ホーム » ノンケ » 【ゲイ体験談】ノンケもハマっちゃった性処理道具の私

【ゲイ体験談】ノンケもハマっちゃった性処理道具の私

群馬県在住の大学生からの投稿です。以前、付き合っていた彼氏の異常な嫉妬心に悩んでいた投稿者。ストーキングされ暴力を振るわれるまでになっていた頃、共通の知り合いであるKさんが仲介し何とか別れる事ができた。Kさんにお礼がしたいと申し出た投稿者だったが・・・・・・
性処理道具

 

元彼に居場所をバラさない事を条件に、Kさん(今風の茶髪でロンゲのジャニ系の人です)の性処理として毎日を送っています。。

 

現在少しおかしな状況になってまして。。Kさん含めて3人と相手にさせられてます;;

 

ある土曜日にKさんに呼び出されて部屋にいきました。いつもはバイトシフトが重なってるので、帰りに家に寄らされてオナニー代わりにつかわれるんですが、この日は休みだったので自宅から行きました。

 

Kさんの部屋に入ると、玄関には見慣れない靴が2足…一瞬「元彼?!」とパニックになり逃げようとしたのですが、すぐにKがきて「バカ、ちげぇよ。学校の後輩だって」と言って、僕の腕を掴んで中にいれました。

 

部屋には、茶髪で短髪の人とショートで金髪の人がいました。まぁ~見た目はKさんと同じ感じで、渋谷にいてそうな今風な感じの人です。後で聞いたら年齢は19と20歳でノンケ後輩のようです^^;

 

「ほら、ちゃんと来ただろ?嘘じゃないべ」Kさんはおもむろにこう言い放つと

 

「じゃーとりあえず、いつものようにやってくれ」と言って来ました。

 

「で、でも…」

 

「こいつらの事は気にすんなって、見てるだけだから。お前のことはもう話してて、どうしてもやってるところ見てみたいって言うからさ~。だよな?」

 

そう言うと、二人揃って「見たいっスね~」と言ってニヤニヤしてました。

 

「ほら、だからさっさとやれって。それともバラしてもいいの?」
これがKさんの口癖です。。僕が躊躇したりすると、いつも決まって言います。

 

Kさんは上半身は着たまま、ズボンと下着を脱ぎ、ベットに横になりました。僕は諦めて、いつものように舌先だけつかって竿の裏筋を中心に、玉や尿道まで丹念に舐めて綺麗にし、そして竿を咥えました。

 

食い入るように見ているノンケの二人を気にしつつも、フェラを続けました。

 

「ああ、気持ちいい…そろそろ喉やるかな」そう言うと、Kさんはひざ立ちになり、僕の頭を抱えて喉奥めがけてピストンを繰り返しました。

 

毎回やらされているのですが、慣れるはずもなく、胃液をゲボゲボと吐くのも無視して突いて来ました。いつもなら、このまま最後は喉奥めがけて射精するのですが、

 

今回は「ああ、イクぞ、でも飲むんじゃねーぞ、口の中で溜めとけよ」といい射精しました。

 

そして口の中にドロドロのザーメンを含んだまま、舌で残り汁舐め取らされます。Kさんはジャニ系の顔の割りに、ザーメンの量が多く粘り気があるので、気を抜いたらすぐにムセそうになります^^;

 

綺麗に舐め終わると「よし、それじゃーこいつらにザーメン飲むところみせてやれ」と言われ、二人に口の中のザーメンをあけてみせてから、ゴクリと音を立てて飲まさせられました。

 

「うわ~まじすげ~」

 

「超ー興奮した」

 

「な、言っただろ、結構すげーっしょ?w」と盛り上げってました。するとすぐに

 

「先輩、トイレ借りてもいいっスか?w」

 

「何だ、お前ら勃起してんじゃね~かw」と言うと

 

「どうだ?お前らもこいつ使ってみるか?」と言いました。ある程度は予想してたのですが、やっぱりでした><

 

二人は顔を見合わせると、まずは茶髪で短髪の方がズボンを脱ぎはじめました。灰色のボクサパンツを履いていて、勃起がクッキリと浮き上がっていて、先走りでかなり濡れていました。もう一人のショートで金髪の方は、まだ様子をうかがってる感じでした。

 

茶髪で短髪のYさんは、ギンギンに反り上がったアソコを僕の口元まで持ってくると

 

「ほら、咥えてみてよ」と言いました。

 

僕が躊躇していると「それじゃー駄目だって。こいつは性処理道具なんだから、無理やりにでもねじ込んでやればいいんだよ」とKさんが言うと、言葉どおり無理やり口に入れてきました。

 

10数回ほどピストンすると「ああ、やばい、これ気持ちいいかも」

 

「な、だから言ったべ?女のフェラと変わらんだろ?w」

 

「はい」

 

そういうと「あぁ…もうイキそう、イクから飲んで」といい3分ほどでイキました。すると、すぐにもう一人のショートで金髪の方が口の中に突っ込んできて、同じようにピストンを10回ほどしてきたのですが、すぐに

 

「あ、イキます」と言ってイってしまいました。

 

これもモチロン飲まされました。

 

「お前早すぎだぞw」とKさんに言われ、苦笑いしていました。

 

「さーて、そろそろ俺本番やるけど、お前ら復活したら途中から参加してきていいからな」とKさんが言い、そのまま4Pに突入。。。

 

そんなこんなで、いつのまにかに3人を相手してる毎日に。。。正直、最近少しエッチも気持ちよくなってきてます。。。このまま落ちてしまうのでしょうか。。。。



 

カテゴリ:ノンケの最新記事

カテゴリ:フェラチオの最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索