ホーム » ショタ・厨房 » 【ゲイ体験談】ショタのむきたて亀頭を両手擦りした結末・・・・・

【ゲイ体験談】ショタのむきたて亀頭を両手擦りした結末・・・・・

少女のような従弟

山梨県在住の大学生からの投稿です。小学生の従弟ユウ君にオナニーのやり方を教えてあげた投稿者。もちろん初精通。その後2人で風呂に入ったのだがイタズラ心からユウ君の股間を泡立てソープで洗ってあげたんだとか・・・・・
アナル処女を奪われた男の娘
「どうだ気持ちよかっただろ?」僕はそう従弟のユウくんに訊ねた。

ユウくんは俯きかげんにこくりと頷いた。

顔がポ〜っと赤いのはお風呂に入っているからだけでは無いだろう。

ユウくんが初めてオナニーを体験した後、僕はいつものようにお風呂に誘った。

いつもは明るく喋るユウくんだけど今日は照れがあるのか口数が少ない。

沈黙に耐え切れず「背中洗ってやるよ!」というとユウくんは「うん!」と少しだけ笑顔を見せてくれた。

ユウくんはとても色白で肌はスベスベしていた。

身体だけを見ていると、まるで女の子と錯覚してしまいそうになる。

一通り洗い終わってもユウくんはかがんで動かない。

「ん、どうした?」と聞くとユウくんは少し恥ずかしそうに鏡越しにこちらを覗いている。

「お、お兄ちゃん…前は自分で洗います…。」と微かな声で呟いた。

その姿を見たら僕の悪戯心が蠢いた。

「こっち向けよ」というと「え?自分で洗うから…」とユウくん。

「早く、洗ってやるからさ!」とこちらを向かせる。

「お、お兄ちゃん…恥ずかしいよ!」と少し焦るがそれを無視して自分の手にハンドソープを泡立てる。

そしてユウくんの少し皮が被ってるおちんちんを優しく触る。

ユウくんは更に頬を紅潮させて「ん、…んんっ。」と声を出す。

するとユウくんのオチンチンは大きくカタくなりはじめた。

「大きくなってきた、どうだ気持ちいいだろ」と囁く。

恥ずかしそうにユウくんは「あ…ああ、…ううん。」と女の子のように声を漏らす。

僕はさらにユウくんの先っぽを指で優しく触りながらゆっくりと皮をむいていく。

「お、お兄ちゃん…何してるの?…ちょ、ちょっと痛い…。」とユウくん。

「皮を剥いてるんだ、大人の男はむけてるんだぜ!」と言いうがユウくんは目を瞑っている。

そうこうしている間にユウくんの先っぽは完全に剥きだしになった。

ユウくんのオチンチンの先はまだ誰にも使っていない純粋でキレイなピンク色をしていた。

「どうだ、むけたぞ!これで大人の仲間入りだな」と言うとユウくんは自分のを見つめながら驚いていた。

「ほ、本当だ。お兄ちゃんの言うとおりだね。こんなになっちゃううんだ。」と目を丸くしていた。

「で、でもなんで?」とこちらを上目遣いに見つつ「お、オチンチンを触り…続けて…るの?」と聞く。

そう僕はまだユウくんのオチンチンを触り続けていたんだ。

僕はニヤリと笑うと「だって大きいままだろ?治してやるよ」と言いつつカリと裏筋を両手で擦り始めた。

「お、お兄ちゃん…だ、ダメだよ…あ、ああっ。」と切なげな声で抗議するのを無視して扱き続ける。

「なあ?先っぽからヌルヌルした液が出てきたぞ、オナニーした時も出てただろ?我慢汁って言うんだ」と言う僕の声も聞こえず目を瞑って耐えているユウくん…。

僕は「気持ちいいんだろ!イキたいときはイクって言うんだぞ?」と言い終わらない時にユウくんが「お、お兄ちゃん…き、気持ちいいいよ!オチンチンがムズムズするよ!」

「…オナニーした時みたいに出ちゃうよ!」とユウくん。

僕は「我慢しなくていいぞ、イっちゃえ!」と言ってやる。

ユウくんは「ああ、…もう無理我慢…できないよ。…オチンチンから出ちゃう。…精子出ちゃうから…イ、イクっ!」と言うと同時に白濁した精液を迸らせた。

よっぽど気持ち良かったのか、グッタリするユウくん。

いつの日か、ユウ君のアナルに入れたいと思っているが、まぁ慌てずやってくつもりです。

 

カテゴリ:ショタ・厨房の最新記事

カテゴリ:初体験・童貞の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。