ホーム » ショタ・厨房 » 【ゲイ体験談】ウブそうなスジ筋少年は超淫乱でした・・・・・

【ゲイ体験談】ウブそうなスジ筋少年は超淫乱でした・・・・・

郊外の大型温泉施設で

都内在住の大学生からの投稿。昨晩、車で1時間ほど走らせた郊外の温泉に行ったという投稿者。実は以前にその温泉で同い年の大学生とフェラ体験しているだけに期待していたらしい。内風呂にはめぼしい客がおらず、露天風呂に向かったのだが・・・・・・
発展銭湯
昨夜遅く郊外の大型温泉へ行ってきた。

いたいた、薄暗い露天風呂にぽつんとひとりの坊主頭少年が。月明かりに照らされていい感じw

ところが背中を向いて立っていて、お湯の出てくる滝のような噴出口に股間をあてているような様子。こいつ・・・ひとりで起たせてやがんな・・・オレが入って来たことには気づいていない。

オレも起たせたね、細いけど。勃起したチンポ見せれば、同じく勃起した少年が恥ずかしがることもないと思って。この心配り、いいでしょ!!

ってゆーか、とにかくゲットしたい。

坊主だからスポーツやってんのかな。175センチ,55キロくらいのスジ筋。ケツが小さく、キュンと上がってて、いかにも幼い感じだった。

湯船に入ると少年が気づき、こっちむいてすぐに湯の中へしゃがみこんだ。

オレは少年の目の前にいきり起ったチンポを突きだした。目を見開きびっくりする少年。

そしてオレは少年と同じように激しい滝に起ったチンポを打たせた。

「おまえもやってただろ。いっしょにやろうぜ」

ちょっと迷ってたけど、少年はすぐにオレの横に立った。

ん?でででででかい!!!太さ4センチくらいかな。長さ15~16センチくらいある巨根!!でも皮はすっぽり先っぽまでかぶってる。

「皮むいてやるともつと気持ちいいよ」

恥ずかしがっているので、むいてやる。んんんん、キレイなピンク色。たまらんな〜。

「ここいつも来るの?」

「たまぁに来てます」

「誰と来たの?」

「ひとりで来ました」

「でかいね、スポーツやってるの?」

「バスケットやってます。・・・しゃぶって!」

「えっ?」

「だから・・・しゃぶってよ」

「マジ?しゃぶられたことあるの?」

「うん、先輩や後輩に」

「尺八好き?」

「うん、大好き!」

このインラン少年め。

もうむしゃぶりついたね、オレ。

大きいから口の中いっぱい。
滝にあたってたから、できあがっていたのか、すぐに腰を押しつけてフリフリ。

腰ふってやがる。と思ったのもつかのま。ハッしゃぁぁぁぁぁぁって大量に発射した。

めちゃおいしいね、13歳のオス汁は。くっせぇぇぇぇけど、たまんなぃぃぃぃ!

今度はオレの細いのしゃぶらせて、坊主頭をおさえつけて、むんずむんずと。

もちろん口で受けさせたね。「うっっ!!」ってヤーな顔するから、「ちゃんと飲め」って命令したら、飲んじゃった。このインラン野郎め。

体毛薄くてツルッツル。体はデカイのに陰毛はちょっとしかない。しぼんでも10センチはある。今度は皮かぶせたまま、しごく。

「皮むいて」

「だめ」

「お願い、むいて」おいおい、お願いかよ。

無視して皮かぶせたまましごく。すぐに再生勃起しやがる。

「二発目ほしいのか?」

「うん」

「出したい?」

「うん、早く、早くむいて」

このヤロウ。しゃぶってやるか・・・今度はオレの頭を押さえつけやがる。このヤロウ。

でも積極的にインランな少年はだぁぁぁい好き。

しごいたりフェラしたりで二発目発射!!!またまた大量。

「今度はもっと気持ちいことしてあげるからまた逢おうね」って言ったら笑顔で「うん!」って言ってくれた。

しかも電話番号まで聞いちゃった!!!

 

カテゴリ:ショタ・厨房の最新記事

カテゴリ:フェラチオの最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。