父である投稿者に告白した。父は悩む息子に自分のチンポをさしだし、好きなだけ触ってもいいとやさしく声をかけた末路・・・・・

チンチン好きの思春期息子

私は39歳で6年ほど前に妻と死に別れ、中3の息子と2人で暮らしています。

学習塾から帰ってきた息子に勉強頑張っているか尋ねると、「俺たぶんホモかもしれない。チンチンのことばかり考えていて勉強に集中できない。学校でも塾でも先生の股間ばっかり見てしまう。特に大人のチンチンが気になってしまう。」驚きました。

更に息子は「ネットで動画とかでチンチン見るけど、本物のチンチンが見たくて仕方ない。」思いつめたように言って泣きながら自分の部屋に駆け込んで行きました。

仕事帰りでスーツを着ていた私は、着替えずそのまま息子の部屋に入っていきました。学習机に向かって座っている息子の傍に行き、私は「お父さんのでも良ければ、好きなだけ触ってもいいぞ。」と言いました。息子はビックリして固まっていたので、私は自分のスラックスのファスナーを下ろし、ズル剥けのチンポを引っ張り出しました。

「どうするんだ?このままでいいのか?」と聞くと、息子が「ズボンとパンツ全部脱いでほしい。毛むくじゃらでジャングルみたいなチン毛とか、だらんとぶら下がった大きい金玉とか、ズル剥けで先っぽが赤黒いカメみたいな亀頭、血管が浮き出た長い竿。見せて。」と言いました。

息子が私のチンポをこんなにしかっり観察していたことに驚き、また息子の頭の中はチンポでいっぱいになるまで思い詰めてることがよくわかりました。だから息子の前でスラックスとトランクスを脱いでやりました。

息子はすぐに触り始めます。掌で玉と竿を包み込んで撫で回したり、チンポをつまんで引っ張ったり、チン毛を指に絡ませたり、やりたい放題私のチンポを弄くり回しました。さすがに私のチンポに芯がとおり始めると、息子が「オナニーが見たい。」と言いました。

さすがに渋った顔をしていると、さらに弄くり続けて、とうとう私のチンポはフル勃起状態!息子はそれを見て、「スゲエでっかい。」と興奮しながら言い、私の亀頭をクチュクチュしごき始めました。卑猥なクチュクチュが鳴り響く中、私は気持ちよくなり、息子の手をどけて、自分でフル勃起チンポを高速でシゴキまくりました。

息子の目の前でこんなことと思いながら、でも気持ちよさに勝てず、射精感がチンポに湧き上がってきました。そして、私は「アア、イキソウダ!しっかり見てろよ!」と言いながら更に激しく自分のチンポをシゴキまくっていると息子が「顔にかけて」と叫び、チンポに顔を近づけてきました。

こんなヤラシイことをどこで覚えてくるんだと思った瞬間、「アアアアアア!ア!ア!」息子の顔に思いっきり濃ゆいミルクをぶっ掛けてしまいました。息子の顔をティッシュでぬぐってやると、私に抱きついてきました。

先日も私が昼寝をしていると股間がムズムズするので、また息子が触っていると思い、軽く薄目を開けて見てみると、私のチンポをフェラしていました。

とりあえず勉強はまずまずの成績はとっているようですが、まったく困った息子です。

 

カテゴリ:リーマン・社会人の最新記事

カテゴリ:近親相姦の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。