ホーム » ノンケ » 【ゲイ】チンポへの興味が抑えきれなくなったノンケの話

【ゲイ】チンポへの興味が抑えきれなくなったノンケの話

【体験談】三重県在住のノンケさんからの投稿です。最近無性にゲイ画像を見たくなる投稿者はチンポへの興味が抑えられず銭湯に行った。いろんな生のチンポをゆっくり観察した後、サウナに入った投稿者は前をタオルで隠す小太り熟年に出会った末路・・・・・

チンポに興味がわくノンケ

男に興味は全然無かったはずなのにエロサイトを見ていたらパンティー、穿いてもっこりさせている画像をみていたら勃起まではしないけど後でトイレに行ったら我慢汁でちんぽがぬるぬるだった。

俺もしかして....。そんなわけない、そんなわけないと忘れる努力をしてもまた見たくなってしまうあの画像。

ある日、家族が留守にした日、スーパー銭湯に行ってみたタオルで前を隠している人、ぶらんぶらんさせている人。俺は隠す派。

湯船につかる前に体を洗い流し湯船にはいった。やっぱり広いお風呂は気持ちいいなぁ~。体を少し温め外にある大きなサウナルームに入った。

中に入ると少し小太りのおじさんが汗だくではぁはぁ言いながら我慢している様子。タオルを膝の上に被せあそこは隠していた。

私は少し距離を置いて座った。はぁ~あっちぃ!堪らんなぁこりゃ、と独り言を言っているおじさん。

ひたすら流れてくる汗を拭き我慢する私。膝の上に置いたタオルを外して汗を拭いているとおじさんが、お兄さんいいモノぶら下げてるねぇ~とちんぽを見ながら言ってきました。

私は恥かしくなりすぐに隠しましたが、おじさんが話を続けてきます。

「タオルなんか取っちゃいなよ、俺も取るからさ」

それまでだらーんとしていたちんぽがビンビンに起っているじゃないですか、何でこの人はこの場面で勃起してるんだろと不思議に思いましたが数分先にその意味を身を持ってしる事になったんです。

「隣に行ってもいいいかな。」

「ええ構いませんけど。」

ぎしぎしと床を鳴らしながら歩いてきます。

隣に座ったおじさんは断りもせずいきなり私のちんぽを触ってきました。驚きのあまり飛び跳ねるように立ちあがりましたがなぜか私のちんこは勃起していたんです。

サウナ室を出る事も出来ずタオルじゃ隠しきれない程起っているちんぽ、どうしよう....。

「俺が鎮めてやろうか、こっちおいでよ」

入り口から死角になる角に連れていかれ即フェラ。そのフェラが上手いのなんてって、場所や初めてって事も関係するのでしょうが私は数分で射精してしまったんです。

おじさんの口の中に出してしまった事を謝るといいんだよザーメン好きだからと言ってにやけてました。よかったらこの後俺の家にこない、遊ぼうよと誘われついていきました。

たった一夜にしてゲイになってしまいました。

 

カテゴリ:ノンケの最新記事

カテゴリ:フェラチオの最新記事

カテゴリ:熟年・親父の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。