ホーム » 男の娘・女装子 » 【ゲイ】金持ち熟年が女装子体験させてくれた話

【ゲイ】金持ち熟年が女装子体験させてくれた話

【体験談】東京都在住の会社員さんからの投稿です。高校1年の頃仲良くなった同級生の家に遊びにいった投稿者。同級生の父は、かわいい男を女装させるのが趣味な金持ち親父で投稿者を見るなりスカウトしてきた末路・・・・・

金持ち熟年が女装子体験させてくれた

会社では男として普通に仕事をし、プライベートでは女装をしている40代前半の男です。

私は小さい頃から女の子に間違えられていました。街では男の子に声をかけられたり、電話では「お嬢ちゃん」と言われたり。

多少声変わりはしましたが、今でもセールスなどの電話に出ると「奥様ですか?」「ご主人いらっしゃいますか?」と言われる時もあります。

私が初めて女装をしたのは高校一年の時。最初に仲良くなった同級生が間違いで、衣替えの後だったので確か6月でしたが、学校の帰りに仲良くなった同級生の家に行きました。

その家庭は変わりすぎている家庭で、同級生と3つ下の弟と親父さんの3人暮らしで、家を見る限り貧乏そうでしたが親父さんは市内の数ヶ所にマンションを持っている金持ちでした。

その親父さんが、女装をさせるのが大好き人間で、それまで20人位女装させたとか。そこで女っぽく見られてた私は「女装してみないか?」と親父さんに言われました。

私は内心嬉しかったです。照れながら「どうしよう」と同級生の顔を見るとニコニコしながら二回うなずきました。

親父さんは体育会系?話が早く「よしよし」と言って押し入れの中から大きな段ボールを出し、女性用の衣服たくさん出しました。下着やシャツやスカート等々何回も試着させられ

「よし!今度服を買ってきてあげるよ!」と言われました。

一週間後、同級生の家に行きました。親父さんが

「近くのマンションに行こう」と言うので、親父さんの車に乗せられマンションに行きました。

行った部屋には、24才の『理花』と呼ばれる女装娘がいました。親父さんに連れられ部屋に入ると理花さんが

「この子誰?」と親父さんに聞くと

「裕子ちゃんだよ」と勝手に名前をつけられました。

大きな紙袋に親父さんが買ってきた私用の衣類がたくさん入っていて、親父さんと隣の部屋に行き言われるままパンツ、ブラ、ブラウス、スカート、靴下を身に付け最後にカツラを被り、大きな鏡で自分の姿を見て吹き出して笑ってしまいました。

ホント女でした。

親父さんには「完璧だ」と感心され、理花さんの所へ行くと「すっごい!女だ!」と驚かれました。

一週間くらい毎日学校帰りに自宅近くの駅を通りすぎ2つ先の駅で電車を降り、理花さんのマンションに通うと、親父さんに「裕子に一部屋与えよう!」と言われ、高校生の私がマンションの一室を与えてもらい本当に嬉しかったです。

その後、夏休みに入ると理花さんが買い物に誘ってくれたり、よく言う『オカマバー』のような所にも連れて行ってもらいました。

バーには20~50代の女装娘や女装娘好きの男達がいました。親父さんもいました。

そこで…32才の男に好かれてしまい、その男にレイプ?されました。

 

カテゴリ:男の娘・女装子の最新記事

カテゴリ:高校生・大学生の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。