Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ホーム » 熟年・親父 » 【ゲイ】体型にコンプレックスを持つメタボ腹のブリーフ親父

【ゲイ】体型にコンプレックスを持つメタボ腹のブリーフ親父

I'am デブ

石川県在住のメタボ熟年さんからの投稿。バツイチで、体型にひどくコンプレックスを抱いている投稿者。好きな温泉も、身体を観られないようヒマな温泉をわざわざ選んで行く始末。ある日、温泉に貸切状態で浸かっていると若い大学生3人組が入ってきて・・・・・
メタボ腹のブリーフ親父
私は43歳のメタボのだらしない体型のオッサンです。バツイチ子持ちです。

 

初めの初恋は子供の頃であたりまえに対象は女でしたが、成長するにつれ男に興味を抱くようになりました。

 

そんな自分を振り払うように若くして結婚しましたが、女の感は恐ろしい。…で離婚せまられてしました。

 

子供は学生寮に入ってるため私に自由な時間も増えました。

 

もっぱらな楽しみは温泉に行くこと。行きつけの温泉を週替わりで変えて訪れます。

 

ですが、人の多い場所には怖くて行けません。なんでしょう、自分の身体を観られるのが怖いんですよね。

 

そんなわけで、いつも行く温泉の駐車場はいつも空車に近いがら空き。

 

平日の昼間を狙って行くので当たり前ですね。

 

入ろうとすると、擦れ違うように風呂の暖簾から熟年男性が上がって行った。

 

暖簾を潜ると誰もいない。脱衣場の棚籠にも何一つ入ってない。貸切状態。

 

10分くらいだろうか、独りで浴槽を独占してると、何やら騒がしい声が近づいてきて、浴室のドアが開く。

 

三人の若者が入ってきた。

 

先頭の子の顔がチラリと見えて肌は無駄の毛ない色白で引き締まった身体。チンポは剥けちんぽでピンクだった。

 

(なんで平日昼間にこんな若い子がーー)と焦るも手遅れです。せめてメタボ腹は見せまいと、肩まで湯に浸かって気配を消します。

 

話に聞耳立ててると大学生のようだ。

 

三人はカランで洗い終わり湯船に浸かりにきた。

 

私はせっかくの貸切状態から一転、聞きたくもない会話は耳障りだからと湯船から立ち上がった時、直ぐ隣の男の子が私の股間を凝視した。

 

丁度、彼の顔の高さに位置する我が息子。

 

我が息子は完全に露出はしているが長さに不満がある。自分ではカリ高、短い野太いチンポだと思っている。

 

だから他人がこれに興味を抱く事はない。何故ならデカイ奴は沢山いるだろうし、こんなメタボ体型の汚いオッサンを好む奴もいない。

 

脱衣所に向かって歩いていると、後ろから「デブは嫌いだわ~」と小声で聞こえてきました。

 

しかも着替えている様子をチラチラ観ながら「デブの白ブリーフはキモイな」とまで言っていました。

 

向こうは聞こえないと思っているんでしょうけど、気にしている本人には丸聞こえです。

 

正直ショックでした。

 

腹が立ったので、駐車場に停めてあったその学生たちのらしき車の影に隠れてオナニー。精液をナンバーにぶっ掛けてやりました。

 

嫌な気持ちで休みを終えました。

 

デブでおまけに陰湿なんて救いようありませんね。。

 

走って痩せればいい話なんですが、なかなかそんな時間も作れず、ずっとこんな調子です。

 

デブ親父好きなフェチ男性なんているんですかね?いれば是非出合ってみたいです。。



 

カテゴリ:熟年・親父の最新記事

コメントは2件です

  1. ゲイの名無しさん より:

    まだ遅くない!鍛えろ!

  2. 無名 より:

    貴方みたいな体型好きです。

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索