ホーム » ガチムチ・体育会系 » 【ゲイ】ヤクザを生堀りする選ばれしタチの話

【ゲイ】ヤクザを生堀りする選ばれしタチの話

【体験談】千葉県在住のゲイさんからの投稿です。ヤクザを抱くことに生きがいを感じる投稿者。肉体、チンコサイズ、萎えない精神力など選ばれし者でないとヤクザを抱くことはできない。今日もまた投稿者は刺青を遠慮なく舐め回す結末・・・・

ヤクザを生堀り体験談

またヤクザを犯しました。

全身、竜の刺青のアナルをこじ開け正常位で上から覆いかぶさり、最後はケツの穴の中で中出し。

ヤクザは仕事柄折れる事を嫌う。いきがっているヤクザも本当は甘えたい。女には甘えられないから男に甘えたがる願望を持つ

身なりはラフでよいが、エチケットはパーフェクトにしておく必要がある。

始まったら、刺青を躊躇なく舐めて、わきの下からチンコまで舐めキスを決め主導権を握る。

ナニにピアスが入っている奴や、刺青以外の派手な装飾もいるが怯んではならない。主導権を握られて心を許したヤクザは、全身刺青の体を完全に

身をゆだね、俺が行くまでの時間甘えてきます。

逝くのもヤクザが満足した頃を見はかり逝ける様にします。激しいのより、チンコ挿入した状態で抱かれるのを好みます。

そして、そのタイミングが来たとき、「いつでも逝ってくれ」って声を掛けてくれる。そして、そっと抱きしめて、配慮をもって髪を乱暴に掴み
頭を抱きかかえ・・・腰を振る

そして逝くときはヤクザの目を見つめ

「逝く!」・・

「ウッ!」・・中出し!

もちろん、誰もがヤクザを掘る事は出来ない。ヤクザを抱く体の大きさ力、そして、チンコも大きくなくてはならないし、ヤクザを見てナエたらアウトだ。

ヤクザの寝室はラブホのような感じで、天井には鏡まで設置されていた。

刺青だらけのヤクザは、一般人に抱かれたうえに好きに掘られて中出しを決められる姿を天井の鏡でも見ていることだろう。

タチ経験が長くなり、身体的な要素があればヤクザを抱く事が多分・・出来るだろう。

※.Atention!ゲイ初心者や、ジムなどで体を鍛えていない無い人は真似しないこと!ヤクザは甘える人を選びます。

 

カテゴリ:ガチムチ・体育会系の最新記事

カテゴリ:中出し・種付けの最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。