ホーム » イケメン » 【ゲイ】やっと出会えたナルシスト優男の話

【ゲイ】やっと出会えたナルシスト優男の話

【体験談】東京都在住の社会人さんからの投稿です。優男風イケメン好きの投稿者は出会いを求めてハッテン場に通っていたが、タイプの男性に巡り会えずにいた。そこで、今まで悪い噂を信じて敬遠していた出会い系サイトにチャレンジし優男風イケメンを募ってみた結果・・・・・

ナルシスト優男

時々、ハッテン場へ行くのですが、僕の好みである優男風のイケメンになかなか出会えないんです。

あんなにたくさんの男が居るというのに…。運が悪いとしか言いようがありません。仕方がないので多少妥協していたのですが、やはり一度くらいはタイプの男性にガッツリ掘られてみたいなと思い、僕は出会い系に登録をしました。

「業者やサクラなどがいる」

という良くない噂もあるようなので、いささか警戒していましたが、もはや背に腹は代えられません。サイトを知ったきっかけは

「ゲイ出会いや攻略ならGEY」

というゲイ体験談や男同士の恋愛について詳しくかかれていたのでそのサイトを参考にしてゲイ出会い系にチャレンジしました。ハッテン場では運が無い僕でしたが、出会い系ではツキまくり!!

そんな状況を妄想しましたが、甘かったです。

メールが全く来ないのです。待てど暮らせど、一通も来ません。あまりにも寂し過ぎる状況です。もはや

「業者やサクラからのメールでも良いから欲しい」

という、どうしようもない精神状態にまで追い込まれました。それでも性欲の力は凄いもので、僕は諦めずにサイトへログイン。優男風イケメンを募る書き込みを繰り返しました。とはいえ仕事がありますから、ずっとスマホにかじりついているわけではありませんが。

「メールなんて来なくて当たり前」

ぐらいの気持ちで、利用を続けたのです。

そしてある時、僕はやっと、長くて暗いトンネルを抜けることができました。

「初めまして。俺、絶対にあなたの好みだと思うんだけど。プロフィールと写真あるので見てね」

「多分」などではなく「絶対に」という確定的な物言い。少々「ん?」と引っ掛かる感覚がありました。相当自信があるのだろうか…と思いつつ写真を見ると、確かにイケメンでした。そこはかとなく品があり、色白で、細面。痩せた身体。まさしく僕の好みです。これなら自信があるのも頷けます。

返信をして、何度かやりとりをしたわけですが、やりとりの最中にも度々引っ掛かる感覚がありました。以下は彼の発言の一部なのですが…。

「俺は鏡に写る俺自身の姿でヌケる」

「○○さんは俺と出会えたことで全ての運を使い果たしたかもしれないね。笑」

「なんかどこに行っても、視線を感じるんだよねぇ…」

…僕は、「ん?」と引っ掛かる違和感の正体に気付きました。どうやら彼は、ナルシストであるようだ…と。

まあここだけの話、僕も風呂上がりなどに鏡を見て、自分の裸を眺めてしまうことがありますが、さすがに彼ほどのナルシシズムは持ち合わせていません。やりとりで感じた彼のナルシストっぷりは、ベッドの上でもいかんなく発揮されました。

「俺は指使いも美しいんだよね。気持ち良いでしょ?ん?」

彼はそう言いながら僕のアナルに3本の指を突っ込み、ハァハァと息を荒げていました。僕のアナルに興奮しているのか…それとも自身の華麗な指使いに興奮しているのか…定かではありませんが、確かに彼の指入れは、絶妙な力加減で行われました。気持ち良いでしょ?と聞かれ、素直に

「あっ…はいっ…」

と答えてしまいましたから。優男風の外見にピッタリな、しなやかな愛撫をしてくるのですが、挿入の時だけはやたら激しいです。外見からは想像もできないような、野太く、低い、野性的な声で、

「ああ、キツイ!!締まる!!もうイク!イクぞ!!」

その野性的な声と彼の激しい突きに後押しされ、僕もまた

「あっ!イクッ!イク~~~!!」

ハッテン場での妥協したセックスとは比べ物にならない、快感に溢れた絡みでした。

終わった後、彼は僕の背中をいやらしくなぞりながら、挿入時とは違う優しい声で

「またやろうな…」

と囁いてきました。

 

カテゴリ:イケメンの最新記事

カテゴリ:出会い系掲示板の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。