ホーム » ショタ・厨房 » 【ゲイ】立ちションを至近距離で視姦されたDSの話

【ゲイ】立ちションを至近距離で視姦されたDSの話

知らないおじさんにイタズラされ・・・

長野県在住の学生さんからの投稿です。小4の頃夕方の公園で落し物を探していた投稿者。しばらくするとおじさんに声をかけられ一緒に探してくれことになったのだが・・・・・
白昼の公園で露出
僕が住む家から少し離れた山の頂上にアスレチック遊具があった。

近くにも公園があったけど、山の方が遊具が豪華でいつも友達と行っていた。

山といっても頂上まで1キロ程度の遊歩道を歩くだけだった。

当時小4だったと思う。

その日も友達とアスレチック遊具で遊んだ帰り、小銭を落としたことに気づき、一人で遊んだ場所に戻って探していた。

夕暮れで、あと30分もすれば薄暗くなると思い必死だった。

誰も遊んでいる子供はいなかったが、一人だけおじさんが散歩していた。

気にせずに探していると、突然背後から声をかけられた。

「どうしたんだい?何か失くしたの?」と。

事情を説明すると一緒に探してくれるといい、「さっき、あの辺で見たような…」と、僕の手を引き雑木林の中に連れて行かれた。

僕は急にオシッコがしたくなり、恥ずかしいのでおじさんから離れた場所で立ちションした。

するとおじさんが、すぐに寄ってきてオシッコしてるとこを見られた。

ちょっと恥ずかしくて、オシッコ早く終わらないかと思ってたら、指でチンコを摘まれた。

ビックリして慌ててしまおうとしたら、おじさんの手にかかってしまった。

おじさんは、僕の腕を掴むと近くの岩に座り、僕を前に立たせた。

「可愛いチンチンだ」といい、ズボンとパンツを脱がされ触り始めた。

僕は怖くて声も出せずにいた。

チンコに顔を近づけると口に入れられ舐め始めた。

それはずいぶん長い時間に感じた。

お尻とかも舐められ、チョコレートみたいに美味しかったといってた。

さんざん舐めた後、「僕可愛いから千円あげるね」とポケットに千円札を押し込んで去っていってしまった。

しばらくの間、チンコはチョコレートの味がすると本気で思っていた。

 

カテゴリ:ショタ・厨房の最新記事

カテゴリ:痴漢・覗きの最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。