ホーム » 初体験・童貞 » 【ゲイ体験談】先輩に強姦された童貞高校生の末路・・・・・

【ゲイ体験談】先輩に強姦された童貞高校生の末路・・・・・

汗ダクで抱き合って・・・

東京都在住の高校生からの投稿。バレー部に所属している投稿者。ある日先輩から家に遊びに来いよと誘われたという。夏の暑い日にもかかわらず熱々のラーメンを食べさせられ、汗が止まらず・・・・・
騎乗位の青年
高校生の2年生のときの話です。

僕の体験というのは強姦をされた感じのものでした。

2年生に夏休みに、バレーボール部の先輩が部活の休みのとき、「俺んちへ遊びにこいや」と誘ってくれました。

特に仲が良かったという感じではなかったのですが、これは仲良くなれるチャンスかも知れないと思い翌日、先輩の家へ行きました。

先輩は、「今日は家族が留守だから、遅くまで居てもいいぞ、飯も一緒に作って喰おや」と言われ、とりあえず昼飯にラーメンを作ってたべようと言うことになり、冷蔵庫の中の野菜なんかを使ってラーメンを作りたべました。

暑い夏に熱いラーメンでクーラーがかかっていても、汗がびっしょりになりました。

「暑いな〜、一緒にTシャツを脱いで裸になろうや」といって、お互いに裸になり、半パンも脱いでパンツ一枚になりました。

僕は、トランクスだったけど先輩は、超いやらしい黄色のビキニのパンツでした。先輩のビキニのモッコリは、すごく目立っていていやらしさを感じさせていました。

しかも先輩は僕に見せ付けるようにわざと胡坐をかいて、僕の横に座っており自然に先輩のモッコリが目に入りました。

「あついーーーー」といってビキニにも汗でゴムのところが濡れています。

ラーメンを食べ終わって、「暑いな、汗止まらなんなぁ。見て見な」と言って、ビキニのゴムを引っ張ってビキニの中が見えるように僕に見せてきました。

先輩の陰毛はすごい量だったしチンポも垂れていたけど大きそうでした。

僕は目のやり場が無くうつむいていると、先輩は、とし「見なよ」と言って、僕の手をひっぱって先輩のビキニの中に入れて、大人のようなものを握らせようとしてきたんです。

僕は仕方なく、震える手で先輩のチンポを握っていると「とし、手が震えているぞ、かわいいな〜」と言って先輩が抱きついてきたんです。

お互い汗ダクダクのまま、しばらく抱きあっていました。

汗を流そうと言ってシャワーを浴びようと二人で風呂に入ることにしました。

先輩は、やさしく洗ってあげるよと言って、シャワーを全身に吹ききつけボデーシャンプを手で全身に塗りつけ、胸から腹、背中、わき腹から腰と前へと進んできました。

「先輩、そこは僕がやります。」と言うと「いいよ、じっとしていな、綺麗にしてあげるから」と言って泡だらけの手で洗うと言うよりも揉むって感じで、恥ずかしいものがビンビンになってきて、先輩は「かわいいな」と言って、僕を胸に抱きかかえるようにして抱きかかえて何かすごく甘える感じになり、先輩の胸に抱かれるままになってしまいました。

すると、後ろから先輩のものが固くなってお尻の割れ目に入ってくるのがわかりました。

「せんぱい・・・・」と甘える声が出てしまい、先輩は僕に口にくちづけしてきました。

後は「ベットで・・・」と言って、シャワーで泡を流して体を拭きあって二人ともビンビンのままお互いに「エッチ」とふざけあいながら、全裸のまま二階の先輩の部屋へ入ってそのまま二人とももつれながらベットに倒れて、先輩のリードでされるがままになっていました。

僕ははじめての出来事で、これから何が起こるのかわたらないので緊張しっぱなしで、先輩にされるままにしておりました。

先輩は色々と経験があるようで、ビンビンの僕のチンポを口に含んでチンポの先を、舌先で舐められ、すごく気持ちよくはじめての経験で狂いそうになりましたが、先輩は優しくなだめながら僕のチンポを口でやさしくしてくれました。

先輩は、僕の股の間に顔を突っ込んでお尻の穴を舐めたときは、初めての経験でびっくりしましたが、これがまたすごく気持ち良くて、「あ、あ、あ〜〜ン」と変な声を出してしまいました。

先輩は僕の股の間に入って両脚をあげてお尻の穴が見えるようにして、すごく恥ずかしく、「いや~~~恥ずかしい」と口に出てしまいました。

そして先輩は、軟膏のようなものを尻の穴に塗り、自分のチンポにも塗っていたので「これはもしかして・・・」が現実になり先輩は、「力を抜きなよ」と言って「今から俺のを入れてやるからな、少し辛抱しなよ」と言って尻の穴に先輩のチンポの先が当てられ穴を開けて入ってくるのがわかりました。異物が入ってくる感じで、大きなものが入ってくるので、痛みを感じ「いた~~~い」と叫んでしまいました。

「力抜いて、少し辛抱しなよ」と言われ、先輩は、ゆっくり僕の中に入ってきました。軟膏のすべりで先輩のチンポの頭が入り、ホットしました。

先輩は「頭が入ったよ」とやさしく言って「このまましばらく静かにしておくからな」と言ってしばらくそのまま僕をやさしく抱きかかえてくれました。

僕も「先輩が入ってきている」と何かわからない安心感になり、先輩は「痛くないか」と声をかけてくれたり、やさしくキッスをしてくれたりして、痛みが安らぐと「ジャー一気に根元まで突っ込むぞ」と言って「辛抱しなよ」と言って、腰を一気にくっこんできて先輩のチンポの根元まで入りました。

「根元まで入ったぞ、よく辛抱したな」と言って慰めてくれました。

やさしく口付けをしてくれ、僕も「先輩のものが入って先輩とつながっているんだ」との安心感で、痛みも和らいできました。

先輩は「としの穴がメッチャしまっていいよ。動かすぞ」と言って腰をガンガン振って僕の穴を攻め立ててきました。

頭が真っ白になり、「ああああうううううういいいいい」を声が出てしまい、先輩は「とし としいいぞメッチャ気持ちいいぞ。とし かわいいよ。としの中にぶっ放すぞ」と。

「あああああ先輩僕の中に出してーーーー」と叫んでしまいました。

先輩は一気に出して僕に抱きついて優しく突っ込んだまま、キッスをしてくれました。こんなことはじめての経験で、終わっても先輩に抱かれて先輩のベットで抱かれて休みました。

 

カテゴリ:初体験・童貞の最新記事

カテゴリ:高校生・大学生の最新記事

コメントは3件です

  1. ゲイの名無しさん より:

    若いってうらやましいわ!

  2. ゲイの名無しさん より:

    強姦より、100倍優しくて草…もう至れり尽くせりじゃないですか…(泣)先輩好きだったのかな…
    続きがあるならお待ちしてます

  3. ゲイの名無しさん より:

    バレー部ですか‥‥思い出しちゃう💕
    私もバレー部に入っていて、高校に進学してからもバレー部でした❤️ 取り立てて凄く上手い訳じゃないですけど、強豪校だと一軍でレギュラーになるのは大変なので、中堅の高校で二軍スタートでした。 でもバレー部ってゲイが多いって言われますけど、やはり他聞に洩れずやはりそうで、私も恋愛対象は男の子でしたから、心の中では花園でした❤️ 最初は基礎体力を付ける為に、ランニングや腹筋や腕立て等々で、先輩の練習の球拾いが続きました。唯一球を受けるレシーブの練習があって100本レシーブで、受け損なうとオチンポに当たったり、飛び込んで排球しちゃってトランクスがずれて脱げたり、オチンポが床に擦れて痛かったりしました。そして練習が続いた3ヶ月が過ぎたある日、バレー部の部室に私を含めた一年生部員の3人だけが先輩から呼ばれたんです。先輩は5人いて一人は副部長でした。私達3人はパンツ一枚の姿にされて、メジャーで身長や胸囲や腕の長さ等々を計られて、その計測の間に私達の金玉を先輩達は触っていたんです❤️すると私だけ残されて他の二人は退室させられて、副部長はいきなり私のパンツまでも脱がせて全裸にされちゃったんです❤️そして私のオチンポをウェットティッシュで拭かれて、副部長の手のひらに私の金玉が載せられて転がすように揉まれていました❤️「はぁッ💕あぁぁッ💕‥‥せ、先輩ッ💕」私のオチンポは少し膨らんで半起ちになっていました❤️『ほらぁッ💕○○君‥‥君はこれが好きなんだろぅッ💕‥‥フフッ💕ちゃんと情報は入ってるんだよ~❤️優しく玉を転がしてやるよッ💕楽しく部活をしようねッ💕』気がつくと他の先輩は全裸になっていて、オチンポをシゴキまくっていました❤️そして私の金玉を他の先輩が揉み撫でまくって、副部長も全裸になってオチンポをシゴキ始めたんです❤️私はテーブルの上に仰向けに寝かされて、先輩達5人の唇や舌が私の身体中を舐めシャブリ吸いまくって来たんです❤️そして副部長は私の金玉を舌で舐め吸いまくって、もうフル勃起しちゃっている私のオチンポの皮を剥いて、先汁でヌルヌルになっている亀頭を口に含んでフェラチオを始めちゃったんです❤️副部長は私のオチンポをフェラチオしながら、私の肛門の中にローションを注入しています💕そして指にコンドームを被せて、そこにもローションを垂らして、私の肛門の中に指先をゆっくり挿入して浅目に抜き差しをして肛門の周りを解しているんです💕他の先輩からは乳輪や乳首を舐めシャブリ吸われて腋を舐めしゃぶる先輩、私の唇や舌をシャブリ吸う先輩‥‥❤️私は身体中が蕩けるような物凄い恍惚感と堪らない快感に震えていました❤️そして副部長の挿入している私のアナルの中の2本の指が、私のオチンポの方に曲げられてAスポットの前立腺にピッタリ擦り撫でられて、その指使いが巧みで私のオチンポがビクッビクッビクッ💕‥‥って痙攣しながら物凄い射精感に向かって行きました❤️『あぁあぁあぁぁぁぁッ💕はあはあはあはあはあはあ‥‥はぁはぁはぁぁぁぁぁッ💕‥‥せ、先輩ッ💕はぁはぁぁぁッ💕ダメ~❤️‥‥イッちゃう💕イッちゃう💕あぁあぁぁぁッ💕‥‥出るッ💕出ちゃう💕恥ずかしい~❤️‥‥はぁはぁはぁはぁッ💕』「ほらほらほらぁッ💕○○君‥‥もうザーメンが噴き出しちゃうよねッ💕‥‥僕達に○○君のトコロテン射精を見せてよッ💕」『あぁぁぁぁぁ~ッ💕イッちゃうイッちゃうイクイクイクイクイクイク~❤️‥‥あぁッ💕』ビュビュビュビュビュビュビュビュビュビュッ💕‥‥ビュルルルルルッ💕ビュルルルルルッ💕ビュルルルルルッ💕‥‥『はあはあはあはあ‥‥💕あぁぁぁぁ~ッ💕』「うぉぉぉっ💕す、凄いよ○○君💕トコロテンザーメン射精❤️初めて見ちゃったよ~❤️」『はぁはぁはぁはぁはぁぁぁぁッ💕あぁぁぁ~ダメ~❤️』ビュビュビュビュビュビュビュビュビュビュッ💕‥‥ビュルルルルルッ💕ビュルルルルルッ💕ドビュッドビュッドビュッドビュッドビュッドビュッドビュッドビュッ💕‥‥ビュルルルルルッ💕ビュルルルルルッ💕‥‥『ひぃぃぃぃ~❤️』私は悶絶しちゃって身体中が痙攣していました❤️そして副部長はじめ先輩達5人は、私の身体中にシゴキまくっていたオチンポからドビュッドビュッドビュッドビュッドビュッドビュッドビュッドビュッ💕‥‥って大量なザーメンを私の身体中にぶっかけちゃったんです❤️私の肛門からは妖しい汁が溢れ出ていました❤️ バレー部の先輩達からの手厚い歓迎セレモニーがこんな事になっちゃって、でも私は物凄い恍惚感と快感に浸っていたんです❤️そして月に二回は部室でこのプレイをしていました❤️私がちょっと女の子のような感じだったからでしょうか?‥‥❤️

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
体験談カテゴリ
都道府県で体験談検索
体験談の著作権は当サイトにあります。