ホーム » 痴漢・覗き » 【ゲイ】フンドシ祭りでフリチンにされたイケメン高校生の話

【ゲイ】フンドシ祭りでフリチンにされたイケメン高校生の話

フンドシ祭りで痴漢されました

岐阜県在住の学生さんからの投稿。地元の伝統フンドシ祭りに参加した投稿者。フンドシ一丁の男衆が神社に祀ってあるありがたい御守りを奪い合うらしい。暗がりの中揉みくちゃになりながら奮闘していると、どさくさに紛れて誰かが股間を弄ってきたんだとか・・・・・・
Tバック穿いた男子学生
うちの地域にはある祭りがあります。

夜、ふんどしの男の集団が町内を走って、最後は神社に集まって神社に保管してある大事なものを奪い合うという祭りです。

その大事なものを取れた人は今年1年幸せに暮らせるという言い伝えがあり、それと、地域の店などから出る賞品がもらえるんです。

一年間は幸男として町の英雄的な存在にもなれます。

数十年前までは、その大事なものがひとつしかなかったのですが、現在では賞品の数も増え、大事なものも3個に増やされました。

参加者のほとんどが賞品目的です。

他の地域の人でも参加OKで、たくさんの人が参加します。

高校生から参加できるので、この前初めて友達と参加しました。

知り合いがあちこちにいて見てて、俺達ふんどしなので超恥ずかしかったです。

俺達くらいの高校生くらいから若い人、おじさん、おじいさんも参加してました。

たくさんの白いふんどしをした男の集団が町を走ってます。イケメンもケツをブルン!プルン!しながら走ってます。

最後、神社で大事なものを取り合うとき、神社内は都内の満員電車のようにギューギューになって、電柱の灯りしかないので暗いところで取り合うのですが、物がどこにあるのかわからないし、押されたりしてもみくちゃ状態になります。

ちょうど俺の近くに、その大事なものがまわってきて必死になって掴もうとした時でした。

なんか俺のケツを撫でるように触ったり、ギュッと揉むように触ってる奴がいたんです。

ふんどしを引っ張られたりもされました。

そして前に手が伸びてきてチンコを触ってきたり、抱きつかれたり、俺の体に顔をくっつけて明らかに舐めてきたりもしました。

誰がやってるのか顔を見たいのですが、もみくちゃで暗いし誰だかわかりません。

そして、後ろから誰かが俺を持ち上げて男衆の上に投げました。

よく、ライブハウスで観客の中にダイブするミュージシャン状態です。

そのとき誰かが俺のふんどしを引っ張って取ってしまいました。

俺はフルチンで人混みの上をさまよってました。

降りたくても降りられず、そのあいだもチンコ触られました。

結局、大事なものを触ることすらできず、ふんどしを取られたので手でチンコとケツを押さえて帰りました。

そのとき、高校の女子と会って指をさされ笑われて恥ずかしい思いをしました。

俺はそんなにイケメンではないと思うんですが、こんなとこにもゲイっているのですね。

 

カテゴリ:痴漢・覗きの最新記事

カテゴリ:高校生・大学生の最新記事

コメントは2件です

  1. ゲイの名無しさん より:

    どこの祭りですか?

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。