ホーム » ショタ・厨房 » 【ゲイ体験談】友人の包茎お悩み相談を受けた結果・・・・・

【ゲイ体験談】友人の包茎お悩み相談を受けた結果・・・・・

勃起させて比べてみよう

愛知県在住の学生さんからの投稿です。中3の夏休みに親友のヒロシとプールに行った投稿者。着替え中にヒロシの包茎チンポを見てしまった投稿者。聞くとヒロシは包茎コンプレックスを抱えていたらしく・・・・・
部室のDKカップル
あれは中学3年の夏休みのことです。

仲の良かった友人のヒロシと、受験勉強の息抜きに市民プールへ行ってひと泳ぎしてました。

で、着替えてるときにヒロシのバスタオルが落ちてチンポが丸出しになりました。

私は、靴下をはこうと中腰だったので、目の前でヒロシのチンポを見てしまいました。

いつも一緒にいる仲だけど、チンポを見るのは初めてでした。

ヒロシのチンポは意外にも完全に皮を被っていたので、「ヒロシ、お前、包茎だけど仮性だよな?起てば剥けるんだろう?」と言ったんです。

すると、恥ずかしそうに顔を真っ赤にして「お前だけに言うけど・・・起っても少し被ってるんだ・・・」と言いました。

ヒロシは相当悩んでいたようで、「なあミツル、悪いんだけど後でお前のチンポも見せてくれないか?比べたいんだ・・・」と言われ、ヒロシの部屋で見せ合うことになりました。

そしてヒロシの部屋でパンツを下ろしてチンポを見せ合いました。

ちなみに私のチンポも包茎ですが仮性で、ヒロシほど被ってはいません。

「ミツル、勃起させて比べようよ。」と真剣な顔でヒロシが言うので、俺はヒロシのチンポを摘まんで扱きました。

「お、おいミツル、何すんだよ。」

「だって、勃起させるんだろう?起たせてやるよ。」そう言って扱いて、亀頭を剥いていると「あっ、ああっ、ちょ、ちょっとミツル、気持ち良すぎだって・・・」

ヒロシの息遣いが段々荒くなってきて、「あっ、ああっ、はぁ~」と声を出し始めました。

私は、手を速めて激しく扱いてやりました。

「ああっ!ヤバイ!ヤバイよっ!」

私はその声を無視してヒロシのチンポを扱き続けました。

すると、ヒロシは急にティッシュに手を伸ばして、「あっ、ああっ、あううっ・・・」と凄くエロい声で、ピュピュピュ~~と発射された精液をティッシュで受け止めていました。

「すげーな、ヒロシ・・・ずいぶん出したな・・・気持ちよさそうな顔してたぞ・・・」

ヒロシは恥ずかしそうな顔をして「いきなりだもんな〜、よし今度はミツルの番だよ。」と言うと、ヒロシは私のチンポを扱き始めました。

ムクムクと勃起したチンポを見て、「ミツルのチンポは勃起するとズル剥けだし、俺よりデカいね・・・」と言うと、私と向かい合った状態でチンポを扱いていてくれました。

ヒロシは、立ち上がって私の背後に回って、後ろから私のチンポを扱いてきました。

「あうっ・・・くはあ・・・」

ヒロシのリズミカルな扱きに、私は声が出てしまいました。

「ヤバイ・・・イキそう・・・」と言うと、ヒロシは激しく私のチンポを扱いてきました。

「ダメだ!イク!イクゥ~~~」

ヒロシはティッシュを私のチンポの前に出し、私は精液を噴き出しました。

「すげーよ、ミツルもすげー出たじゃん。」と言いながら、ヒロシがチンポを拭いてくれました。

こうして私達は、受験勉強の合間にお互いのチンポを扱き合って、射精させていました。

他人にチンポを支配されて、同級生に射精を見られる恥ずかしさで、オナニーの何倍も気持ち良く感じました。

やがて2人とも同じ高校に合格しました。

私達は相変わらずチンポ扱き合いをしていましたが、夏になって薄着になると、全裸になって扱き合いを始めました。

全裸だと気持ちが高揚して、しまいにはお互いのチンポを握って抱き合いました。

「俺達って、ホモかな?」

「そうかもな。」

「ホモって、尻にチンポ入れて男同士でセックスするんだろう?」

「やってみたいのか?」

「ちょっと・・・」

俺達はホモやゲイをネットで調べて、ローションを塗らないと痛いということを知り、ネット通販の中でも振り込みで買えるサイトでローションを手に入れました。

ローションを手に入れた俺達は、早速裸になって、「どっちが入れられる?」と言うと、ヒロシが、「俺、ミツルに犯されてみたい。俺って、マゾなのかも・・・」と。

私は、ヒロシを仰向けに寝せて、足を思い切り開いてやりました。

私の目の前に、ヒロシのチンポもキンタマも尻穴も全て丸見えになりました。

ヒロシは、「この格好は、恥ずかしいなぁ」と言うので、「ヒロシ、ケツの穴まで丸見えだぞ。」と言いながら私は足を持ち上げてやると、さきほどよりもヒロシの尻穴は丸見えになり、その体勢のままヒロシの足を広げてやると、全てが丸見えになりました。

「ヒロシ、丸見えだぞ。恥ずかしい格好だね。おいおい、なに勃起してんだよ。あれ、ヒロシ、もしかして羞恥マゾ?」とローション探しの時にネットに書いてあった事を言いながら、私はヒロシの尻穴にローションを垂らして指で突いてやりました。

ヒロシは、体をビクンと震わせて、「あん・・・あ、あはん・・・」と感じていたので、時々尻穴の中に指を入れてみました。

「ああ・・・何これ、マジで感じる・・・はあ、はあっ、はあっ・・・」

ヒロシの尻穴に、机の脇に転がっていたジュースの空き瓶を入れてみました。

「ああ~~~な、何だか、ああ~~、チンポまで響く気持ち良さだよ・・・」

私は、ヒロシの尻穴にジュースの空き瓶を少しずつ深く出し入れしました。

ヒロシは、体をクネらせて感じて、ヒロシのチンポはビクビク脈打ち始めました。

暫くして、ジュースの空き瓶を抜いてみると、ヒロシの尻穴はパックリと口を開いて、すっかり解れていました。

「ミツル・・・たまんねぇよ。そっと、チンポを入れてみてよ。」

ヒロシは、自分で尻穴を広げて私を待ちました。

私は、ゆっくりと自分のチンポをヒロシの尻穴に押し当てていきました。

解した甲斐あって、私のチンポはヒロシの尻穴にヌルンと入っていきました。

ヒロシは少し痛そうな顔をしていたので、「ヒロシ、半分入ったぞ。痛いのか?」と聞くと「少しな。でも、大丈夫。少し、ローション足してくれないか?」

私はチンポにローションを塗りたくって、ゆっくりと腰を振り始めました。

「んはっ、はぁっ、あっ、あっ、くうぅ・・・」

「痛くないか?」

「大丈夫・・・てか、狂いそうなほど気持ちいいよ・・・んあぁぁぁーーーっ」

「気持ちいいの?」

「たまらないよ。ミツル、いい、もっと、もっと突いて、ミツル・・・」

私は、突くたびに揺れるヒロシのチンポを扱きながら、腰を振りました。

親友の尻穴を出入りする自分のチンポと、それが気持ちいいと仰け反る親友、チンポを締め付ける尻穴・・・その締め付けも入口付近だけで中は生暖かく、その不思議な感触にイキそうになってきました。

「ヒロシ、俺、イキそう・・・ティッシュ・・・」

「ミツル、そのまま俺の中でイッてくれ・・・ああっ、精液をくれミツル・・・んああ・・・」

「くうっ・・・ヒロシ・・・出すぞ・・・」

ヒロシのチンポを扱きながら、チンポでヒロシの尻穴を深く抉りました。

ドクッ、ドクドクドクドク~~~・・・とヒロシの腸内に射精すると、ビュビュビュビュ~~~・・・とヒロシも射精しました。

「ヒロシ・・・」

「ミツル・・・」

私達はグッタリとしながらも、ヒロシの尻穴から溢れる俺の精液の始末と、俺のチンポに付いたヒロシのウンチの始末に追われました。

 

カテゴリ:ショタ・厨房の最新記事

カテゴリ:初体験・童貞の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。