ホーム » ショタ・厨房 » 【ゲイ】隣の布団にこっそり潜った修学旅行の話

【ゲイ】隣の布団にこっそり潜った修学旅行の話

隣で寝ていた友人に・・・

広島県在住の学生さんからの投稿です。中学の修学旅行での1泊目の夜の話です。そこは6人部屋で同級生達は早々と眠りについたようだった。投稿者の隣には普段から仲の良い色黒のKが寝ていた。なかなか寝付けない投稿者はKにイタズラしようと股間に手をのばし始め・・・・・
サウナでフェラされる男性
中学の修学旅行でのこと。

友人のKは色黒小顔の美少年で普段から仲が良かった。

泊まる部屋も3日一緒で1日目も隣の布団がKだった。

みなが寝静まってからKにちょっかいを出したら、まだ起きていた。

さらにパジャマの上から股間を触ってみる。

Kは腰をくねらせて感じたようなしぐさをするので、さらに股間をまさぐってみた。

チンポを上下に摩っていると、すごく固く勃起していた。

皆にバレたらヤバい状況で、どうしてもKのチンポが見たいのと直に触りたい気分になり、パンツの中に手をいれようとした。

Kは、さすがにヤバいと思ったのか抵抗してくる。

しかし強く嫌がっているという感じではないのでさらに続けていると、Kも観念したのか抵抗をやめ、ついにKの勃起したイチモツを生で触ることが出来た。

とにかく生暖かかったのを覚えている。そのままKのイチモツをしごく自分。

おとなしくしごかれているK。

すると今後はKが小声で「自分ばっかりずるいぞ」と言い、俺のモノを触りにきた。

これには驚いた。

自分のはとっくに勃起していて、それが恥ずかしくてこっちも軽く抵抗したが、Kにも勃起したものをしごかれてしまった。

当時はそれだけでも興奮したが、もっと色々やりたいと思い、Kの布団にもぐりKの股間に顔を近づけた。

Kのイチモツは太くはなかったが反り返っていた。

興奮していた俺はそれを口に含んだ。

頭が真っ白になるほど興奮してしゃぶりまくり、ついにKは俺の口の中でイってしまった。

しかもすごく量が多くて、俺はコッソリ布団から抜け出し便所で吐き出した。

俺もフェラしてもらおうと布団に戻るとKは寝ていた…。

 

カテゴリ:ショタ・厨房の最新記事

カテゴリ:初体験・童貞の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。