Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ホーム » フェラチオ » 【ゲイ体験談】予想以上にザーメンおいしかったですwwwwww

【ゲイ体験談】予想以上にザーメンおいしかったですwwwwww

ザーメンフェチ

東京都在住の社会人さんからの投稿。上京して半年が経った投稿者。高校生の頃から他人のチンポをフェラしてみたいという願望がずっとあったのだが、狭い田舎ではずっとノンケを装い我慢してきた。そして東京に住み始め自分の性癖を解放した投稿者は初めて掲示板でしゃぶらせてくれる相手を募集したところ・・・・・・

ザーメンおいしかった

ようやく念願が叶いました。

思春期の頃からの念願です。

 

チンチンをしゃぶり、口の中に射精してもらい、

ザーメンを味わいながら、自分も射精するという事。

 

ずっと田舎に住んでいたので、行動に移せずにいましたが

もう感激です。感想から言うと、最高でした。

もしかして、実現したら、気持ちが冷めてしまうかと不安もありましたが、まったくそんな事はなく、すばらしい時間でした。

 

初めて目の前にした、他人のチンチンにドキドキしながらも、何の躊躇もなく、むしゃぶってました。口の中は、唾液で溢れ、相手の玉袋やアナルまで、びしょびしょにしてしまいました。

 

彼も、気持ちよさそうに声を出してくれて、初めてにしては、上手に出来たのだと思います。その間、自分も勃起しっぱなしで、透明なカウパー汁で、シーツに染みをつけてました。

 

そして、彼の射精が近づいてきた時、自分は、受け止める準備をしました。もう、ドキドキでしたね。この時をどれほど待ち望んだか・・・

 

彼が【いくよ】と言うと、チンチンは更に膨張し、アッと言う彼の言葉と同時に、ザーメンがチンチンの先から、噴き出されてきました。
ビクンビクンと脈打つチンチンから、かなり大量のザーメンをすべて口の中に収めました。

 

まず、あったかいと思いました。鼻から抜ける匂いが、あのザーメン独特の青臭さを感じましたが、まったく嫌な事はなく、むしろ舌で転がし、味わう余裕までありました。自分のザーメンは舐めたことがあったので免疫があったのかもしれません。

 

自分の多めの唾液と彼のザーメンが交わり、薄くなったように感じました。

彼が優しくティッシュを差し出してくれて、本当は飲んでしまおうと思っていたのでしたが、初めてなのでティッシュに出しました。口の中は、まだ彼のザーメンが残っている感じでした。次は確実に飲もうと思いましたねw

 

すごく気持ちよかったよと彼は言いながら、僕のチンチンに手を伸ばし、しごき始めてくれました。これも本当に気持ちイイ。

 

射精まで三十秒も、もちませんでした。そのまま、彼の大きな手でしごかれながら、最高の射精をしました。

 

うまく、感動した事が伝わらないと思いますが、その日自分は、三発、彼は二発の射精をしました。



 

カテゴリ:フェラチオの最新記事

カテゴリ:初体験・童貞の最新記事

コメント1件

  1. うっ…羨ましいです。 より:

    聖なるチンポをフェラチオして、濃厚ザーメンを口内発射して頂き、濃厚ザーメンを味わい、ご自分も濃厚ザーメンを発射されただなんて…何と素晴らしい事でしょう。心底羨ましいです。私もやりたいです。

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索