ホーム » ガチムチ・体育会系 » 【ゲイ】まわし姿で洗礼を受けた混血巨根の話

【ゲイ】まわし姿で洗礼を受けた混血巨根の話

【体験談】千葉県在住のバイセクさん(31)からの投稿です。大学生の頃の話です。混血投稿者のマッチョ巨根は学内でも有名で、その噂は相撲部OBの加納さん(50)の耳に届いていた。ある日、相撲部から力士の人数埋め要員として頼まれた投稿者だったが、すぐにまわしを付けられ土俵ではなく薄暗い一室に通された結末・・・・・

混血巨根の体験談

ブラジル人と日本人のハーフの父とオランダ人と日本人のハーフの母を両親に持つ、混血のドМ、31歳バイ野郎です。同級生の妻が初めての出産のため実家に帰っているため独身生活を満喫しています。

先週の土曜日、隣町にオープンしたばかりのスーパー銭湯に行って懐かしい人に再会しました。ガチポのスキンヘッド、あごひげの50歳ぐらいのおじさんに声をかけられ、大学時代色々な意味で世話になり、許されないことも教えられた、加納さんだとすぐにわかりました。トイレの個室でしゃぶってくれて満足させてくれました。

「相変わらずかわいい顔から想像できない、でっかいイチモツしてるなー、アゴガ外れるかと思ったよ。」

加納さんがニヤニヤしながら言いました。

大学生の頃のことが、鮮やかによみがえって来ました。中学の頃から男性に興味があり、日本人離れしたガチムチマッチョな大きな肉体、太く長くそして硬いイチモツ、需要があると思いつつも一歩が踏み出せず、せいぜい修学旅行やスーパー銭湯で隠さず股間に集まる視線に興奮する程度でした。

大学生になったら行動に移そうと考えていました。高校時代は大きな体を利用してラグビーをしました。たくましい男たちとのぶつかり合い、タイプの男の子だったりするとドキドキしました。

彼女もいたし、出戻りの隣の娘ともやりまくりました。大学は地元から離れ寮に入りラグビーを続けました。風呂はパラダイスでした。体育会系が集まる寮で裸のガチムチの先輩たちに囲まれて、当然タオルで隠している人は誰もいません。タイプの先輩を目で追い興奮して勃起してくるのをごまかすのに必死になったことも一度や二度ではありません。

タイプの先輩とレンタルビデオ店に行ったときには、アダルトコーナーで「興奮してきた」とスウェットに浮き出たイチモツを見せつけ猛アピールしたこともありました。

当然ノンケの先輩は「お前、すごいなー」と言うだけで大きさに興味を少し見せるものの、誘いに乗ることはありません。

アイツ変態じゃないかとうわさになり始めた、入部して半年がたった頃、1週間だけ相撲部の人数埋めに行くよう頼まれました。加納さんのご指名と聞いて

「きたー。」と思いました。

加納さんは相撲部のOBでたまに練習に顔を出す先輩です。ゲイなのはうわさで聞いていました。最初に加納さんに洗礼を受けてもらうと聞いて興味津々で期待していました。

行った早々からまわしをつけられ土俵から少し離れた建物に連れて行かれました。窓を閉め切った薄暗い部屋の中には1メートルぐらいの間隔で太い柱が2本立っていて、机の上にノートパソコンが置かれていました。まわし姿の加納さんがいて、相撲部の先輩に促されるまま2本の柱の間に足を大きく開いて立ち、両手首と両足首を柱に縛り付けられ、大の字にされました。

パソコンにDVDをセットして再生を始めました。痴漢物のAVでセーラー服の女子高生がおじさんにいじられているものでした。何とか声を出すのを我慢している女の子のトロンとした表情、まわしが窮屈になりやばいと思い腰を引きました。加納さんが目で合図して先輩がまわしを緩めました。

「うわー、何するんだ。」目を見開いて驚く俺。

「30分したら、ほどきに来てやってくれ」

加納さんの言葉に先輩が部屋から出て行きました。加納さんに緩めたまわしを外され全裸の状態にされました。ブルンと飛び出したイチモツ。

「こりゃすごい、うわさ以上だな。今まで何人んか洗礼してきたけど一番でかいぜ。お前興味あるんだろう、風呂で先輩たちの体じろじろ見てるそうじゃないか。ビデオ屋で、もろ立たせて誘うんだってな」

「ラグビー部の先輩に東ってのがいるだろう、洗礼はあいつ以来だから2年ぶりかな。あいつもいい体してたけど持ち物はお前の方がでかいぜ」

確かに、ラグビー部の2年先輩に東さんがいます。坊主にニキビずらの丸顔、風呂でよく声をかけてくるのですがあまりタイプで無いので相手にしていません。

加納さんにしゃぶられて初めて男に咥えられました、ねっとりとまとわりつくような舌の感触、今まで味わったことのない快感に電流が走りました。ローションだらけの手でゆっくりとしごかれました。しごかれながらもう一方の手が、内腿をつたってアナルに近づきました。アナルを揉みほぐす指先。

「クー、ガー。」情けない声を出しました。

「力まない、力まない、力を抜いて。」

指が侵入して来ました。クネクネと動かされる指、何とも言えない違和感。足を閉じることもできずされるがままの状態。

「指じゃ物足りないだろう。」

机の引き出しから細長いフニャフニャのバイブのようなものを取り出し、ローションまみれにしました。

「あんなに長いものを入れられるんだ)と少し怖くなりましたが、どうすることもできず、受け入れるしかありませんでした。ズブズブと深くまで差し入れられ何か出そうな違和感、快感なのか何なのかわけがわからなくなり

「そろそろ先輩がほどきにきてくれるかな。」

そう言うと加納さんのしごく手が早くなりました。足音が聞こえ、ドアが開くのと同時に体液がドロドロと床に飛び散りました。一瞬固まる二人の先輩たち。

「スゲー、でかい、20センチはあるんじゃないか。」

アナルからズルズルと引き抜かれるものを見て、「あ、」目を見開き言葉を失ったようでした。俺はと言うと恥ずかしいやら、何とも言えない気持ちになりました。

期待していたとはいえまさかここまでされるとは。先輩たちに自由にされましたが、

「大学にいる間、もっともっと恥ずかしいこと教えてあげるからね。」

耳元でささやかれた加納さんの言葉に込み上げる何かを感じました。続きはまた書きます。

 

カテゴリ:ガチムチ・体育会系の最新記事

カテゴリ:巨根の最新記事

カテゴリ:高校生・大学生の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。