ホーム » フェラチオ » 【ゲイ体験談】出会い系で知り合ったのが隣人だった末路・・・・・

【ゲイ体験談】出会い系で知り合ったのが隣人だった末路・・・・・

同じマンションの隣人さん!

埼玉県在住の既婚男性からの投稿。出会い系掲示板に近辺でしゃぶり合える方を募ったところ、同年代で趣味趣向が似た相手が連絡をくれたらしい。投稿者は待ち合わせ場所の駅についたが約束の時間が過ぎても相手が見当たらず・・・・・・
ポッチャリ熟年さん
世の中って狭いなぁ、という体験談です。

ある日、とある掲示板に書き込みをしました。

『しゃぶるのもしゃぶらせるのも好きな既婚〇〇才、近辺で長く付き合える人がいましたらメールください』と。

しばらくしてメールが入っていました。

感じが良さそうだったので、何度かメールのやりとりをして会う事にしました。

同年代で趣味も同じ、秘密厳守が第一と言う事はお互いに同じ、不特定多数の人とも遊びたくないと言うのも同じでした。

私は一応、念のために一駅ずらして待ち合わせ場所を決めました。

相手の方も、その方が都合がいいとOKしてくれました。

待ち合わせ場所に到着すると知った顔の人がいて、私はまさかと思いながらも見つからないようにしながら、また気がつかないフリをしていました。

時間を過ぎても現れる様子もないので、イタズラかなとガッカリし一度だけメールを入れて待つ事にしました。

そして返信はすぐに返ってきました。

『約束の場所に居る』と!

私はさっきからそこに居る知った顔の男性を見ました…。

向こうも私を見ていました…。

念のため、もう一度メールを送りました。

男性は携帯を取り出しメールを読んでいます。

これではっきりしました………。

お互い同じマンションの住人だったんです!!!

ここで無視して、バレても仕方ないと思い、その隣人に向かって歩いていきました。

「今晩は、世の中狭いもんですね。」私から声をかけました。

「ええ、本当に。歩きながら話しませんか」

「そうですね…」

駅から少し離れたところにある遊歩道に向かいました。

夜は人気もなく寂しい遊歩道なので悪さをするにはうって着けの場所です。

遊歩道に置かれたベンチに座り「穿いてきたんですか?」と隣人さんが聞いてきました。

「ええ、もちろん穿いてきましたよ、貴方は?」

「穿いてますよ」

「ここじゃなんですから、あっちのトイレででも」

「そうですね」

個室に入りズボンを下ろし、穿いていたパンティーを見せ合い同時にビンビンに勃起したチンコを触り合いました。

「はぁ~気持ちいいですね、やっぱりパンティーは」

「ええ、止められないですね」

「これも何かの縁かな、良かったら上手く付き合っていきましょう」

「こちらこそお願いします」

「はぁ~チンポ....。舐めてもいいですか?」

隣人さんが先に私のパンティーを脱がせしゃぶってくれました。

「ああ~気持ちいいチンポ、気持ちいい~」

しばらくしゃぶってもらい交代しました。

「やらしいパンティーですね、触り心地もいいし。舐めますよ?あんっ、チンポチンポ気持ちいいチンポ?チンポ」

「うんすごく良いよ、もう出そうだよ」

「出していいよ口の中に出していいよ」隣人さんが先に射精しました。

続いて私もしゃぶってもらい口内に射精しました。

この日を境に合う回数が増えてきました。

 

カテゴリ:フェラチオの最新記事

カテゴリ:出会い系掲示板の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。