ホーム » ショタ・厨房 » 【ゲイ】学童ボランティアに釣られたショタの話

【ゲイ】学童ボランティアに釣られたショタの話

【体験談】鹿児島県在住の学生さんからの投稿です。小学生の頃、学童保育に通っていた投稿者。そこにはボランティアで手伝いに来ていた大学生のお兄さんがおり、いじめられっ子の投稿者に優しく接してくれた結末・・・・・

ボランティアとショタ

小学生のとき,放課後僕は学童で時間をつぶしていました。

お兄さんはボランティアで来ていた大学生でした。

学校ではクラスメートから,「女みたいだ」って言われていじめの対象にされていた僕に,お兄さんは優しくしてくれました。

学童がない日曜日などにはお兄さんのアパートに遊びに行くようにもなりました。勉強を教えてもらったり,お菓子を食べながら一緒にゲームをしたりしました。

どんどんお兄さんとの距離が縮まっていって,そのうち一緒にお風呂に入るようにもなりました。

裸のまま後ろから抱きしめられるとドキドキしました。僕に性教育をしてくれたのもお兄さんでした。

あるとき,おちんちんが勃起してきているのを発見されて,おちんちんを握られて,そのまましごかれました。びっくりしたけど嫌じゃなくて,

「あっ,あっ…」なんて声を出しながら,そのまま身を任せていました。

おちんちんをしごかれているうちに,それまでに感じたことがない気持ちよさを感じて,喘ぎ声も止まらなくなってしまいました。

そのうち背筋を伝って電気が走るような甘くしびれる感じがして,そのとき僕は初めて射精を経験しました。お兄さんは放心状態になっている僕に,

「のぞみちゃん,女の子みたいに可愛かったよ。」って言ってキスをしました。

それも舌を絡ませるようなディープキスでした。

その日から僕はお兄さんのぺットになりました。

 

カテゴリ:ショタ・厨房の最新記事

カテゴリ:高校生・大学生の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。