ホーム » 男の娘・女装子 » 【ゲイ】初映画館で顔面チンコビンタされ戦意喪失した女装子の話

【ゲイ】初映画館で顔面チンコビンタされ戦意喪失した女装子の話

姉のお古で女装して・・・

愛知県在住の学生さんからの投稿です。家族の留守を利用し、部屋で1人女装を楽しんでいるという投稿者。いつしか、家の中だけでは物足りなくなり人生初の発展映画館に行ってみることに・・・・・・
女装子さんとアナルファック
女装に興味があるボクは、姉が捨てる服の中から少しずつスカートやブラウスを抜き出して集めてました。

でも下着は盗む勇気がなくて、もちろん自分で買いに行くこともできないので姉が高校生のときに使っていたテニスのスコートで代用してました。

姉の使い古した口紅も手に入れて、家族が留守になるとこっそり自分の部屋で女装していました。

女装している時間は本当に何ものにもかえがたい高揚感がありました。

でも段々それだけでは物足りなくなって、ネットで見つけた成人映画館に春休みにいきました。

映画館に入って、すぐにトイレで用意してきた服に着替えました。

スコートを穿いてパンストを着けて、ミニスカートを穿きたかったけど、ミニはデニムしか持ってなくて、ウエストサイズが合わなくて…。

部屋で穿くときにはホックが留まらなくても大丈夫でも外ではだめだと思って、ゴムで伸びるニットのスカートを穿きました。

上はパットの付いたユニクロのキャミでその上にブラウスを着ました。

ちょっとダサイと思ったけど他にないので仕方ありませんでした。

洗面台で口紅を塗って、少しでも女の子らしくしようと髪の毛を真ん中で分けてツインテールにしました。

40歳くらいのオジサンが途中で入ってきて、ジロジロ見られてドキドキしました。

客席に入ると、館内は思っていたよりも暗くて、目が慣れるまでドアの近くに立っていました。

しばらくするとトイレで会ったオジサンが少し離れたところに立ってこっちを見ているのがわかりました。

目が慣れると客席にまばらに人がいるのがわかります。

ボクはとりあえず一番後ろの隅に座って様子を見ることにしました。

DVDやネットのアダルト動画は見たことがあるけど成人映画は初めてで、真剣にみてしまい、スカートの中でオチンチンが大きくなってしまいました。

バレないようにずっと股間を押さえていました。

ふと、気が付くとさっきのオジサンがボクの斜め後ろに立っていて、こっちを見ていました。

ボクも気になって、何度か振り返ってチラチラ見ていたらオジサンがズボンの前を開けてオチンチンを出しました。

もうギンギンに勃起していて、勃起した人のオチンチンを生で見たのはそれが初めてでした。

すっごく大きかったです。

オジサンが根元の方をもってオチンチンの先っちょを上下に動かしていました。

オジサンと目が合って、ボクに見せるためにしているんだとすぐわかりました。

目をそらせてスクリーンの方を向いて、少しして又チラっとみたら、ボクの顔のすぐ横にオジサンのオチンチンがありました。

もう『だるまさんが転んだ』状態です。

あわてて前を向きましたが、今度はオチンチンが髪の毛に触れたのがわかりました。

微かなアンモニア臭とオチンチンの熱もボクの耳に感じました。

身体が動かず、もう心臓がバクバクでした。

オジサンが後ろからボクのうなじと耳の周りを勃起したオチンチンで叩いてきて、ボクは逃げることもできずに、下を向きました。

オジサンがボクの前に来てボクの膝を跨いで今度は前からビンタするみたいにオチンチンで顔をピシピシと叩いてきました。

ある程度のことは覚悟していたつもりだったけど、初めての成人映画館でまだ30分くらいしか経っていないのに強烈でした。

オジサンがボクに何をさせたいのかは判っています。

覚悟を決めて口をあけたら、すぐにオジサンのオチンチンが入ってきました。

オジサンがボクの頭をもって前後に動かして、ボクは歯が当たらないように大きく口を開けているのが精一杯で何もできません。

だんだんと呼吸が苦しくなって、オジサンの腰を両手で押しのけたら、オジサンは隣の座席に置いてあったボクの荷物をどけて隣の座席に座りました。

すぐにスカートの上から股間を触られました。

ボクのオチンチンはあんなことさせられたのに、勃起したままでした。

オジサンがボクのスカートをめくってストッキングの上から太ももを撫でまわして、すぐにボクの腰に手を回してストッキングを脱がせようとしました。

ボクは怖くなってオジサンの手首を掴んで「ゆるしてください。」と言いました。

オジサンは、「触られるのは嫌なの?」と優しく聞いてきました。

意外なほど優しく聞かれて「ごめんなさい」と答えると「じゃあ、触れる?」と聞かれました。

自分から女装して、何かに期待して来たのに、断るのはなんだかオジサンに悪い気がして、うなずくとオジサンがボクの手を取って、オジサンのオチンチンを握らせました。

ボクは自分でするときみたいにオジサンのオチンチンをしごきました。

「いいよ、上手だね。」

オジサンがボクの肩を抱き寄せて耳元で言って「すごくかわいいよ、名前は何ていうの?」と聞かれました。

前から考えていた、『かすみ、です』と名乗ると

「そう、かすみちゃんか、素敵な名前だね」とほめてくれました。

「ああ、出ちゃいそうだよ。かすみちゃん、かすみちゃんの口に出していいかい?」

ボクはうなずいて、自分からオジサンのオチンチンの先を咥えて、手に少し力を加えて、それまでよりも早く手を動かしました。

オジサンのオチンチンの先が口の中で少し膨らんで、それから口のなかに勢いよくザーメンが入ってきました。

自分でしているように、強く握りながら、ゆっくりと手を動かして、ドクンドクンと出てくるザーメンを全部口で受け止めました。

でも飲み込むのはまだ抵抗があってできませんでした。

オジサンがいる方と反対の通路の方に口の中のザーメンを吐き出しました。

口の中に残った分だけ唾と一緒に飲み込みました。

オジサンが立ち上がって離れていきました。

気が付くと、オジサンが座っていた二つ向こうの座席に別の人が座っていました。

その人はメガネをかけていて、サラリーマンのようでした。

大きなバッグを座席に置いていました。

やっぱりジロジロとこっちを見ていました。

さっきの人としていたことを見られていた思うと恥ずかしくなって、また体が熱くなってしまいました。

ちょうど映画が一本終わって、館内が少し明るくなりました。

前に座っていた人が何人か立ち上がって後ろのドアに向かい、ボクの横を通るとき皆、ボクのことを見ていきました。

明るいので、恥ずかしかったのでボクは寝たふりをしていました。

ブザーがなって、映画が始まったので目を開けると、ボクの斜め前の座席に人が座っていて、通路側の斜め後ろにも人が立っていました。

そして、すぐ後ろにはさっきのオジサンが立っていました。

オジサンが前かがみになってボクの耳元で話しかけてきました。

「かすみちゃんは、どういうのが好きなの?しゃぶりたい?見られたい?何でも好きなことしてあげるよ。どう、何してほしいかオジサンに言ってごらん」

ボクはいろいろ想像していたけれども、いざとなったらどうしていいのかわからなくて、正直に「初めてだから、やさしくしてほしい。」とオジサンに言いました。

オジサンは「いいよ、そうだよね、初めての女の子にはやさしくしてあげなくちゃダメだよね。」と言ってボクの頭を撫でて一端ボクから離れて後ろのドアから出て行きました。

そしてオジサンの後ろから通路にいた人も出ていきました。

 

カテゴリ:男の娘・女装子の最新記事

カテゴリ:発展場の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。