ホーム » 彼氏 » 【ゲイ体験談】潮吹きチンポにぶっかけた結末・・・・・

【ゲイ体験談】潮吹きチンポにぶっかけた結末・・・・・

会社の部下とエンドレスで

大阪府在住のリーマンさんからの投稿です。マンションの一室で朝から晩まで彼とSEXを堪能する。激しくまぐわい抱き合って眠り、目を覚ますと再びチンポを刺激し合うことを繰り返す投稿者。今日はネット動画で見たことのある潮吹きを何とか成功させようと試みるが・・・・・
責められる男子高生
ベッドのタオルケットを引張って二人にかける、何時しか浅い眠りにつく。

何時しか目覚めるが彼はまだ眠りについている。

トイレに行き、戻ると彼は目覚めていた。

床の上のまま再び抱き合って軽く唇を重ね合う。

キスが激しくなってくる。きつく抱合う。足を絡め合う。

「ハア…ハア…」

数時間前に激しくセックスしたばかりなのに、興奮で頭がおかしくなりそうになる。

背中を手が這いまわる、首筋から順に下へと舌を這わしていき、既に硬さを取り戻した彼を口に含む。

あっという間にギンギンになり亀頭はパンパンに膨らんでいる。

「ああぁぁ…いぃぃ…」

亀頭の表から裏までを舌で舐め回す。

亀頭に近いスジの部分を舌の先でえぐるように…

「あっ! いぃぃ そこいいい・・・ハア ハア ああぁぁ・・・」喘ぎ、そして悶える。

彼が体を反転させ私を口にふくむ。

床に横になったまま69。素っ裸の雄2人、気持ちいいい。

冷房は効いているが二人の汗で床も濡れてくる「ああぁぁ いぃぃ。」

舐め方、含み方が互いに激しくなってくる。「ああぁぁ いぃぃ、部長…イキそうです、出ちゃいます」

咥えたまま頷き口のピストンを速める。

一際大きく喘ぐ「ああううううう で出る・・・・・  ああああああ」

口の中に彼の精子がジワーと広がってくる。

尿道の中の精子を吸いだし、そして喉に流し込む。

ドロットした若い精子が口の中と喉に張り付く口から抜き出しベビーオイルを垂らす。

左手で握り右手のひらで亀頭を撫で回す。

「部長、、ああああ…ダメです」

構わず撫で回し人差し指から薬指の三本で先っちょをレロレロする。

ネットの動画で見つけた男の潮吹き、ホントに出るのだろうか。

「ああぁぁ ホントに ダメですって」

私の腕を抑え、腰を引くように身悶えている。

「我慢しなくてもいいんだよ気持ちいいんだろう。」

更に速く3本の指を動かす。

「でも違うんです出る感覚が違うんです、あああぁぁ うわぁぁぁもう出ちゃいます」

尿道からけっこうな勢いで噴出した。

ピュー ピュー と。

「あっ あっ ああぁぁ いいいいいい。ビューー ビューー とはうぅぅ・・・ジャーーー」って。

「あああ凄い……」

私にもかかってビショビショ。

凄い興奮だ。

自分でシゴク始める。

「イクぞぉぉぉぉおらあ」

ぐったりと横たわり半分萎えた彼に私の精子をぶっかける。

「あああ…出るうううううう」

なんという光景だろうか。

凄すぎるいやらしすぎる、噴出した液体でビショビショに私の精子が。

「あああ凄すぎる、ハア ハア ハア」

横たわる彼に身をかぶせ、二人は重なりあう。

 

カテゴリ:彼氏の最新記事

カテゴリ:潮吹きの最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。