ホーム » ショタ・厨房 » 【ゲイ体験談】いつも露出する公園にショタがいたもんで・・・・・

【ゲイ体験談】いつも露出する公園にショタがいたもんで・・・・・

徳島県在住の無職さんからの投稿です。露出好きの投稿者は決まって土曜日の早朝に行きつけの公園に向かう。そして全裸で散歩すると性的な解放感が得られクセになる。今日も誰もいないいつものコースを歩いていると珍しく人がいて・・・・・・

いつも露出する公園

 

僕は野外での全裸散歩が好きなので、よく人気のない公園に全裸散歩に
行くのですが、いつも行っている公園はかなり広くて山道みたいになって
いるところも多く隠れるところがたくさんあるのでよく利用しています。

 

その日もいつもと同様に、服を脱いで隠しているポイントに行くとS学
6年生くらいの男の子がエロ本を見ながらOしていました。

 

こっそり後ろから近づき、腕をいきなりつかんで「何やってるんだ!」と
いいました。

男の子はズボンを膝まで下げてOしており、小さなPはフルB状態でした。

学校と名前を言わせて、警察か学校に言いつけるというと、それだけは
勘弁してほしいというので、

 

「じゃあ、今やっていたことをもう一度やってみろ。」と言いました。

 

絶対に学校や警察には言わないならということで、渋々右手でPをいじり始めましたがPは小さくなって、男の子は震えていました。

 

「さっきはこんな小さくなかったじゃないか。」

 

と言って、僕は男の子のPをつまんでしごきました。
男の子は僕の手をつかんで

 

「やめてください」

 

と拒みましたが、またいいつけると脅すと大人しくなり、Pも膨らんできました。

 

大きくなっても皮はむけなくて、先っぽからは亀頭が少しだけ顔を出して
いました。うっすらとお汁も出ています。それを舌先ですくいとってPを
口に含むとほぼ同時に男の子は僕の口の中で放出しました。

 

溜まっていたのかかなりの量と濃さでしたが、それを手の平に出して、
今度は男の子を四つんばいにさせてお尻に今出した精液を塗り、指を入れ
ました。かなり堅くて最初はまったく入りませんでしたが、しばらくマッサージしてあげると、ようやく指1本が入りました。

 

お尻の穴の中で指をこねくり回して、もう片方の手で男の子のPをいじるとすぐにまた大きくなってきました。

 

最後は僕も下半身全裸になって、男の子のPと自分のPを一緒にしごいて
男の子のお尻に大量に放出しました。
男の子の精液でぬるぬるになったPを口できれいにして、

 

「もうこんなことするんじゃないぞ。」と言って別れました。



 

カテゴリ:ショタ・厨房の最新記事

カテゴリ:野外・露出の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索