ホーム » レイプ » 【ゲイ】公衆トイレでレイプされたノンケ美容師の話

【ゲイ】公衆トイレでレイプされたノンケ美容師の話

個室で待ち伏せしてた変態男

滋賀県在住の美容師さん(34)からの投稿。その日仕事終わりが深夜になった投稿者は帰宅途中に公衆トイレで小便をしていた。すると真後ろにピタリと立つ怪しい男性が・・・恐怖を覚えた投稿者だが放尿中で逃げ遅れ・・・・・
ギャル男に立ちバック
34歳、美容師してます。

おかげさまでお店のほうは繁盛し、毎日、四六時中女性の髪を触ってます。

ある日の仕事帰り、公衆トイレで小をしようとズボンのチャックを開け放尿中の時でした。

突然『カチャッ』という扉を開ける音が聞こえ、怪しい男が個室から出てきて自分の後ろに立ち止まりました。

時間は深夜1時を過ぎていて、明らかに変質者だと思いました。

少し怖かったですが「あの・・何ですか、後ろに立たないでもらえます?」って勇気を出して言ったんです。

そしたら私のペニスに手を伸ばし、まだ放尿中のペニスを握られてしまったんです。

「おい、やめろ!!」と抵抗しましたが、後ろから強い力で握られたまま個室に移動させられました。

そして、個室でズボンとパンツ脱がされ、そいつが私のペニスを強引にフェラしてきました。

相手が男だから気持ち悪かったですが、意外にも少し時間が経つと半立ちにさせられました。

相手が女の子だったらどんなにいいだろう・・と、悲しかったです。

そいつも服を脱ぎだし、奴のペニスをフェラさせられ、奴の物が次第に勃起していき、後ろ向けと言われ壁に両手付かされると、刑務所のアナル検査みたいに(入った事ないけど)私の肛門を奴の両手でガッと広げられて、奴のチンポで穴をギュウギュウ突かれました。

死ぬ程の激痛を味わいました。

「ああああぁぁぁ!!!」と悲鳴出さずにはいられませんでした。

奴のペニスがMAXになったところで、また咥えさせられました。

髪の毛を捕まえられ、自分のケツに入ってた物を咥えさせられ、気持ち悪くて泣きました。

そして最後は口の中に射精されてしまいました。

しばらくトイレの中で屈辱の涙が少し落ち着くまで待って、トイレを後にしました。

なんで俺がこんな目に?あ〜気持ち悪かった〜

帰ってからも、お尻は痛いし気持ち悪いしで飯が食えず、精液の後味もなんとなくずっと残ってて、数日体調悪かったです。

どうせ犯されるなら女にやられてみたいよ(泣)

男が男を犯したい衝動ってどんなのだよ?

理解出来ない・・・

 

カテゴリ:レイプの最新記事

カテゴリ:痴漢・覗きの最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。