ホーム » ショタ・厨房 » 【ゲイ体験談】母の前で義父に犯された小房の結末・・・・・

【ゲイ体験談】母の前で義父に犯された小房の結末・・・・・

【体験談】千葉県在住の学生さんからの投稿です。小6の頃、性に目覚めた投稿者は母と義父とのSEXをコッソリ覗き興奮していた。ある日覗きがバレてしまい怒った義父が投稿者を問い詰めるたが、強い口調とは裏腹にギンギンに勃起させていた末路・・・・・

義父に犯された小房

僕は先月、ついに母親とセックスした直後の義父に母親の前で犯されました。

一年程前に母は現在の義父と再婚しました。

当時、小学6年だった僕はSEXに興味があり、義父と母のSEXを覗いては興奮していました。義父のペニスはものすごく大きく。それが母の中に入っていく様は凄まじいばかりでした。

一月もしないうちに、覗いている事が義父にバレていたようです。翌日、覗いた後、自室に戻って少しすると、SEXを終えた義父が全裸で部屋に入ってきました。

覗いてたことを問いただされてる間も義父のペニスは勃起して居ました。義父は問いただしながら、僕のペニスをパンツ越しに撫でてきました。弾みで勃起してしまった僕が慌てて逃げようとすると、義父に押さえ込まれてパンツを脱がされました。

暴力を振るうような人間では無いですが、力は強くとても抵抗できる物では有りませんでした。そのまま手でしごかれて射精してしまいました。

義父は今度は俺の番だなと、自分のペニスに僕の手を持って行き擦らせました。

そんな行為は週に2,3度続き、僕は義父の口に射精する様になり、義父のペニスをフェラするようになりました。精液を飲まされるのは苦痛でしたが、義父が精液を全部飲み干すと褒めてくれるので、段々と達成感のような物を感じる様になりました。

母はどうやら義父と僕がそういう遊びをしているのを知っていたようです。

最近では義父のペニスを咥えている時はアナルをイジられるようになり、今では指だけでなく、細いゴムの棒を根元まで入れられるようになりました。

それからさらに一ヶ月余りしてから、久しぶりに義父と母のSEXを覗いていたら、母もそれに気がついていたようで、異様に興奮して私に裸になって部屋に入ってくる様にいいました。

義父はSEXと中断して、僕を押さえ付けてきました。もう、犯される覚悟が出来ていたので、力を抜くと、今まで母親の中に入っていたペニスはいとも簡単に奥まで挿入されました。

内臓まで一杯にされるような恍惚感を覚えた僕は義父にしがみついていました。興奮した義父は遠慮なく僕の口を舌で犯しながら、腰を動かしてきました。

強烈な感覚に「お!お!おッ!」と呻くしか出来ず、気が付くと、中で義父が射精しているのが分かりました。

その時、僕のペニスも射精しました。オナニーの時とは違い、あふれ出るような射精でした。

それからは母のSEXを見ながら、横でオナニーするようになり、その後は義父に犯される日々が続きました。

その後、義父は僕と母をSEXさせるようになり、僕は母に中出ししながら、義父に犯され中出しされています。

もうマトモなSEXは出来ないと思います。

 

カテゴリ:ショタ・厨房の最新記事

カテゴリ:熟年・親父の最新記事

カテゴリ:近親相姦の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。