ホーム » レイプ » 【ゲイ体験談】2泊3日の性処理修学旅行の末路・・・・・

【ゲイ体験談】2泊3日の性処理修学旅行の末路・・・・・

【体験談】東京都在住の学生さんからの投稿です。高校2年生の2泊3日の沖縄修学旅行に行った投稿者。1日目の夜に宿泊宿で談笑してた投稿者は仲のいい友達にノリでくすぐられた。くすぐりに弱く必死に抵抗していると浴衣がはだけ白い肌が露わになった結末・・・・・

性処理男の修学旅行

強烈に記憶に残ってる実体験を吐露します。

高校2年の2泊3日沖縄修学旅行で、私は友達の手によって男の尊厳を失いました。まさか自分があんな目に遭うだなんて・・・

行動班は男女別のクジで決められて、私は友人1人、それほど関係が親しくない2人と組みました。班の仲が良くなり就寝前に同じ部屋でだべっていたんです。

そしたら、浴衣の私を友達がこちょこちょしてきたんです。それに弱い私は無我夢中で抵抗したんですが、もう2人からも抑えられて攻められました。

帯がはだけてインドアらしい白くて細い上半身とパンツが曝け出す状態になったんです。それでも浴衣は袖を通していたので半裸ではなかったです。

どさくさに紛れて不意に股間を掴まれました。

「ちょっっ、何してん・・・・」

応答もなく友達ともう1人(Y)はこちょこちょ、もう1人(A)が睾丸の辺りをまさぐってきました。

それを見たYが直接触ってみたら...と促したので、ズボッと手を突っ込まれて直接性器を揉まれたのです。友達は上半身を押さえるように両腕を掴んだままです。

「本当に辞めて。友達、離してよ」

「勃起してきたぞ」「んじゃ、見てみるか」

結局パンツは脹ら脛まで下げられ、勃起したそれを唾液で濡らした手で扱かれました。敏感になってきた様子を見破られ、片手で陰茎を握り、もう一方の片手で亀頭を刺激してきて・・・

「ん....ふぅ、あはぁ// んぁぁあ......はぁはぁはぁ」

3人のクラスメイトに見られながらAの掌に大量の精液を出して絶頂の山を迎えました。

しかし逝った直後でも刺激を辞めずある程度扱かれた後に、Yにバトンタッチして性急な攻めによってまたしても射精してしまったのです。

「おい友達、お前もやれよ」

!? 友達は断らず素直に私の敏感な所をドロドロの精液を使って、扱いてきました。息を漏らし、声をも抑えられてなくなり、長い間責められて友達の手によって逝かされました。精液は枯れて出なくなるまでその日は虐められました。

失神するかのように寝てしまったのか、起きた時には友達とA、Yはすっかり意気投合していました。

翌日の自由行動ではパンツを履くことが許されず、途中のコンビニでローションとコンドームを買っていました。もう私は自分の身体がどうなるか分かっていました。

予想通り、日中にも関わらずアナルを拡げようと短パンの後ろから手を突っ込まれ触られていました。若い男たちの性を浴びるようにその日の夜も犯されました。

小瓶の酒を呑まされ、酔いが回っているときに挿入されたことはよく覚えています。快感と酔いでフワフワしながら、痛みに耐えて、女のように感じるまで開発されました。

最終日は飛行機とモノレール内で股間を刺激され、修学旅行後には彼らの性処理に扱われていました。

進学した今は付き合いがないですが、性癖が変わってオナニーする際に思いだしてます。

 

カテゴリ:レイプの最新記事

カテゴリ:高校生・大学生の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。