ホーム » 初体験・童貞 » 【ゲイ】恋してたノンケ友達にヤリ逃げされた話

【ゲイ】恋してたノンケ友達にヤリ逃げされた話

【体験談】鹿児島県在住の学生さんからの投稿です。友達のA君に恋をした投稿者。オナニーする時はきまってA君を想っていた。ある日、部の合宿でバーベキューをする事になった投稿者はA君を誘い夜の散歩に出かける事に成功した結末・・・・・

恋してた友達がヤリ逃げ

何度、彼の事を考えてオナニーした事か。やっと、想像から現実になった。

いつも一緒に遊ぶA君。趣味を通じて付き合い始めた。相手はもちろん、ノンケ。

私は男性しか興味がない。いつもアナルでオナニーして。イク時は彼に中だしされて果てる事ばかりだった。

ある日、合宿があって。夜はバーベキューしたり遅くまでみんなで騒いだ。飲んだ勢いもあったと思う。

"ねぇ、あっちまで探索しない?"といつも通りに誘った。

私は最初から決めてた。始めては彼に捧げる、、いつもディルドでオナニーしてたから、痛くない。ローションも持って、、

夜の潮風を感じながら二人きりになれた。他愛も無い話をしながら、彼に寄り添った。中性的な顔つきで髭も少ないから女に間違えられる事もあった。自信あったんだけど、、

"ちょっと!俺、そんな趣味ないから!"

断られるのは当然。でもいい、想定内。分かってる。でも、、少しだけ寄り添わせてってお願いした。

私のアナルが、疼いてる。心底、A君のアソコが欲しい、、寄り添ったふりして、自分のアナルを触る、、

"感じるっ、、"あんまり長く出来ないけど、体の準備は整った。

おもむろに、A君のアソコをサワサワ、、

"ちょっと、、マジなんなん?どうしたん?ヤりたいの?"素直にウンって、答えた。

A君のが少し大きくなってる。チャックを下ろして、咥えた。嫌がってたけど、本能なのか、我慢してて。

ビンビンになった頃には、A君が私のアナルをサワサワして、、"はぁ、、大きい、、"A君の顔を見ながらのフェラ。いつも想像してたA君。私は、、体だけじゃなくて、本当に好きになった。そして、、

"ねぇ、、私の中に入れていい?"

A君は

"俺は嫌だからね。でも、お前がいいなら一度だけな!"

"うんっ!"そして、ローションをA君のアソコと自分のアナルに塗り込んで。

"入れるね、、"彼をベンチに座らせて、私は彼に背を向けて、お尻を突き出した状態で彼のアソコを受け入れた。

"はぁ、、凄いっ、、"本物は違った。痛くて、、でもいい。初貫通成功。

最初は、私だけ腰振ってたけど。彼も私の腰を持って突き上げてくる。
その度に彼の熱い物をアナルで感じる。想像より、、いいっ。そして、、

"リク、ベンチに両手ついて。後ろからやってやるよ"直ぐに、言われるままの体制になった。アナルが、、丸見えの状態で。A君のが再び入ってきた。私の一番奥の感じる所を容赦なく突いてくる。

"A君!凄いっ!もっと激しくしてっ!"思わず口ばしってしまった。A君の動きが激しくなって、、

"リク、、イキそう、、"

"イイよっ、、私も、、"

"はぁぁっ、、ヤバイっ、、イクっ!"私もアソコを激しく扱いて

"一緒にイカせてっ!!"

"出すよ、、イクっ!!

"奥に頂戴っ!私もイクっ!!"始めて一緒に果てた、、

彼が私の中で沢山放ってくれた、、私も今迄にないくらい、大量に精液が出た、、

あれ以来、彼とは疎遠になった。彼が私を避けるようになったから。

凄い辛い日々だった。大好きな友達だけに、、

今となっては、いい思い出です。

 

カテゴリ:初体験・童貞の最新記事

カテゴリ:高校生・大学生の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。