ホーム » ショタ・厨房 » 【ゲイ】授業中に友達の手コキでイカされた中3男子の話

【ゲイ】授業中に友達の手コキでイカされた中3男子の話

【体験談】鹿児島県在住のおとげささんからの投稿。気弱な性格で性的なことには全く無知だった中学時代に1人の友達の手によって射精させられる投稿者。幼い投稿者にM性癖を植え付けた刺激的な体験・・・

同級生の手コキ

その当時の俺は158センチ43キロで学年でも前から3番目の小ささ。見た目は坊主だが、制服も襟を全部とめて毎週クリーニングに出して、靴もきれいにしている、イイとこの子みたいな印象だったと思う。
小学から中学2年の2度の修学旅行やプールなどでも一度もチンコを見られることなくここまできた。

中1の頃から通う家のすぐ近くの学習塾には中3となった今、同じ中学の同級生だけ6人が通っていた。

男4人女2人。小さな6畳ほどのプレハブでそこの塾は先生の実家の敷地内に建てられていた。机と椅子ではなく、畳に正座して座る長机タイプ。それが3列あって、女の子2人、男が二列目、三列目に分かれて座っていた。

俺はいつも一番後ろに ヤンキーの同級生で俺とは身長差が20センチくらいあった大原ってやつと座っていた。大原は俺には優しかったけど、金持ちのボンボンで、性格もあまりよくはなく、みんなに嫌われていた。

その当時、大原が親しくしていたというか、子分みたいなのが二人いて、その二人は大原にいつも殴られたり、ひどいことをされているのは知っていた。

冬だったと思う。俺は一度実家に戻ってからジャージに着替えて塾へ向かい、いつもの席に着いた。

大原が「亮ちゃん(俺)、明日土曜だから遊びに行かない?」と誘ってきた。

俺は「明日は親戚が集まる日だから無理だ」って答えたら、「えーー、いいじゃんちょっとだけ」とか何度も誘ってきた。それを何度か断るうちに大原が俺のわきをつついたり、くすぐってきたり、プロレス技のようなことをしてきたりしてきた。
俺も最初はめちゃめちゃ笑ったりしていたが、そのうち電気あんまになり、上の服の中に手を入れてきたりした。

そんな時に塾の先生がちょうど入ってきて授業が始まった。ようやく解放されたと思っていた矢先、今度は先生が黒板に字をかくときになると俺を触ってくる。

しばらくすると先生が「15分テストね」といい、プリントを配り、その部屋から出て行った。

すると大原はここがチャンスとばかり俺に少し近づいてきて 俺の股間を手で触りだした。

俺がびっくりして「ちょっ」と言うか言わないかで シーッと指を口にあてて、俺たちの前の机で真面目に小テストに取り組む同級生たちを見て、「ばれるよ」って言った。

俺は今までちんこを見られたり触られたりしたことがなかったので とにかく屈辱的だし、恥ずかしいしで何がなんだかわからなくなった。しかし体は正直で10秒も触られてないのに、俺のかわいいちんこは勃起し始めた。

大原はすぐにそれに気づき、オーーーッと声にならない声で俺を笑いながらみて、今度はジャージのズボンの中に手をいれてきた。俺は必死にその手を払いのけるが 体格差がありすぎなうえに大原はめちゃ力も強くて、あっという間に俺のパンツの中に手をすべらせた。

そして、俺の、まだ生えかけくらいのちん毛に到達し、「ちん毛はえてたんやね」と小さな声で笑いながらわさわさと触ってきた。俺は腰をひいてこれ以上は絶対に触らせないと頑張ったが、大原側の俺の足を引っ張られ、大原にさらに近づくことになった瞬間、俺のかわいい包茎ちんこは大原の手の中にあった。

思わず「あっ」と声がでてしまい、大原も一瞬ひるんだが、また「みんなに言うよ」的な顔をして俺の勃起してる竿をしっかりと根元から確認するかのような触り方で 俺の朝顔のようなドリルチンコの先っぽに到達した。

俺は半ば放心状態で、今同級生からちんこ触られてるというのと、ほかの人は真面目にテスト受けてるという、この状況に少しエロを感じてしまい、不覚にもまた声にならない恍惚の「あっ」を大原に見せてしまった。

すると大原は余計に喜んで、自分のノートに「亮ちゃんちんこついてたんやね。みんなに明日教えよう」って書く。俺は必死に口で「だめだめだめだめ」って何度も大原にお願いする。

するとまたノートに「じゃこのままテスト受けて」って。俺はエーーッて思いながらもみんなにまだ薄すぎるちん毛と包茎をばらされたくなくて仕方なくジャージの中に大原の手が入ったままテストを受けていた。その間大原はずっと俺の勃起しても先がしわしわの俺の包茎ちんこをずっともんでくる。

おそらく2,3分だと思うが 急にそれはやってきた。

俺は中3になってから毛も生えはじめ、オナニーもそのあとから始めたばかりで、とにかくそっち方面はうとかった。その俺に大原の先っぽ集中モミモミはほんとに強すぎる刺激で、じゃこのままテスト受けてと言われてから、ほんの数秒後にちんこがジーンとしてきた。

やばいやばいと口で大原に伝えるが、大原はにやにや笑いながら手を離してくれない。ほんとにやばいと思ってまた腰を引こうとしたら、大原が俺を横向きにさせて俺の真後ろの体制になり耳元で「亮ちゃんかわいい、俺にイカされるよ、ほらほら」とさらに強めに俺の先っぽをつまんだりゆるめたりを繰り返してきたその瞬間、「あーーー」俺は大原にイカされた…

大原は俺の発射を最後まで絞り出し、満足げににやにやとこっちを見ている。

死にそうなくらい恥ずかしかったが、今度はズボンにしみてくるのと匂いが部屋に充満するのが心配で俺はとにかくその場を離れたくて、すぐにたちあがり、ドアをあけトイレへと向かった。

大原にイカされた俺は そのジャージの中でぐちょぐちょまみれになってるパンツとちんこをとりあえず拭こうとトイレに向かった。そこのトイレは野外にポツンとたつ昔ながらの木造トイレで、扉付きのトイレだけだったが、古くて鍵が甘かった。

俺がジャージも脱いでパンツも脱いでティッシュでパンツからふいていると突然ドアがガチャンといい開き、ドアの前には また大原がにやにやしながらこっちを見ていた。

「ちょっと、何?まじでやめて」といいドアを閉めようとしたら、「あ、いいのかなそんな態度で。亮ちゃん、今フルチンだよ。外に引っ張り出そうか?」と大原。

「やめて、それだけはやめて」というと、大原がドアを閉めてトイレに入ってきた。

「亮ちゃんちんこみせて。俺まだ亮ちゃんのだけ見たことないから」という。

たしかに修学旅行でたいがいはみんな見せ合いや見せ合いをしなくても一度は同級生のちんこを見たりしていた。俺はほんとにその当時なよなよしていたので、ちんこを見られるとかありえなくて修学旅行でも具合が悪いと先生に言って夜中に調子がよくなったといい、一人で大浴場に入らせてもらっていた。プールの着替えも一番最後に着替えたり、そのまま水着の上からわからないように制服をきたりしていた。

そんな誰にも見せていなかった俺のちんこを大原は今目の前にしている。

「いやだよ、さっき触ったじゃん」というと、「さわったけど見てないから。手をどけて」といいながら俺をまた後ろから羽交い絞めにして両手を後ろにまわさせた。

そしてついに「あーーー、めちゃ皮かぶってる笑 亮ちゃんちんこもかわいい」といい、まだザーメンもふいていない俺の朝顔ちんこをまたさわってきた。

「俺がふいてやる」そういうと大原はティッシュをぐるぐるまきにして、俺のちんこをふき始めた。

「そんな泣きそうな顔すんな。俺亮ちゃん前からかわいいって思ってたから、誰も見てないちんこを俺が一番に見れてめちゃうれしい」とか言い出す。

「いやだ」といってもう泣きそうな俺…

すると「でも亮ちゃん、ちかいうちにAとかBとかC、Dなんかからも襲われるはずだよ笑」と大原がいい、「亮ちゃんかわいいしモテるから、みんな歯がゆい感じやらやきもちやら、ホモやら笑 ねらってると思うよ」とも言われた。

とてつもない恥ずかしさと屈辱的な思いもあったが、同時になんだか同級生にちんこを見られてよかったと思う気持ちと、恥ずかしくてエロくなった自分自身のМな部分が今からどんどんでてくることになるとは まだその時はわからなかった。

 

カテゴリ:ショタ・厨房の最新記事

カテゴリ:ノンケの最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。