ホーム » ノンケ » 【ゲイ】ガン堀りしてくれたノンケ同僚の話

【ゲイ】ガン堀りしてくれたノンケ同僚の話

【体験談】三重県在住の会社員さんからの投稿です。職場のゲイ同僚と別れた投稿者は会社内で顔を合わせても軽い挨拶程度で距離をおくようになっていた。投稿者には心の許せる仲の良いノンケ社員がおり、嫌われたくないのでゲイ同僚との事だけは内緒にしていたはずが、感づかれていた結末・・・・・

ノンケのガン堀り

私はゲイです。

職場の同寮のゲイと間係がありましたし職場ではうすうす私達二人との間係は噂になっていたようです。

数年たった頃、そのゲイは他のゲイと付き会い私とは疎遠になっていました。その頃私とよく雑談していたノンケの同寮は、私が関係のあったゲイと距離をおくようになっている事に気付いていたようです。

ある夜、アパートの1k部屋で一人床に入りテレビを観ていると扉を叩く音がしました。開けてみるとノンケの同僚でした。

部屋に入り雑談をしながらビ―ル飲んでいました。夜10時を過ぎたので酔いがさめてから帰るように言いました。

一つの床に二人で入り、ソット手を彼の太ももに当ててみるとパンツを下にずらしていました。私はまさかと思い股間に手をやりそのモノを握りしごいてみました。見る見る内に勃起し、私はすかさずくわえました。口と舌で存分にフェラし彼が口の中に性射しました。そして含んだままにしていると再び勃起してきました。

私は彼のモノをアナルに導き上下を繰り返し、そして正常位。それはながく続きピストンも速く遅く続きました。

あれほど歓喜に包まれたのは生まれて初めてでした。

 

カテゴリ:ノンケの最新記事

カテゴリ:リーマン・社会人の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。